2010年05月30日

わたしたちの意識の反映





みんなは不思議じゃないのかな?

始めは政府全体として「沖縄へこれ以上の基地負担を強いることはできない」と言って、外へ出すために取り組んできた。
だけど結果的にそれはできなかった。
最後まで、「約束通り沖縄の基地は外へ」、と主張した人もいたけど、
それは今回政府がまとめるものとは違う、
だからあなたのサインがなくても通るようにする、あなたには辞めてもらう。

       ・・・・・・って。 ???



これも民主主義のひとつの“カタチ”なの?
なんかちょっと恐いなぁ。



基地問題や政治みたいな世界じゃなくても、
こういうことって、仕事場やサークル、学校などでも起こりがちなことかもわかりません。


人間は完全じゃないからこそ、違う意見をもつ人とも交わりながら切磋琢磨し、
成熟していくんだよね。



国という大きな組織が未熟なのは、社会が未熟だから。
ひいては私たちおとなの一人ひとりが未熟だからじゃないのかな。

今、国を率いている団体がやってるようなことは、あなたの身近な集団でもないですか?

私は思い当たります。
まず、
私自身に。

仕事場でも家庭においても、大なり小なり、幼児性が噴出しています。


自分の利益だけを考えたオモチャや陣地の奪い合いは、ままごとをしていた幼い日で終わりにしないとね。




誰のせいでもないと思うんだよね。

わたしやあなたが心のなかで思っていることが、
身辺に、地域に、仕事場に、政治に映し出されているんだ。




たとえばね、
沖縄の基地問題でさえ、
政治家や、アメリカの問題じゃなく、
ましては、
日本の総理大臣で始めて普天間から基地をなくすことに取り組んだ鳩山さんの問題でもなく、
それは
沖縄以外のところに住む、一般市民の意識の問題だと私は思うんです。












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 13:59Comments(0)ヨノナカヲ思フ

2010年05月24日

カンパニュラ

昨日ホームセンターで買い物をしていたら、この花に声をかけられた気がして買ってきました。



色といい、小ささといい、頭でっかちな不安定さにも親近感がわいたのかな。face10

カンパニュラの仲間でブルーワンダーというらしい。

ん?カンパニュラ?
どっかで聞いたことがあるよね。

そうそう、賢治の「銀河鉄道の夜」の登場人物だ!
カムパネルラ!
ジョバンニと一緒に銀河鉄道に乗って旅した人物。


「銀河鉄道の夜」って
夢か現実か、生きている人間のハナシなのか、幽霊なのか・・・
空想好きにとっては何通りにも解釈できる物語です。

サザンクロス(南十字星)で、乗客たちが降りた後、
ジョバンニとカムパネルラだけが残され、
その後二人は「ほんとうのみんなのさいわい」のために共に歩もうと誓いを交わす・・・



そうだね。
価値観はいろいろだけど、
“ほんとうのさいわい”っていうのは
国や時代や人種や性別を超えて
共通するかもね。


あなたにとっての“ほんとうのさいわい”って何ですか?














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:50Comments(0)

2010年05月18日

もういっちょう~

え~っと・・・

ほのぼのとした記事をいれたいのは山々なのですよ。ほんとうは。


でも、これはブログ。
私の記録です。
読者の“うけねらい”のためのものじゃないから
今をちゃんと記録しておきたいの。



今の私の、平和でほのぼのとした環境があるのは
雨露しのげる家や食べ物があること、
健康なからだがあること、
私の丸ごとを受け止めてくれている夫の存在があること、
老々介護をしながらも、がんばってくれている母やそれを支える人たちがいること・・・

そんな中に、「陰の部分を引き受ける沖縄があったから」
というのも入ります。





高野孟さんが主催する
「THE JOURNAL あなたの“知らないニュース”がここにある」
で、菅野芳秀さんの例の記事が掲載されたようです。

http://www.the-journal.jp/index.php

この記事にはコメントが今現在で50以上入っています。
純粋なものから、本末転倒気味のものまで。





実は下の記事は4月始め頃に朝日新聞に掲載されていた
聖路加病院院長の日野原重明さんが書かれたものです。
感銘を受け、コピーして持ち歩いていました。


〔 * 〕

日野原先生も「絵空事とお笑いになるでしょうか?」と最後に書かれてあります。



日野原先生と言えば、今ほどの知名度を得る前は、
講演会で、「会場に病気で困っている人がいたら電話してきなさい」
と、ご自身の電話番号を板書されていたという話を
知人の医師に聞いたことがあります。

本当の意味で“公僕”みたいやな。



日野原先生や菅野さんみたいに、ぶっ飛んだ感覚から出た行動こそ、
人間本来のもの だと思うところがあります。


わたしも人生の最後のさいごには
そうなっていたいな。
























  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:42Comments(0)ひとりごと

2010年05月17日

OKINAWAの“春”

和歌山市に「琉春庵」という、マクロビの料理教室や民宿を提供している所があります。

4年ほど前、沖縄在住時にお尋ねさせていただいたことがあり、、ここは和歌山の誇れるスペースだと思いました。


琉春庵という名前の由来は、
「沖縄に真実の“春”がきてこそ、日本全体が春を謳歌できる。
どうか沖縄に、平和でみずみずしい命にあふれる春が訪れるように。」

というような願いが込められているのだそうです。


http://okinawaaoihoshi.ti-da.net/e1252052.html




・・・・・・
基地問題、進展しないね。
進展するどころか、徳之島のゼネコン関係のごく一部の推進派と交渉を始めたり、
なおさら国民の反感を買うようなことになってきました。

菅野さんが思い描いていたストーリーは、決して実現不可能ではないのに。
(ひょっとしてまだネタを仕込んでる?)

これだけあっちでもこっちでも基地に関して「NO!」をつきつけられている今だからこそ
思い切って地位協定や安保に踏み込めるチャンスだよ。


ここしばらく
いろんな人に手紙を書いたり、(もちろん鳩山首相にも!)
集まりで話題にしたり、
できそうなことは毎日少しずつでもやることで、どうにか落ち着いて日々を送っている感じです。





個人レベルでやれることは、どこともすり合わせしなくていいし、
ほんの小さなことでもやりながら、そしてその次は
やっぱり祈りかな。















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 18:57Comments(0)ヨノナカヲ思フ

2010年05月13日

ほどほどがいいなぁ~






昨日、長岡京市から京都市内に向かうために車に乗っかっていると
『もったいない』という名前の飲食店をみかけました。

何屋さんだか知りませんが、
きっとお客さんは、食べられる分だけを注文し、
作る人は心を込めて作り、
そうなると必然的に運ぶ人も丁寧に運び、
だからお客さんも残さずいただくっていう連鎖が生まれているかもな~

そしたら、残飯が少なくなって、
ひいては国内の食料自給率に貢献してるってことやんか! ・・・とか、
いろいろ頭のなかで妄想してましてん。face06




以前から無駄でもったいなくて、使わずに済むならできれば使いたくはないのだけど、
そんな訳にもいかずお世話になっている「近頃のトイレ」のことですが。

今の職場もそうですが、使用後の水が勝手に流れるってこと。
解(げ)せません! (ーー;)

便座から腰を浮かすや否や、すばやく何リットルもの水が勢いよく流れます。
特に女性の場合は何かとご用がありますからik_46、まだ流したいものがある訳ですよ。
何度、 「まだや言うてんのに!」と、渦巻く水流に向かって語りかけたことか。


もっと よけいなお世話のトイレは、“入室”すると便座の蓋がうやうやしく、自動で開くヤツ。

病院や福祉施設ならこれらの“自動“の採用も理解もしますが、
そうではない場所では要らんでしょ!

あれも人間がフヌケになり、大いなる勘違いをおこし安い“仕掛け”です。




先日、「当たり前」について、思うところを書きましたが、
いただいたメールを見ていても、やっぱり“おかしいよな~”って思っている人、多いんですね。
ただ、何かの理由で言わないだけで。
でも、子供たちには教えていかんと、“おかしい”ことが“当たり前”になっていきますえ。



世の中は当たり前や もったいないからかけ離れてきていて、
かけ離れるたびに、
人間社会のひずみが深くなっているんじゃない?



人間の欲望は果てしないけれど、
『足るを知る』ことを態度で示してくれる誰かが近くにいるといいね。









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 14:58Comments(0)ヘルシーエコライフ

2010年05月09日

大森昌也さんとその家族






取り急ぎご連絡を。

TV番組、『われら百姓家族』などでおなじみの兵庫の大森ファミリーが
明日また、TV朝日のクイズ番組(紳助くん?)で紹介されますよ!

夜11時17分からの1時間番組だそうです。
(昌也さんの“達筆”の文字が、一部分解読不可能なンだ。icon10



見どころは、チエ、あい、れい、の3人娘の成長ぶりと、
家庭をもった息子たちの様子かな?



まぁ、どの部分をとっても、私には“見どころ”なんですが。(●^o^●)



チエの沖縄訪問の頃
http://okinawaaoihoshi.ti-da.net/e842016.html












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:12Comments(0)百姓日記

2010年05月09日

“当たり前”が消えた?




先日も、名残惜しい竹の子の下処理をしながら、たまにはスタンダードにわかめとの煮物をしようと思い、
わかめの新ものを・・と探すも見つからないので乾燥わかめでいいや、
    。。。と、 探すけれど、ない、 ナイ・・・ face07 
       スーパーなどを3件まわっても見つけられないのです。

乾燥わかめは、全部小さくカットされた、あの厚みのないペラッとしたもので、ほとんどが中国もの。
お味噌汁などに直接入れるようになったアレです。

なんで普通の乾燥わかめちゃんがないの~ik_19

あたし、なんか難しい要望してる?
沖縄に住んでいた3年半の間に、わかめ事情に何か起きた?

普通に どこででも買えた、普通の乾燥わかめですよ。
安価で、庶民の味方の乾燥わかめ。。。
茎もあり、薄いところも厚いところもあり、水に戻すと少しのヌルミが出てきて、
他の素材にあわせると磯の香りとのハーモニーが絶妙な、あの乾燥わかめ・・・。

なんでスーパーから消えたんですやろ?



スーパーといえば、
あたしにとっては不可思議な商品が山と積まれている場所なのですが、
中でもペットボトルや缶飲料。
たまになら私も利用しますが、大勢の主婦層が日常的に購買する風景を見ていると
お茶さえ沸かすことができないどんな事情があるのかなと思ってしまうのです。


沖縄在住時もそうでしたが、一日に3本以上買う人も決して珍しくはないのだそうですね。
しかも現代は専業主婦でさえ、お茶を自分ちで作らないで、2ℓのペットボトルをケースで買ってお帰りになる人も少なくないのだとか・・・。

スーパーの売り出しで5円、10円の安さを求め買いまわりつつ、お茶はペットボトルに入ったものをケース買いなさるのぉ?

お茶はね、
自分で作る方が、好みの濃さや味にできておいしいし、香料や酸化防止剤などの添加物なしで安全、そして断然お安いですよ~

水もそうです。
水は生だからエネルギーがあるのだと思いますが、ミネラルウォーターは熱処理しているものがほとんどじゃなかったっけ?
わざわざエネルギーのないものを買っていない?

私はどこに住んでも、洗礼のような意味も感じ、そこの土地の水は生でいただきます。
(塩素やトリハロメタンが気になるので、エンバランスタンクに汲み置きした水ですが)



これから夏に向かい、かっこいいマイボトルをお供にお出かけしましょik_73






1997年に送った年賀状icon15



なんだか、
「当たり前」が、当たり前じゃなくなってきたみたいで、
淋しいよ~ _(._.)_














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 01:03Comments(0)日々の食と食事療法