2016年10月29日

忘年会の余興練習はじめっ!










11月の声を聞いたら、さやえんどうの種まきと、
忘年会余興の練習でしょ!



今年はコレ!icon15


https://www.facebook.com/prince92great/videos/974229965980972/










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 20:54Comments(0)自己実現

2016年10月28日

もう忘れた?フクシマのこと。








くる日も くる日も
みんなそれぞれ、忙しいよね。


わかるわかる!




日々、こなさなきゃいけないことで精いっぱい。

わかるわかる!、わかるよ~face01




だからあれほど大きなショックだった2011年の原発メルトダウン事故のことや、ばらまかれた放射能のことも、もう片付いたかのように記憶の彼方かもしれませんね。





だけどな~
昨日の新聞。

福島第一廃炉のための費用として想定していた年間800億円では大きく不足が出るということと、廃炉にするために30年以上かかるというから・・・・・ 
通算でいったいいくらになります?
お金のことだけ考えても、いろいろと思ってしまうんだよね。
政府は国民の負担増にならないようにという理由で、原発再稼働を後押ししているような動きです。



日本は世界第三位の原発保有国。
この小さな国土で、この地震の多い国で、です。


このことから学べば、
あと40数基ある原発も耐用年数を過ぎてきているものから、巨額のお金がかからないうちに廃炉にしていった方が賢明です。


でも、そうできないのはナンでか?








http://irorio.jp/sousuke/20151013/267507/








ココロ おだやかに保つために自然のなかに身をおきます。
樹木の下は癒し効果が高いんだよなぁ。。。 
icon12 icon12 
icon12 icon12 






















                  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 17:45Comments(0)震災・原発・エネルギー関連

2016年10月23日

あれよあれよの一日








沖縄在住時は、「夏野菜」とか「冬野菜」という表現はあまりしませんでした。

夏は暑すぎて、野菜類も花も育つものが少なかったように思います。

ゴボウなども冬は季節外れの野菜だったので、亜熱帯地方の人々は、根菜類を食べてからだを温めるなんていう観点がなかったようです。





この夏、数えきれないほど実ってくれた「子どもピーマン」






まだまだ花をつけていますが、11月に入って冷たい夜露がおりると、もう枯れてしまいます。






水ナスの花も、まだこんなに気高く咲いています。




コンパニオンプランツのマリーゴールド。



この花たちを見ていると、もうちょっと夏を延長してもらいたい気分です。




夏野菜に続くのは、人参、カブ、大根、小松菜、チシャ、ネギ、春菊etc・・・・・


今日も畑にいると時間がすぐ過ぎてしまい、さぁこれから自分のからだのメンテナンスや片付けものをして、たまった郵便物を見ようと思ったら、もう、食事の準備の時間です。(;'∀')





あれよ、あれよと終わっていく日曜日。ik_71









≪コメントありがとうございます≫
相変わらずコメントが入らないようでスミマセン。
メールでいただいたコメント、しかと受け取らせていただきました。
次のお休みにはちょっと時間取って、ブログ環境のメンテナンスをするつもりです。
(ほんまか?!) ik_75














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 18:15Comments(0)百姓日記

2016年10月18日

痩せたいなら、「作りすぎない」










「食べ物を残したり、食べ忘れたりして捨てる」ということは、我が家ではめったにありません。

ものを捨てないことと、体型維持のためにも一番大切にしていることは “食事を作りすぎないこと” 
だから食事を作る前は家族に、「今日はおなかどのくらいすいてる?」と聞きます。
「8分目」とか「6分目」とかいう答えが返ってくるので、毎回それに合わせて 「おいしかった」という言葉で終われる量を想像しながら作ります。
「おいしかった」の時にやめないでいると次は、
「あ~ おなかいっぱい!」 になり、それでもついまた手を伸ばしていると今度は、
「あ~苦し・・・」 となります。

それを半月も続けてしまうと胃が拡張し、これまでの食事の量では満腹中枢は刺激が足りなくなるってことに。
その後のサイクルはもうご想像の通りです。


我が家でも1年に数回は作った食べ物を捨てることはありますが、生ごみバケツはEM菌で堆肥にするバケツなので、発酵すれば畑に戻し、やがてまた食卓に還ってきます。
あおいサンは、頭がデカイ割には胃袋が小さく、外食の時も定食などは全部食べきることはできないので、ドギーバックに残りをもらって帰り、やはり堆肥になってもらいます。

「もったいない」という以前に、自分のからだの一部になる食べ物は、食べる前から自他の区別がすでにうすくて、食卓にのったお料理は、もう❝共喰い❞に近い感覚さえあります。face08

いや、ほんまに。



夫も私もあと半年から1年で還暦ですが、この30年近く、ほぼ体重や体型に変化はなく、義務だから受けている健康診断の結果も、だいたい問題なくパスしています。
世の中に痩せたい人が多いそうだけど、やまさき家に1週間住んで、私たちがやっていることを見れば、そんなに簡単なことだったのかと、目からウロコがぽろぽろ落ちると思うよ。



何しろ食べたいときに、食べたいものを、食べたいだけいただくという、がまんしない食生活のたまものが今の暮らしです。



あ、ついでに飲みたいものも、飲みたいときに、飲みたいだけいただきます。






今年はもう終盤になったミントだけど・・・



夕べはちょっと暑かったので、ミントジュレップが恋しかった。







食生活+運動は外せない。


そしてやっぱり最終的に残るものは、今日も生かしていただいたという感謝や祈りなんだと思うなぁ
icon06














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:45Comments(0)ヘルシーエコライフ

2016年10月14日

「コメントが入りません。」について











このブログを開設して以来、コメントが入りませんというメールを時々いただきます。
多分、そうやって教えてくれる人の何倍も、コメントを受け取れていないケースがあるのかもしれません。
私も他の方のブログにコメントを入れようと何度かトライしても、なかなか入らない時があったので、あのムッとする感じを誰かに与えたかもしれないと思い、遅ればせながらごめんなさい。

いろいろ調べてみたりIKORAブログさんにお尋ねしたりしましたが、どういう場合にコメントが入り、どういう場合に入らないのか原因がわかりません。
環境設定としては、過去に届いた見ず知らずの広告・販売が目的のものや、危険なサイトへのURLを貼り付けたコメントなどのアドレスについては受信拒否をしています。
あとは、スパム(広告のための不特定多数のダイレクト・メ ール電子版)防止のための文字入力をコメントを入れてくださる方にお願いしています。
それ以外のことはしていないので、たまに熱心な広告・販売のコメントまで入る時があります。
でも、一般のコメントが入らない・・・・・

こんな具合ですが、詳しい方がおられたら他にどんなことが考えられるか教えていただけると有難いです。


せっかくのコメントを受け取れなくてごめんなさい。










いつもの散歩道の様子







秋の七草が揃っているかも。face05












珍しい野草です。ずーっと見ていたい。





















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 06:17Comments(0)

2016年10月10日

プレッシャーをエネルギーに転換する










最近もう一つの仕事として、メンタルヘルスやセルフケア研修を再開しました。

対象は300人、400人という研修で、しかも行う職場はトッテモオカタイところな上に、ほとんどが男性です。
400名びっしりの会場は左脳活発な男性方。
そこでこの小さなわたしがたった一人で行うので、緊張とプレッシャーで前日などはなかなか眠れません。



そんな時にラジオで興味深い話を聴きました。


武田鉄矢さんという歌手で俳優でもある方が、オリンピックの金メダリストの内村航平さんとお話しをされた時のことを武田さんが話していました。
武田さんは3~4年前に不眠症になって辛い経験があったためか、内村さんに、「内村さんもやっぱり金メダルがかかったような試合の前の日なんかには、緊張やら興奮やらで眠りにくい時ってあるでしょう?」って訊きました。

そりゃそうですよね、
日本中の目が自分の試合を固唾を飲んで見ていているし、指が数ミリズレても失敗しそうだし、今日の練習であん馬がいまひとつの出来栄えだったし、あーだし、こーだし・・・とかってね、あれこれ考えてしまうこともあろうかと思いますが。


そうしたら内村さんの返事が
「ない!」だったそうです。
試合の前に眠れなくなるような人は、そもそもオリンピックまで来ていません、って。(^◇^)
多分、それで眠れなくなるようなメンタルの人は、地区予選かなんかで終わっているのかもしれません。



内村選手は体操を始めた子ども時代から、一度も練習が嫌だとか、今日は休みたいとか思ったことがないそうです。
彼は子どもの時から、家が体操教室をやっていたこともあり、ベッドがトランポリンだったそうです。
ずーっとトランポリンで遊んでいて、親が呼びに来ても言うことを聞かずにやり続け、そのうちトランポリンで寝てしまう・・・という子どもだったそうで。

だから選手になってからも、彼にとって練習は楽しみそのもので、試合というのはその積み重ねた練習の成果を披露する機会なので、楽しみがあるだけという。face08face08face08




めっちゃメンタル強し!!





この子もきっとオリンピックまで行けるな。








頭はおっきいけど蚤の心臓なのでface03、しばらく眠れない日が続いたけれど、このプレッシャーをふんわりとしたエネルギーに換えて、お疲れ気味の男性方に癒しの波動をおくりましょ~ icon12 icon06 icon12











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 16:02Comments(2)人心緑化医療を自給する