2018年03月30日

年金手続きに思うこと



気がつけば60歳のお誕生日が過ぎ、




なんと!年金をいただけるのだそうで。
『特別支給の老齢厚生年金』 は後ろ倒しができないそうですよ。
あれ?みんなは知ってたんだ。ik_75
知らなかったのは私だけ・・・
私はてっきり65歳からの受取にできると思い呑気にしていましたが、女性は(と説明された)、『特別支給の老齢厚生年金』 部分は60歳から受給するものだそうです。
僅かですけれど、親の介護旅費の片道分くらいにはなるかな。



昭和36年4月から始まったという国民年金。
私が二十歳になった時、住民票地域外に出ていたこともあり、本人に知らされないまま親がこれをかけ始めてくれました。
その頃の国民年金の趣旨は、「あなたの老後の支えに」だったと思います。
でもこの頃の公的年金のキャッチコピーは「世代間の支え合い」となっています。
つまり現役世代が払った保険料は、その時点の高齢者への年金給付に充てられ、現役世代が年を取れば、今度はその下の世代が払う保険料から年金を受け取るというもの。

「世代間の支え合い」なんていう、一見、良いことをしている印象の呼び方は、
沖縄の在日米軍基地のために使われている「思いやり予算」そっくりだな。

年金の配分に関しても、
数十年前から懸念材料としてすでにあった、少子高齢化への対策が後手後手になったから、
キャッチコピーを変えてごまかしちゃったか?!


ところで年金事務所から送られてきたお知らせにも、同じ公務系職員として、ちょいと恥ずかしい思いが残りました。

「60歳になると『特別支給の老齢厚生年金』を受け取る権利が発生します。」とか、
「60歳から、年金請求書の受付が可能です。」とか書いてあります。

まぁ、その通りではありますが、
「かけた年金、欲しい人は申請できます」とおっしゃってます??
年金は65歳から貰うと思っていた人が、65歳になって初めて申請をしても、この『特別支給の老齢厚生年金』は5年を過ぎると時効で受け取れないとも書いてあります。

10年近く前の宙に浮いた年金問題以降も、未支給の年金が増えている云々のニュースがあるけれど、
経済的余裕のある人の中には、年金を辞退している奇特な方もいらっしゃるかもしれませんが、どうも他の課題があるようにも思えます。


自分のことに振り返って考えると、
新年度を前に、
気持ちよく働き成果を出すこと+ α を提供できるようになるには、やっぱり自己洞察と研鑽を重ねることかなと思う。
職業人生の終盤になっても、こんなことを思っている私は、
今までいったいどこが成長できたのかと哀しくもありますが。







今年は北国の春のように、
アカシアもコブシも桜もツツジも


みんな一緒に咲き始め・・・



もっとゆっくり
咲いてくれませんか ね。





年休をとっておき、
山里をひとりで歩いて
山桜を見つけることが
この時期の、ささやかで最大のたのしみです。








  • LINEで送る

同じカテゴリー(ヨノナカヲ思フ)の記事画像
「あなたはどんなふうに日常を生きますか?」
FacebookにLINEに・・・
心で考える
何を見ても思うことはひとつ
大きな過ちは
胸いっぱいな夜
同じカテゴリー(ヨノナカヲ思フ)の記事
 「あなたはどんなふうに日常を生きますか?」 (2017-12-29 23:20)
 FacebookにLINEに・・・ (2017-12-24 22:59)
 心で考える (2017-10-08 22:34)
 何を見ても思うことはひとつ (2017-09-10 21:21)
 大きな過ちは (2017-08-13 12:57)
 胸いっぱいな夜 (2017-08-05 22:54)
 たとえひとりになっても (2017-07-15 22:31)
 心を使おう、マヒしないように。 (2017-06-15 19:08)
 祈り (2017-04-10 22:10)
 「雨を見たかい」Have you ever seen the rain (2017-02-14 15:51)

Posted by やまさき あおい at 15:23│Comments(5)ヨノナカヲ思フ
この記事へのコメント
Aさま

なぁに、10歳や20歳、
46億歳の地球さんからみたら、ハエが一瞬止まったくらいの感覚ですよ。
この刹那なときを、どう生きるかなんだよなぁ・・・・・

アスファルト道路の片隅に積もった桜の花びらたちの会話が聞こえた気がしました。
「どうせ咲くなら野山で咲いて、土の上に散りたかった」
ってね。

今生、
自分の意思でどこにでも動けて、話せて、笑える人間に生まれてきたからには、植物よりは自由に生きようと思います。
Posted by やまさきあおい at 2018年04月03日 20:57
葵ちゃん!

お誕生日!おめでとうございます!


って『葵ちゃん!パソコン貸してね~!』って授業中に行ったら『葵ちゃんちゃうやろ!それより授業は?』と叱られた事を思い出します!^^

いつも入口の所に綺麗なお花を生けてらしたのを思い出し懐かしく思います!(^-^)/

私も年金って貰えるのかなぁ~!

と思いながら読んでたら……

葵先生と10歳しか変わらない……(^_^;

葵ちゃん来たで~って入り浸ってたのも恥ずかしい限りです……


あのクラスでは上から2番目の歳だったから……

入り浸ってた奴らとも10歳くらい下だったか……


少しお話ししたいので、またメールしてから顔出しますね!^^
Posted by CAD/CAM7月生のA at 2018年04月03日 00:41
記事よりコメントの方がインパクトありますやん・・・・・
(ノД`)・゜・。
Posted by やまさきあおい at 2018年04月02日 07:19
61歳福笑いさんへ
私には所帯もあり、子どもには孫も生まれ、昔ながらの中流意識と人並みに生活してきたた自負があります。
でもそれ以上に、良い環境にない人に対してどうこうしてあげようとか思うことはなかったです。
でも自分より年の若い人たちの、心得のある見かたと思いやりを知るにつけ、何かささやかでも自分や家族以外のことに自分をつかってみようかと考えはじめました。
Posted by プラザT at 2018年04月01日 09:19
思わず初コメントです。
私は独身ですが友人知人がいるお陰で、教えてもらって年金手続きができました。
でも仕事場以外は1日じゅう、無駄話や世間話をしない中年が、男女ともに多くいます。
その人たちの中には、家でも自分が気に入った話題だけをネットで追い、新聞は読むチャンスはなく(目の前にあっても読まないか)、自分に関係のある社会的な動きも知りません。
教養を身につけられなかった一部の人の問題ではなく、普通に生活している方々の中に、結構いるんです、このような人々が。
目の前のちょっとした快楽だけが、生きている楽しみのようにも見え、周りから見てもあまり積極的に話しかけたくない人たちかもしれません。
でも、特に中年独身の方でこんな人が周囲にいたら、積極的に声をかけてあげて欲しいと思います。
はじめはウザそうにするかもしれませんが、彼らにはおせっかいなくらいの声掛けと世間話が必要です!
無関心でいたほうが自分が傷つかない、というかなしい防衛本能?が、世間で起きていることにも無頓着になる原因のひとつだと思います。
国が心を添えた援助ができないなら、周りの人たちで何とかしましょう。
これからもっと、国はアテにできないことは増えてくるのは目に見えているから、だったら顔の知った人で助け合うしかないでしょ!
署名をしたり寄付をするのも良いけれど、明日から、身近な人々にもっと関心をもつことだけで、
とてもやさしい行為だと思うし、世の中はかわってくると思います!
Posted by 61歳福笑い at 2018年03月31日 21:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。