2018年04月15日

巡ってきたものは使い切った後にも循環させる









一時期、秋になると「一物全体を食す」というテーマで自宅に集まり、サツマイモを掘りあげ、芋も茎も葉っぱも料理して、みんなで食べるという会をしていました。
それまでの仕事は、医院開業コンサルタントでしたので、マクロビオテックや自然療法などの正反対の生活がとても刺激的で、楽しくて仕方ないときでした。

30歳の半ばから50歳くらいまで穀物菜食をベースにしていましたが、沖縄に住むようになってから食生活が亜熱帯仕様に段々と変化し、今では雑食化?していますが、それでもマクロビオティックの基本的哲学は生きていく上でのベースにもなっています。

「一物全体」という発想は多分、石塚左玄という明治時代の医師が食養のために使い始めたのだと思うけど、この飽食過ぎる時代にも大事な考え方だと思います。

冬の間は寒風に当てながらリンゴの皮を干します。


このままむしゃむしゃ食べると甘みがジュワーっと口に広がり、咀嚼をするので育ち盛りの子どもにもおすすめです。
水につけて2日ほど置くと、みりんがわりにもなります。


柑橘も皮はそのまま捨てません。


お風呂に入れて香りを楽しんだり、
こーやって・・・

油落としに使います。

かぶらはもちろん、人参も大根も根っこから葉っぱまで有効利用し、その後は堆肥になり、また次の野菜の栄養になるとうのが、我が家にやってきてくれた食材たちのサイクルです。


魚は骨までとはいきませんが、
夫が食した後の魚は、いつもネコマタギの仕上がりです。face10icon10











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:04Comments(0)ヘルシーエコライフ

2018年01月03日

太陽が一番赤いのは












夕日です。



ところは和歌山県南端のすさみ町
日本童謡の園



なにしろ
この景色がひとりじめだから
ずーっと
見ていた。

ずーっと
見ていても
それほど寒さを感じないのは
紀州だからこそ。

あたたかい。







夕日は
沈む前が
もっとも大きく
赤いって。


年のはじめに
さっそく

自然の風景に教えられた。






過去の1月4日の記事
http://self.ikora.tv/e983993.html








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:35Comments(0)ヘルシーエコライフ

2017年08月07日

ノスタルジーを超えた最良品







今日は台風5号が近づいていたため、特別休暇とやらで3時ごろに帰宅しました。

こんな雨じゃ畑の草取りもできないので、部屋のプチ模様替えと片付けを行う。




中学の入学時に買ってもらった勉強机。
沖縄から内地へ戻り吹田市に引っ越す時に、
「これはPCデスクの代わりになるわ!」と実家から持って出たもの。


イスは大型ごみの日に拾ったもの。
吹田市千里山あたりの大型ゴミの日は、
フリーマーケットより充実してた。
いや、ホントに。ik_94



その50年前の勉強机の中から出てきたのは・・・


なんでこのラッキーを
すぐにアイスキャンディに交換しなかったんだろ。

きっと、誰かにお手紙を書いた時に同封して、「アハハ!」って笑ってもらうことを期待してとっておいたに違いない。
どうせ、考えることはそんなもん。



机より、
アイスキャンディの当たり棒より
今でもリアルタイムで役立ち続けている方がこちら。








見よ!この機能性に満ちたフォルム!


電気鉛筆削りは、どこまでも削り過ぎるからイヤです。
この方は削り終わると、一気にハンドルが軽くなり、
それ以上は空回りして削れません。


なんと素晴らしい昭和のかほり。。。。ik_88。。。




icon11       icon11            
                         icon11          icon11


                   icon11





たった半世紀を懐かしむ人間を、
降り続ける雨は
どんなふうに見ているんだろ。











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:25Comments(3)ヘルシーエコライフ

2017年07月30日

夏ゆえの良きこと









寄る年波のせいなのか、
夏ごとに暑さが厳しくなったと感じます。

昨日も天然住宅http://tennen.org/の見学会に有馬温泉まで出かけましたが、気を失いそうな暑さでした。

でも、天然住宅は人間さまの快適さだけではなく、地球資源の永続性や、林業を軽労働でやれる研究を重ね、それを実現させているところはアッパレでした。
もう一度家を建てるチャンスがあるならここの職人さんらに建ててもらいたいなぁ。



この目がくらむような暑さの日々でも、夏ならではの良いこともあります。

ひとつは、セミが朝からジャンジャンと鳴いているおかげで、数年前からの耳鳴りが気にならないことと、
もうひとつは、こんにゃくゼリーを凍らせて食べるので喉をつまらせないことです。
もうひとつは・・・・・  って、もう聞きたくないか。ik_85







はぁ?




・・・・・
なにもこんな狭いところから成長しなくても。。。


この休日は
畑の草取りもがんばったし、
エゴマの葉の韓国漬けもうまくできたし、
暑いなかでクラクラしながらも、いくつかの成果をつくりました。


よっしゃ!
あしたは仕事だ。
うれしいな。face02icon22 










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 11:22Comments(0)ヘルシーエコライフ

2017年07月05日

善玉?








今年の健康診断の結果。


集団検診というものに縁ができてからというもの、結果はずーっとニコちゃんマークです。




でも、
ひとつ気になることは、
善玉コレステロールが鰻のぼりってこと。


今年はついに枠からはみ出してしもたやん・・・・・・icon10







~過去記事~
健康診断、ダイエット、常識を疑えなど

http://self.ikora.tv/search.php?csrf=4fe221b256175589cc508877c27a5567da04cb81&search=%E5%81%A5%E5%BA%B7%E8%A8%BA%E6%96%AD














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:27Comments(4)ヘルシーエコライフ

2017年05月22日

自然が好きな訳










森の中
雨の音
土のにおい







ネットの中の情報とは
まったく違うもの


人の頭を通っていないものは
偉大で純粋で、それ以上のものはない気がする


自然は
わたしのように
時々
怒ったり
不安になったり
自分を見失ったりしないから


いつでも
大きな手をひろげて
待ってくれている


















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:38Comments(2)ヘルシーエコライフ人心緑化

2017年02月12日

KYOTO地球環境の殿堂2017




昨日は小雪降る中、ダウンウエア2枚重ね、毛糸のパンツをはいて出かけたのは、京都市北部の宝ヶ池国際会館。




たまには、地球温暖化防止活動推進員としての活動もやんないと。
しかも、長年応援しているペシャワール会http://www1a.biglobe.ne.jp/peshawar/の中村哲医師が登壇されるとあらば、大雪でも馳せ参じます。

長時間のディスカッションを短いコメントで表すことは、ちょっと乱暴な感じがするのだけれど、日記なので記しておこう。

今回の殿堂入り者の一人、風土学のオギュスタン・ベルク氏
「自然は資本主義のわがままによって姿を変えた」

パネリストの京都大学、山際総長は長くアフリカでゴリラの研究をしていた方。
「失ったものは見えず、忘れて、人間活動は人工物で隙間をうめようとしている。」
「自然の中にいると、自分が人間であることを強く感じる。礼節を知ることで未来につないでいきたい。」

中村哲さん
「医師の立場で言うと、人間の代謝をつかさどっているのは自然の営み。
そのことを忘れ、見ようとせず、人間が神や自然より高みにあるというような錯覚のもと走り続けてきた結果、すでに終末期にきていると感じる。
この上は、地球が壊れるなら静かに壊れて欲しい。核爆弾とかではなく。」
「見ようとすると見えるものがある。哲学的な思考をもつことが必要。」
というような言葉が胸に響いた。


人が生活をするために働く、仕事をする。
労働のこと、職業人生のことに携わるキャリアコンサルタントとして考えた。

経済成長は地球資源をつかって成しえるもの。
私たちは当たり前のように、毎年の昇給を望んだり、ボーナスアップを期待したりする。
当然、企業収益は前年比アップ、また次の年もアップicon14、アップicon14・・・とならないといけないわけです。


でもなぁ、
地球も毎年5%ずつでも成長していくならまだしも、限りある資源を切り崩して、持続的な経済成長は不可能だよ。




やっぱり私は、
体が動く限り土を耕し、
食べ物つくろう。
そして
困ったときは、自然のなかから答えを探そう、教えてもらおう。

それが多分、間違いを最小にして生きていける道。




西陣織で織られた中村哲氏


                   icon12              icon12                   icon12                     
  icon12                        icon12

               icon12  icon12                        icon12   
         icon12   
      icon12


過去の2月11日の日記
人は口癖通りの人生をつくっている
http://self.ikora.tv/y0211


過去の2月12日の日記
グリーンコンシューマ
http://self.ikora.tv/e548455.html





  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 17:30Comments(0)ヘルシーエコライフ出かけてきたよ