2018年08月29日

もんじゅの廃炉で考えたこと







8/28(火) 22:18配信の 毎日新聞新聞記事より
<高速増殖炉>もんじゅ「きちんと廃炉できるのか」不安の声

 日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で30日、核燃料の取り出しが始まる見通しになった。
相次ぐ機器のトラブルで当初予定から1カ月遅れのスタート。
県や市からは安全対策や情報公開に対する注文が付き、
市民からは30年間という長い廃炉の道程を前に「きちんと廃炉できるのか」と不安の声も漏れた。
(以下省略)





う~ん。。。
みんなはどんなふうに思っているんだろ、もんじゅ。
何せこれまでほぼ稼働できず、ナトリウム漏れなどの事故だけはきっちり起こしてしまい、
決算書などの保存が確認できた1971年度~2016年度の研究・開発経費は1兆1313億円かかってんねんて。

その上、国は廃炉には最低でも3750億円がかかると見込み、
検査院は、廃炉費用に人件費や固定資産税が含まれていないことを挙げ、さらに費用が増加する可能性を指摘している。

ちなみに29年度事業費(予算額)は、
維持管理及び安全対策等に要する経費 179億円  
○人件費 28億円
○固定資産税 11億円 となっています。

毎年毎年莫大な経費がかかり続けていることや、
そこで働く人々の危険性など、
私たちって、普段どれほど意識しているかな。


初めての高速増殖炉の廃炉という作業が安全に完結することを祈るしかないのか・・・
30年もの年月がかかるとなると、私はもう多分死んでしまっていて、祈ることもできないし。


智慧ある人々は、人間だけの便利快適のために、
“しまい方”もわからんもんをつくったらアカンと思います。


人間の営みは、持続可能な地球があってこそ。

SDGsという言葉は最近ではよく聞かれるけど、国や企業が「やってくれること」ではなく、
私たちひとりひとりが環境負荷の少ない暮らしをすることが大きな効果を出すと思っています。

まだわかりにくいかな。
たとえば、
今晩から食べ残しをやめるとか、
たまにはエレベータをやめて階段を使うとか、
ペットボトルや缶飲料を買わずにマイボトルを持つとか、
いつもは車で行ってるところを自転車か徒歩にするとか、
外食のたびに割りばし使わずマイ箸持つとか、
コンビニでもらった袋を捨てずに持ち、次回は「袋あります」と言うとか・・・・・

こんなことを言い始めたら朝まででも続けてしまいます。



原発に続きもんじゅを作らせた、
稼働させた、
重大な事故を起こした、
これまでも、これからも膨大なカネがかかる、
廃炉するにも前例がない・・・


福井県敦賀市では、明日から核燃料を取り出す作業に入ります。







  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 17:30震災・原発・エネルギー関連

2018年08月21日

夏休みの宿題、その3






ほぼ、私がやってることには興味を示さない夫が(これは結婚当初から)、
今年の夏休みの宿題シリーズはまだかと聞いてくる。

8月20日も過ぎると、夏休みの宿題に焦っていたのは、もうかれこれ50年前のはなし。
まぁ、いつも夫さまには生ごみで作った堆肥を畑に埋めてもらっているし、今日は前から気になっていたアレを修理?します。







家のカーペットに点々とついてしまった焼け跡。
自然療法を実践している人ならすぐわかる、“びわの葉温灸”のもぐさが飛んだ跡です。
びわ葉温灸は効果絶大なのですが、一人でやるとすぐこんなことになります。

修理方法は、カーペットの切れ端をとっておいたものをほぐし、

ピンセットを使ってボンドでくっつける。以上!







どこが焦げ跡かわからんでしょ。
これを見ると、
小さな焦げ跡の方がカバーしにくいので、今後は、
もし焦がすなら1㎝以上にすべし。

・・・・・いえいえ冗談。
温灸をする際は、燃えない素材の上でおこないましょう。


今年の夏休みの宿題は・・・超地味です。face03


過去の夏休みの宿題
http://self.ikora.tv/e1290492.html





  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 15:21ヘルシーエコライフ

2018年08月19日

1日だけの夏休み





夫もわたしも、特に夏季休暇とかはありません。
人々がお休みの時にハタラクのは好きなので、両親と自給用畑のお世話の上に、まだ土日に仕事を入れたいくらいです。ik_53

1年中コマネズミのように動き回り、あれよあれよという間に月日が流れます。

昨日は夫と二人一緒の休日だったので、数年ぶりに一緒に河原町へおでかけ。
目的は、トルコじゅうたんと雑貨のマンタルhttps://ameblo.jp/cafemantar/が、京都高島屋で出店しているので、マダム・セラに会いに行くこと。

お!
開店中。


トルコの伝統的手芸「オヤ」と、ピンクのソックスをコーディネートしたマダム。


髪にも「オヤ」をあしらって。
セラさんなら乱れ髪も様になるね。



美しいセラと、きつーい大阪弁の会話を楽しんだ後、先斗町と祇園まちへ。


ランチでクラフトビールの飲み比べをしたので、今度は日本酒の飲み比べ。

日本酒BARにいた中国からの留学生と話していると、「日本はずっと住みたいくらい好き」と語り、でも今はドイツ語を学んでいるので、大学卒業したらいったんドイツに行くと話していた。
黄河近くの自分の家の写真を見せながら、諸外国の文化風習も経験したいという若者の話で、おじさん&おばさんは楽しい時間を過ごせました。


トルコから中国まで、はしご酒の休日は国際色豊かであった・・・



マンタルの高島屋出店は8月20日まで。ik_20
同時進行の四日市近鉄は21日まで。
1年中、日本各地のデパートに出没していますよ~ik_49












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 15:32出かけてきたよ

2018年08月16日

お浄土で待っててね







各地に精霊流しに似た行事があるのだと思うけれど、五山の送り火も宗教的行事から始まったものだと思います。

お盆に家に帰っていた精霊が、再びお浄土にかえられる日が今日なのかな。

個人的には、亡くなった人に会いたくなれば、お盆と言わずともすぐ来てくれると思っているので、
まぁ・・・ お盆の有難味が少ないかもしれませんが。

で、大文字の送り火。
我が家のベランダからひとりじめ。
あ、違う。
バックに虫の声が聞こえるから虫たちも見ていたんだ。




この世とあの世をつなぐ日を
日本人なら普段からもっと意識してもいいと思うけどなぁ。。。

生かされている今が、意義深くなるから。













  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:54ちょいとスピリチャル

2018年08月07日

恋する多肉。









どや!
ケーキみたいやろ。



この暑さで職場の生け花が日持ちしないこともあり、
今の時期の“ちょっとした潤い”は多肉植物に変えています。

この多肉植物、小さな鉢のなかで小宇宙を感じてしまうほど、
見惚れてしまいます。


実家の庭の片隅で、割れた鉢やらガラクタの下敷きになっていた多肉植物は、水も光も与えられないのに生きていました。
その子たちを拾い出して、我が家で増えた多肉さんたちと、一つのプランターで芸術作品のように生まれ変わります。




しかも、この育ってる感がたまらなく愛おしい。



プランターの中で、多種多様な個性が育ちあってる姿にも感動します。



長い時間を過ごす職場や生活空間に、ほんの少しのロマンと潤いがあると、
こころがほんのり恋をするすきまができるよ。









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:57人心緑化

2018年08月04日

普通のおっちゃん、おばちゃんから。






暑いのはわかっているけど畑が草ボウボウで、朝の涼しいうちにと思い草取りを始めたけれど、「朝の涼しいうち」というのはもう死語なんだと思いながら、地面を這うように草取りをする。
今年のスイカは毎朝の人工授粉も空しく、たったひとつも実にならず黒くなって落ちてしまい、
暑すぎて畑の作物たちも狂っているように見えます。

「災害級の猛暑」が続き、日本でも豪雨による大きな災害があちらこちらで起きていて、地球環境などに興味のない人も、地球がヘンだと感じているのでは?
日本のみならず世界中で異常気象や自然?災害が発生しているけど、この先20年後30年後はどうなっていくのかって考えてしまいます。
自分はもうこの世にはいないだろうからいいってもんじゃなく、7月から毎日のようにケイタイに入る「危険な暑さ、厳重注意」の情報に、心は寒くなります。

要因は温暖化だけではなくて複合的な汚染だとは思うけど、そもそもそんなことになった原因は人間の便利快適な生活の、とめどない加速にあるわけで。

問題が大き過ぎて、自分一人がどうしようと「どうもならんわ」と思い、聞いて聞かぬふり、見て見ぬふりをしてしまいがちだけど、私は人々の意識が変われば、徐々に地球にも変化は起きてくると考えるほうです。

手始めにざっくりと、今、地球に何が起きているのか知ることは、おとなの責任として必要かなと思います。
私も同じくおさらいします。
知るためのツールはいろいろだけど、ひとつの例として
環境トピックス
https://chikyumura.org/environment/topics/


現状を知ったら、日常でやれる小さな1歩を始める。
たとえば、マイボトルで飲み物はまかなう、マイバックで買い物をする、衣食住はなるべく地産地消を基本にするなどの他に、
自家用車の利用を減らす、夜は早く寝るなども大きな1歩です。
自然に目を向ける、自然と親しむなどは、ひとつひとつのハウツーを知らなくても、いつの間にか環境負荷の少ない暮らしをするようになってきます。
環境保護団体がやるのではなく、一般のおとなが小さなことのひとつから始めることが鍵なんだと思います。
おとながやればこどもは真似して、次々とバトンタッチしていくからね。
普通のおっちゃん、おばちゃん、おにいちゃん、おねえちゃんが変わることが、世界を「持続可能な開発目標SDGs」に向かわせるんだと真剣に思ってるんだ。










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 18:10ヘルシーエコライフ