2019年10月06日

こうして、今できることがある幸せ。








あ~
今日の日曜はほぼ一日、自由な時間だわー
ゆっくり寝よう。

と思っていても、
やっぱりお弁当作りの時間に目が覚めて。


夫を送り出してから、両親の転居祝いを作る。


使いに使って変色したフェイスタオルで作った雑巾と
新品フェイスタオルで作った台拭き4枚。
以上、娘からのお祝い。


ミシンを出したついでに繕い物をシャーッシャーッと。
裕子魔女にもらったミシンは修理代に2万円もかかったけど、
調子いいです。ありがとう。


人ももちろんだけど、
巡ってきてくれたモノたちも、
そのひとつひとつが
縁があってわざわざうちにきてくれたと思っているので
靴下さえも、今どき繕って使い、
いよいよあかんかと思ったら、やっとウエスになり、
最後に最も汚れたところを
もっともきれいにして、その生涯を終えます。


夕方になり、畑の草取りをして、
もう少し暗くなってから近所のグランドを5周走って
明るいうちのワークは終わり。

夕食の後はビールを片手に持ちつつ
米を精米をしながら
洗濯機の洗濯槽を掃除しながら
明日のスープカリーを仕込む。


ほぼ、パジャマで過ごした休日でした。


明日は月曜だから、
畑のコスモスは職場に持って行く。







そんなわけで
元気ですから。ik_75









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:17ヘルシーエコライフ

2019年08月31日

夏休みの宿題その4 再利用







今の時代は昔のように、夏休みは8月いっぱいじゃないのね・・・
おばちゃんは今日まで夏休みかと思っていたから、夏休みの宿題も滑り込みセーフ!と安心してたら、
滑り込んでもアウトだったんだ。icon10

まぁ、新学期になってから宿題提出するのは昔と変わりないけど。


さて、宿題。
長らく使った食器は、ブリーチをしてもなんとなく黒ずんだままなので、底に穴をあけて鉢にします。

陶器に穴を開ける時は、穴を開けたい部分に布ガムテープを両方から貼ります。
そして、尖った釘やアイスピックなどを当て、
金づちなどで一気に、でもやさしく振り下ろすと、icon15

こうなる。
※良い子の皆さんは、失敗しても良いもので、おうちの人に聞いてからやりましょう。


マイブームが続いている多肉植物を植えました。





2018年の夏休みの宿題
http://self.ikora.tv/e1351754.html


2017年の夏休みの宿題
http://self.ikora.tv/e1290492.html


2016年の夏休みの宿題(動画)
http://self.ikora.tv/e1222762.html








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:04ヘルシーエコライフ

2019年05月19日

Cafe NAZ 始動!!







1996年に大林輝さんら4人の主婦が立ち上げた
環境情報ステーションPICO。 http://www.pico-jp.net/

紙媒体で環境イベントの紹介等、今でいうSDGsを含む活動もしてこられましたが、この20年のITの波で、紙媒体での活動は斜陽となっています。
にも関わらず、大林さんのその心意気と応援する仲間たちがPICOの活動を維持してこられ、今回大阪府吹田市でカフェをスタートしました。

以下はお店の紹介と、あの話題作「不都合な真実」の上映会のお知らせです。





ほぼエコ NAZ(ナーズ)DVD上映会(第 1 回) 「不都合な真実」 (2006 年 アメリカ/96 分)

プレオープン中の CafeNAZの「地球温暖化」パネル展に合わせ、DVD「不都合な真実」の上映会を
開催します。地球温暖化による気候変動は待ったなし。この機会に、地球温暖化問題をもう一度考え見
直しませんか。案内役に末田一秀氏(大阪府地球温暖化防止センター/はんげんぱつ新聞編集委員)にお
越しいただきます。
<不都合な真実・解説>
民主党クリントン政権下でアメリカ合衆国副大統領を務めたアル・ゴア。30 年以上にも渡り世界各国で
1,000 回を越える「地球温暖化問題・気候変動」についての講演を行っています。このスライド講演を追
い、「人類が地球のために何ができるのか」を訴え続けた活動のドキュメンタリー。
監督は、「24」や「ER 緊急救命室」などの人気 TV ドラマの演出を手がけてきたデイビス・グッゲンハ
イム。アメリカで公開されるや、各都市で大ヒットを記録、日本でも話題になりました。
第 79 回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞。テーマソング「I Need To Wake Up」も最優秀
主題歌賞を受賞しています。
監督・製作総指揮:デイビス・グッゲンハイム/出演:アル・ゴア

日 時 2019 年 5 月 31 日(金) 1 回目 15:00~ 2 回目 17:00~
場 所 ほぼエコ Cafe&Gallery NAZ(ナーズ)
〒565-0842 吹田市千里山東 1-14-26 アクセス:阪急北千里線「関大前」駅下車 北改札より関大正門方面へ徒歩5分

<参加費と申し込みについて>
ワンドリンク制。1 回目と 2 回目の入れ替えはありません。
申し込みは不要ですが、お席が限られていますので、
ご一報いただければ席の予約をさせて頂きます。

<問い合わせ・ご予約>
ほぼエコ Cafe&Gallery NAZ(ナーズ)
住所 〒565-0842 吹田市千里山東 1-14-26
電話 06-7222-8005
E-mail pico@pico-jp.net
場 所:ほぼエコ Café&Gallery NAZ(ナーズ)

阪急電鉄千里線「関大前」駅より徒歩
5 分(千里線は大阪メトロ堺筋線から
も乗り入れ)
「関大前」駅北改札より右手の階段を
上がり左へ約 150 メートル、はじめて
の交差点を右折、関大正門近く、たば こやの手前の角を左へすぐ。




Picoちゃん、長い間の活動ありがと~!
そして、これからもたのしもうik_20








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:27ヘルシーエコライフ

2018年08月21日

夏休みの宿題、その3






ほぼ、私がやってることには興味を示さない夫が(これは結婚当初から)、
今年の夏休みの宿題シリーズはまだかと聞いてくる。

8月20日も過ぎると、夏休みの宿題に焦っていたのは、もうかれこれ50年前のはなし。
まぁ、いつも夫さまには生ごみで作った堆肥を畑に埋めてもらっているし、今日は前から気になっていたアレを修理?します。







家のカーペットに点々とついてしまった焼け跡。
自然療法を実践している人ならすぐわかる、“びわの葉温灸”のもぐさが飛んだ跡です。
びわ葉温灸は効果絶大なのですが、一人でやるとすぐこんなことになります。

修理方法は、カーペットの切れ端をとっておいたものをほぐし、

ピンセットを使ってボンドでくっつける。以上!







どこが焦げ跡かわからんでしょ。
これを見ると、
小さな焦げ跡の方がカバーしにくいので、今後は、
もし焦がすなら1㎝以上にすべし。

・・・・・いえいえ冗談。
温灸をする際は、燃えない素材の上でおこないましょう。


今年の夏休みの宿題は・・・超地味です。face03


過去の夏休みの宿題
http://self.ikora.tv/e1290492.html





  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 15:21ヘルシーエコライフ

2018年08月04日

普通のおっちゃん、おばちゃんから。






暑いのはわかっているけど畑が草ボウボウで、朝の涼しいうちにと思い草取りを始めたけれど、「朝の涼しいうち」というのはもう死語なんだと思いながら、地面を這うように草取りをする。
今年のスイカは毎朝の人工授粉も空しく、たったひとつも実にならず黒くなって落ちてしまい、
暑すぎて畑の作物たちも狂っているように見えます。

「災害級の猛暑」が続き、日本でも豪雨による大きな災害があちらこちらで起きていて、地球環境などに興味のない人も、地球がヘンだと感じているのでは?
日本のみならず世界中で異常気象や自然?災害が発生しているけど、この先20年後30年後はどうなっていくのかって考えてしまいます。
自分はもうこの世にはいないだろうからいいってもんじゃなく、7月から毎日のようにケイタイに入る「危険な暑さ、厳重注意」の情報に、心は寒くなります。

要因は温暖化だけではなくて複合的な汚染だとは思うけど、そもそもそんなことになった原因は人間の便利快適な生活の、とめどない加速にあるわけで。

問題が大き過ぎて、自分一人がどうしようと「どうもならんわ」と思い、聞いて聞かぬふり、見て見ぬふりをしてしまいがちだけど、私は人々の意識が変われば、徐々に地球にも変化は起きてくると考えるほうです。

手始めにざっくりと、今、地球に何が起きているのか知ることは、おとなの責任として必要かなと思います。
私も同じくおさらいします。
知るためのツールはいろいろだけど、ひとつの例として
環境トピックス
https://chikyumura.org/environment/topics/


現状を知ったら、日常でやれる小さな1歩を始める。
たとえば、マイボトルで飲み物はまかなう、マイバックで買い物をする、衣食住はなるべく地産地消を基本にするなどの他に、
自家用車の利用を減らす、夜は早く寝るなども大きな1歩です。
自然に目を向ける、自然と親しむなどは、ひとつひとつのハウツーを知らなくても、いつの間にか環境負荷の少ない暮らしをするようになってきます。
環境保護団体がやるのではなく、一般のおとなが小さなことのひとつから始めることが鍵なんだと思います。
おとながやればこどもは真似して、次々とバトンタッチしていくからね。
普通のおっちゃん、おばちゃん、おにいちゃん、おねえちゃんが変わることが、世界を「持続可能な開発目標SDGs」に向かわせるんだと真剣に思ってるんだ。










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 18:10ヘルシーエコライフ

2018年04月15日

巡ってきたものは使い切った後にも循環させる









一時期、秋になると「一物全体を食す」というテーマで自宅に集まり、サツマイモを掘りあげ、芋も茎も葉っぱも料理して、みんなで食べるという会をしていました。
それまでの仕事は、医院開業コンサルタントでしたので、マクロビオテックや自然療法などの正反対の生活がとても刺激的で、楽しくて仕方ないときでした。

30歳の半ばから50歳くらいまで穀物菜食をベースにしていましたが、沖縄に住むようになってから食生活が亜熱帯仕様に段々と変化し、今では雑食化?していますが、それでもマクロビオティックの基本的哲学は生きていく上でのベースにもなっています。

「一物全体」という発想は多分、石塚左玄という明治時代の医師が食養のために使い始めたのだと思うけど、この飽食過ぎる時代にも大事な考え方だと思います。

冬の間は寒風に当てながらリンゴの皮を干します。


このままむしゃむしゃ食べると甘みがジュワーっと口に広がり、咀嚼をするので育ち盛りの子どもにもおすすめです。
水につけて2日ほど置くと、みりんがわりにもなります。


柑橘も皮はそのまま捨てません。


お風呂に入れて香りを楽しんだり、
こーやって・・・

油落としに使います。

かぶらはもちろん、人参も大根も根っこから葉っぱまで有効利用し、その後は堆肥になり、また次の野菜の栄養になるとうのが、我が家にやってきてくれた食材たちのサイクルです。


魚は骨までとはいきませんが、
夫が食した後の魚は、いつもネコマタギの仕上がりです。face10icon10











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:04ヘルシーエコライフ

2018年01月03日

太陽が一番赤いのは












夕日です。



ところは和歌山県南端のすさみ町
日本童謡の園



なにしろ
この景色がひとりじめだから
ずーっと
見ていた。

ずーっと
見ていても
それほど寒さを感じないのは
紀州だからこそ。

あたたかい。







夕日は
沈む前が
もっとも大きく
赤いって。


年のはじめに
さっそく

自然の風景に教えられた。






過去の1月4日の記事
http://self.ikora.tv/e983993.html








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:35ヘルシーエコライフ