2015年11月19日

久しぶりの雨粒たち










実は今、朗読をマンツーマンでレッスン中です。

目的のひとつは、セミナー講師などのときに聞きやすい声質で伝えたいし、自分も喉が疲れないようにしたいということと、
昨年出した写真絵本「一粒の雨の記憶」を、それなりに読んで記録しておきたかったから。


ところがこの朗読教室ったら、声を出す前に身体のストレッチから始まる。

その次は舌の体操。
「ラダラダ リダリダ レラレラ ラレラレラロ etc etc・・・・・」

など、発音と発声練習をしこたまやった後、早口言葉を舌をカミカミしながらやります。




本読みに入るのは2時間のレッスン中、終了30分前です。



先生にはいつもいつも、
「ここのところは、真夏の暑い太陽のまぶしさを感じながら読んで!」
とか、
「かみなりのピカッっと光るところは、声も光らせて!」
とか、
「ここは作者が一番伝えたいデリケートなところだから・・・」
とかの指摘を受け、
自分が書いた本だったと思ってたけど、もうすでにわたしの手を離れてしまったみたいで、新鮮な気分で緊張しながらレッスンは続いています。



いつになれば、「よし、これで読める!」とOKが出るのかわからないけれど、たった14分程度のファンタジーで、どれだけの“ワンネス”をつたえられるのか、挑戦中であります。




この本が生まれてからもう1年余りになりますが、ふとしたことで「一粒の雨の記憶」に出会ってくれた人々がそれぞれの場所で、やわらかな光の粒を降らせてくれています。


再会に感謝です。
https://www.facebook.com/genmyo/posts/852729261492936?pnref=story








本来、雨は地球がもたらす恵みだよ。
雨はそのうち、他のいのちになり、
ワタシにもなり、
やがて ヒカリに なる。

そのヒカリは、また次の雨を生む。


終わりも始まりもない摂理のなかで、
奪い合ったり、戦ったり、憎しみあったりしているんだなぁ、
世界のあちらこちらで
今日も。









もうね、

自分ひとりからでも

だんだんと

否定的な感情の連鎖はヤメにしようと思うんだ。














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:00Comments(1)ご紹介、感謝です

2015年01月17日

命、意識、記憶の循環









阪神、淡路大震災から20年の今日、京都新聞さん(洛西版)が、「一粒の雨の記憶」を紹介してくださいました。





『命』を考えるきっかけの日だから、「いのちの循環」がテーマのこの本をご紹介くださったのかな?
何にしても有り難く、感謝です。
「ちょっと顔、コワイけど。face07



先日、私も数年在籍していたトランスパーソナル学会の会員さんとおっしゃる方から、この本の感想をいただきました。

「一粒の雨の記憶」の内容はまさに“トランスパーソナル”(個を超越した)であり、しみじみと味わい深くからだに流れ、いのちが発生した“ふるさと”を思うような懐かしさに包まれました。
すでにわたしの中にあった記憶が振動し、バイブレーションに包まれた感覚です。
しかし、これを理解し共感する人は少ないと思います、とありました。



この本で書き表したかったのは、まさにその目には見えないけれど、すべてに影響する人間の意識や思いのことだったのです。

雨とか川とか魚とか物理的なものは登場しますが、そういった自然界や小動物にも、人間の意識が反映しているという着目から書いています。




・ ・ ・ ・ ・ また、誰かさんに「説明しすぎ!」と言われるかな。
「読み手の感性にまかせりゃいいの!」とかって。 ik_81





まぁええわ。

とりあえず久々に太陽が顔を出したので、あれこれとしたいこといっぱい~ik_95











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:12Comments(2)ご紹介、感謝です「一粒の雨の記憶」

2015年01月08日

健康を願うなら辻野式









食事療法士・辻野 将之(つじのまさゆき)さんと初めてお会いしたのは、沖縄に住んでいた時だから11年ほど前でしたか。

整った美形をわざわざ隠すように、頭は長髪、顔はひげもじゃで、今どきのヒッピーかなという印象でした。ik_75


その頃から、まっすぐなまなざしとこころざしをもっていながら、まだまだ何かを吸収し、自分の“道”をあきらかにしていきたいというような情熱がほとばしっていました。
こころざしを具現化するために、会いたい人を国内外に訪ねては、ご縁を重ねていたのでしょうね。

その後、ビジネスシーンで経営感覚を学んでいた頃にお江戸で会った時には、細身のスーツを身にまとい、沖縄で会ったヒッピーの面影もなかったけれど、根底に流れているものに揺らぎはなかったようで、気が付けば辻野ワールドができあがっていました。face02
http://kenko.soragroup.jp/

人がもつ夢や願いが自然のことわりに叶っていれば、天が大いに味方をしてくれる。
この人もそんなおひとりに違いない。

年末には彼の本文ともいえる、『からだと心を整える「食養生」』(技術評論社)が出ました。

・健脳×食養生
・美髪×食養生
・長寿×食養生
・三大疾患×食養生
・出産育児×食養生
・緊急時×食養生
・お酒×食養生
・更年期×食養生
・アスリート×食養生
などについて書かれています。





「一粒の雨の記憶」のご紹介も、ありがとう!
http://kenko.soragroup.jp/?cid=37140












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:13Comments(1)ご紹介、感謝です

2014年10月26日

どこのどなたか存じませんが・・・






あれ?

今、雨、降りだした?

あ、そうだわ。 窓の外、道路が濡れてる。

今日一日、暑いくらいの太陽があたるお日和だったから、雨になるとは。
さっき、何かの音が聞こえていたのは遠くの雷の音だったんだ。


今日は朝からチューリップの球根を植えたので、雨は有り難いな。

チューリップの球根は冬に咲いてもらうために、今日まで冷蔵庫に入れられていたので、きっと土の中やそぼ降る雨が暖かくてびっくりしてるでしょう。


真冬に咲くチューリップ 緑地公園にて





「一粒の雨の記憶」を買ってくださったこの方の地域も、今夜は雨かしら。
http://ameblo.jp/lotus-garden-2014/entry-11912094182.html
これまで知らなかった方と、こうやってご縁ができていくことこそ「一粒の雨」が運んできてくれた贈りものなのです。

この人生では直接お目にかかることはないかもしれないけれど、でもどこかで繋がっているんですよね。


そんなことを想いつつ
しとしとと降る雨の音を聞きながら、
今夜も敷布団のない寝床でik_85、「おやすみなさーい」















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:55Comments(0)ご紹介、感謝です「一粒の雨の記憶」

2014年09月07日

紀州の新聞 紀伊民報







和歌山県の県域紙と言えば紀伊民報さんです。

わたしが20代の頃に毎週のように“アトリエ”に集まって飲んでいた人たちも、地元で活躍されている方も大勢いて、この新聞社にもそんな方々がいらっしゃいます。


だからという訳ではないのですが、「一粒の雨の記憶」もご紹介くださいました。

まことにありがたく、感謝いたします。

やりとりのメールの中に、
「あとがきの「初老」という言葉に、初めてお目に掛かってからの時間のうつろいを感じ、妙に寂しくなったりもします。」とありましたが、そうなんだよね、もう人生は残り時間の方が圧倒的に少なくなっていて、大好きな桜の季節にはウットリしながらも、「あー、あと何回この桜を見れるんやろ~なぁ」って思っています。


メメントモリ・・・http://self.ikora.tv/e897051.html
良い死に方をするために生きてるような日々ですよ。icon12 ik_93 icon12








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:19Comments(1)ご紹介、感謝ですメメントモリ

2014年08月24日

かれこれ15~6年・・・







ワインと友は古いほど良いと言いますが、山形の菅野さん
 http://self.ikora.tv/e472071.htmlとの出会いも15年以上前になるかな。  続きを読む
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 11:14Comments(0)ご紹介、感謝です

2014年08月18日

自然派カフェ&ランチ「ゆいまる」







箕面市にある自然派カフェ&ランチ「ゆいまる」さんhttp://yui-maru.petit.cc/
は、アトピっこにも安心なランチやデザートがいただけます。


  続きを読む
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 12:58Comments(0)ご紹介、感謝です