2011年12月29日

観音寺・山崎聖天











今年も無事に仕事ができて、昨日で御用納めとなりました。
関わっていただいた皆さま、ほんとうにありがとうございました。


和歌山へ百姓をしに帰る前に、いつもの早朝散歩へ。

ここへ引っ越してきてまだ一か月にも満たないので、ちょいと町内をぷらぷら。



はずれとは言え、さすがに京都。
こんなところがあることも知らなかったけど・・・


妙音山?




ここで馬を下りなあきまへんねんて。face08






右の表札みたいなのは「山崎聖天」とあります。
・・・なんか、親戚みたいな気になります。face02




ここは「観音寺」というお寺らしい。
なにげなく歩いてこんな立派なお寺に遭遇しました。

















































お寺の下にはお稲荷さんも。








どっかのおじさんが「写しましょか?」と言って撮ってくれはった。








よいお年を迎えられることをお祈りしています。ik_70












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:19Comments(2)乙訓地方の自然、文化、お店屋さん

2011年12月26日

グループワークの力動













昨日の記事の続きです。


「構成的グループエンカウンター」(SGE)と限定してしまうと、今や、日本教育カウンセラー協会が登録商標をとっているので、協会主催のリーダー研修に参加したような私でも、この名称を用いながらご紹介することに少々躊躇してしまいます。
参加者の自由度とは裏腹にファシリテーター(リーダー)に求められるものは大きく、しかも繊細です。
「構成的グループエンカウンター」(SGE)と表現するからには、SGEを安全で最大限効果的なものにする責任があり、そのためには相当なトレーニングを要します。



このSGEをはじめとする本音のグループワークは、精神分析や、認知行動療法などの心理療法のメソッドと比べて、スキル(技術)以上に、リードする人の“人間性”や“哲学的なもの”が大きく反映します。
理論的なものを示せることの他に、リーダーがどんな人生を今、生きているか、どれほどそのワークにハラをくくり、コミットメントしているか、それらによって参加者の心のひらきかたや気付きがまったく違ってきます。
リーダーの生きざまがそのまま現れてしまうし、また、自己開示できた分しか参加者に伝わらないようなところがありますので本音のグループワークは、リーダーにとってもある意味、修行です。

だから何十年やっていても「修得」はないわけです。
完成することのないものだから。



SGEの研修に参加するたびに、けっこうズタズタになります。(^_^;)



分かっていたつもりの相手のこと、・・・まったく分かってなかった、それどころか傷つけていた。

自分として充分がんばってきた、・・・結果的には、はた迷惑だった、知らず知らず他人にもそれを求め、相手をコントロールしていた。

周囲の人に分からず屋がいっぱいいて、・・・!!一番分かってなかったのは自分だった!

とかね、
何度も何度も、≪ギャフン!\(◎o◎)/!≫を体験しながら、
最後には、それまでの心にたまった垢を落としたような爽快さのなか、自分らしさをとり戻し、
人と人の絆を体験として受け取ることもたくさんあります。

人によっては、このような本音のグループワークによって自己肯定感を得て、体験したことのない安心感や自信を得たり、私のように人生を仕切りなおしたり、現在では依存症やPTSDの治療に用いるグループ療法などもあります。

うつの認知行動療法での治療効果もあがってきているようですが、この場合も、一部にグループワークを取り入れる医師らも徐々に増え始めているようです。




あれもこれも、なぜ“グループ”なんだと思いますか?






それはきっと同じ人間同士の“力動”が起きることにあると思うのです。


私は人間に対する興味は人一倍かもしれませんが、実は長い時間、人とともにいることが苦手です。

だから宿泊研修なんてたいへんなストレスなのですが、そのストレスを何十倍も超える“確かさ”をつかみなおすことができるのです。

どんなに人が苦手であっても、人は人によって助けられるんだと実感するのが、私が過去にいろいろ体験したSGEであり、本音のグループワークなのです。





また折をみてグループワークの可能性についてなどを書きたいです。

















  
  • LINEで送る


2011年12月25日

クリスマスプレゼント












わっ!icon06 icon12 icon06 icon12 icon06




http://www.youtube.com/watch?v=IIBzU9V_p8w&list=FLVj4Xnoe4F8J_KEpairpZBA&feature=mh_lolz



そうだったよね、これこれ!

意志表示の署名も、カンパも大事な事だけど、
たとえ字が書けなくても
お金がなくても
誰にでもできること。


今日出会う人のチャームポイントを
素直に自分から褒めることって、
世界平和にだってつながるんだik_20
心からそう思う。



平和とか
シアワセとかって
実はそんなに難しいことやあれしまへん、きっと。



このユーチューブ、気になってるあの人へも
プレゼントしはったら?


きよしこの夜
どうか穏やかにありますように・・・

icon27 ik_18 ik_09


















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:54Comments(0)人心緑化

2011年12月25日

構成的グループエンカウンター合宿編











構成的グループエンカウンター(SGE)の宿泊研修で新潟に行っていました。

SGEは自己理解、他者理解、自己受容、感受性の促進、信頼体験、自己主張(人をとがめるのではなく、Iメッセージで自分の感情を表す)などが目的ですが、最終的には“行動変容”が期待されるところです。
私はもう20年余り前に体験したSGEのような形をとる数日間のグループワークで、それまでの苦しい生き辛さから解放され、大きく方向転換できたのです。

それからはカウンセリングにこれを生かしつつ、グループとしても何らかの目的がある場合には、とても有効な方法だと思っています。




「構成的グループエンカウンター」という名前で登録商標をとり、特に教育現場においてのグループワークを最もアカデミックに紹介し、リーダー育成も行っているのが日本教育カウンセラー協会です。
今年のクリスマス休暇は、協会長の國分康孝先生が直接指導されるリーダー養成の宿泊研修に参加し、ついでに自分の精神力もちょっと強くなった気がします。


SGEのことについては次回の記事でご紹介しますね。








飛行機から空をみていたら、丸い雲が見えた。









帰りは雪。
予約している最終便に乗るために急ぎたいはずの直通バスは道路が渋滞し、

やっと着いた空港では、「雪のため、使用機が到着できない場合は欠航となります」と案内された。icon11




やっぱり北国の冬は苦手です・・・face10



















  
  • LINEで送る


2011年12月21日

自家製カルヴァドス?
















引っ越し先の住居は4階にあり、
日当たりバツグンなので、またソーラークッカーで、
いろいろ調理してみようと思います。


「自給」を深めるためにこれからも
未知へのトライをしていくつもりです。



で、
やっぱりあたしは酒づくりにも精力的?!face02ik_10


天然酵母のタネ用に、リンゴの芯や皮を水に浸して、発砲したシードルのようなものを作っているのですが、これがあまりに良い香りがしていたので、プランデーをコレで割ってみた。

これが ik_20 カルヴァドスだぁ\(◎o◎)/!




りんごを原料とするカルヴァドスに似たカクテルができあがりました。
整腸作用のある生きた菌のカクテルなんて、
あんまりないよね。(^o^)

おもしろいな~ クリエイティブな気分の夜です。face02




リンゴをむいた時に捨てる部分を、密閉できる清潔なビンに入れて常温で4~5日置くだけ。

ほんとにシードルを作りたい時は、丸のままリンゴを使って加糖し、ミキサーにかけると良い。





ちょっとオシャレに飲んで
バクッっと寝る。(p_-)
 
オヤスミ (-_-)zzz

















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:11Comments(0)日々の食と食事療法

2011年12月18日

咳を鎮めるアロマ



















寝込んでましてん、風邪で。

“寝込む”といっても
なかなか寝込みきれない性格ですもんで、
風邪も長引く。



今回は咳がちょっとやっかいでした。
咳というより、気管支炎にはいるほどの咳の状態です。

通勤の電車や仕事場ではマスクをしていても、なお咳をしないように最大限の努力をします。

風邪はウイルス性ものが主なので当然のエチケットだと思うからです。




今回、咳に効果を発揮したのはアロマテラピーでした。

もちろんこれまで用いてきた、「れんこん湯」にも大いに助けられましたが、予防にもなるアロマは風邪の季節に常用しています。


ウイルスなどの殺菌効果を期待するならティトリーは欠かせません。

私のメディカルアロマの先生も、「今後、世界中でいろいろなバクテリア等の被害が出てくるかもしれないけれどティトリーのことは覚えておきなさいね」、とおっしゃっていたことが印象的です。


それに加えて、咳には「ユーカリラディアータ」と「フランキンセンス」が有効です。

効能はインターネットなどで調べてください。
(なんとシンセツなことで・・・ik_75)






ちなみに更年期障害などには「ローズ」が大きな助けになりますよ。
ちょっとお高いですが、サプリメントや健康補助食品よりは比較にならないほど、個人的には気に入っています。







一滴採集するのに、どれくらいの量の植物が必要だったかと思うと、ボトルをしげしげと眺めてしまうのです。。。 ik_48 ik_48  ik_48 ik_48 ik_48 ik_48  ik_48 ik_48  icon06







お陰で今日は、とある国家試験でしたが出席することができました。

病み上がりで、よくがんばったね!


・・・ 誰も言ってくれないので、日記でつぶやく、このやるせなさ・・・icon11


















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:40Comments(2)医療を自給する

2011年12月12日

ほんとうに欲しいもの
















わたしたちが
とりあえず・・・
じゃなくて
ほんとうに欲しいものってなんやろね。


“ほんとうに”
という言葉をかみしめながら考えた時、
「車」とか「家」とか「受験合格」とか「給料アップ」とか「○○に、勝つこと」とかって思うかな?






あたしも
若い頃は物欲いっぱい。
買っても買っても買い足りない。
満たされない。
だからもっと買う。
でも心はさらに空虚。

でもそんな生活、すぐ飽きた。
見極め早いの、あたし。(^0_0^)


だから転職22回、引っ越し歴16回なのかも。
          
で、
今の生業は、就職してもなかなか定着しない人たちのキャリアカウンセラー。

ハハハ(^O^) (^O^) (^O^)・・・ そんなもんやで、自分の適職なんて。






ところで
あなたのほんとうにほんとうに欲しいものって何ですか?






あたしは、
死ぬまで動けるからだと、
安心して屋外に出れる当たり前の環境が欲しいです。
それを守りたいです。

だからこその“医療の自給”であり、
“ヘルシーエコライフ”なの。



そしてこれもicon15できることのひとつかなって。

http://kokumintohyo.com/
























  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:03Comments(0)震災・原発・エネルギー関連