2012年02月25日

行き道は いずこの里の 土まんじゅう













今から5~6年前。
沖縄で職業的霊能者のことや、シャーマニズムを研究している時にお世話になった、「いなふくクリニック」の稲福薫医師は口癖のように、「僕はね、その辺で“野垂れ死ぬ”のが理想なんだ」とおっしゃっていました。

それには当時の私も全くの同感で、野たれ死んだ時に身元が分からないのは人様に迷惑をかけるからと、稲福Dr.は、首からペット用の迷子札を常にぶら下げていました。





“野たれ死ぬ” と聞くと、
幼い頃、墓参りに行くと、墓標と墓標の間に、こんもりと盛り上がった場所があったことを思い出します。

誰に教わらなくても、「新しい仏さん」とわかりました。





近所に住んでいたあの木こりのおじいちゃんが今、
土に還っていってる。


淋しいとか、こわいとか思う気持ちより、
たんたんと、それに関わる行事を見送っていたような記憶があります。




私は無宗教と言ってよいほど、神や仏に帰依する信仰心がないのだけれど、
回峰行の師であった故・箱崎文応師が詠まれた句が、この頃さかんに頭のなかを駆け巡っています。

『行き道は いずこの里の 土まんじゅう』
修行中は、どこで死んでもよいように覚悟しておきなさいというような意味でしょう。


今まさに、
「死」の淵が見え隠れしているんだろう友を思い、
あなたも行者ならば、吹いてくる風に逆らわず、
そのまま心地よくのっかっていっていいんだよ って言ってあげたい。




“生”に執着があったなら、またすぐに輪廻転生しますから。

安心して今、あの世とこの世を散歩していてください。







仏さまに「修行が足りん!」と言われたら、また続きのこの世で人間やればいいし、
もし召されることができたならば、今生はそれで完結しましたよ、ご苦労さんということでしょうから。









今、
私の心のなかに
不思議と不安や淋しさがないのは、
あなたからの最大の贈りもののような気がしています。


























  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 00:33Comments(0)自己実現

2012年02月20日

与えられているもの












今年の冬は寒すぎて、チシャも枯れてしまったようです。
露地もののネギ類は成長は遅いけれど、きっと地中では根を張っているのでしょう。




こちらは和製レモン。





収穫したまま手つかずでいたレモン。まだまだあります。
レモン酒が、まことに美味なのです。
仕込んでから3ヵ月頃からがおいしい時期ですが、
我が家の場合・・・というか、あたしの場合は、
3ヵ月たったら飲み終えています。



今日は合間をみてレモン酒を3ℓほど仕込みました。






こちらは同じ黄色でも、ロウバイの花。



まだ寒いにも関わらず、年が明けてまず咲く花はマンサク。
この花も黄色です。

この後は、ミモザアカシアとかサンシュとかが続きます。


黄色は心を元気にする色とも言われていますし、
「寒い冬も、もうすぐ終わるよ~!」
って言ってくれているのかも。









久しぶりに見た、シュロの木。

オーストラリアで真珠とりの潜水夫をしていたおじいちゃんは、飲み水がたりなくなった時、シュロの皮を何重にも重ねて川の水をろ過し、飲料水をつくっていたんやて。


日本においても、もしもの時は役立つ知恵かも。





自然界にあるもの、
私たちを生かしてくれるかけがえのないものたち。

健やかに生きていくためにはきっと、
たくさんのものは要らないんだよなぁ~












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 08:03Comments(0)百姓日記

2012年02月15日

福島で就農








もう10日ほど前になるかな、
毎日放送で深夜に (これまた深夜枠です。スポンサーがつきにくかったのかな?) 放送された番組が印象的でした。


番組タイトルは「映像’12 福島で生きてゆく~都会から来た就農者の日々~」
内容は、
福島県二本松市に県外から移り住んだ就農者たちの“東日本大震災後”を追ったドキュメンタリーで、ひとくくりにできない葛藤と決断が描かれていました。



以下は産経新聞豊田昌継記者の記事です。

 東京生まれの関元弘さん(40)は元農水官僚。6年前に移住し、有機野菜栽培に取り組んできたが、被災。福島第1原発から45キロ離れた同市にも放射性物質は飛来し、6月下旬まで一部葉物の出荷停止を余儀なくされた。

 現在では9割以上の販売先が以前のように取引に応じてくれるという。妻子を抱える関さんは「原発の問題は自分の中で整理できている。どうしようもできない大きな流れには従うしかない」と前向きに解釈している。

 大阪から5年前に移住した元大手電器メーカー社員の海老沢誠さん(47)は「里山再生」を目指した矢先の被災だった。昨年9月には妻が家を出た。1人現地にとどまり、農業技術を習う一方、放射性物質による農地や作物への影響を独自に調査している。「福島を応援してくれる人は、情報を、自分で考え、正しく知ってほしい」と訴える。

 一方で、東京出身の近藤恵さん(31)のように“見えないもの”への恐怖がぬぐえず、現地での農作をあきらめ、離れる決意をする人もいる。

 同局の小林正典ディレクターは昨年10月、現地入りした。当初は「県外からの移住者」をひとくくりにできると思ったが、“温度差”があることを知り、オムニバス方式にした。「いずれも夢を持ってこの地に来られた方だけに痛ましく感じる。それぞれの葛藤と決断、シビアな状況をぜひ知ってほしい」と話している。


もう番組は終わりましたが、再放送のリクエスト電話やメールで、もう一度放送される可能性はありそうです。


農水省官僚で百姓になったときくと、「第2回百姓のすすめ」に出演していただいた沖津一陽さんも同じキャリアで、自然農のお百姓に転じました。
http://www1.linkclub.or.jp/~amal/text/school.html



番組の中で関さんは、まだ生まれて間もない赤ちゃんを抱きながら、「この子のためにも、いつまでも放射能を怖がっていても仕方ない。避難指定が出ている訳でもないし、ここで生きていくんだから。」というようなことをおっしゃっていました。

それはそれで、国の情報に基づき、それを信じて前向きにやっていこうとする姿に胸を打たれました。
有機農家同士でネットワークをつくり、福島の米・野菜の安全性を都会でPRするイベントなども催し、ほんとうに一生懸命がんばっていらっしゃいます。

さっそく彼のブログを拝見しましたところ・・・
http://nanaxsa.exblog.jp/

テレビでは紹介はなかったけれど、最近生まれた赤ちゃんの上にもお子さんがいらっしゃり、上のお子さんは原発事故後に東京のご実家に預け、離れて暮らしていらっしゃるそうな。
テレビに登場した下のお子さんも、母乳ではなくミルクをあげていたあたりも、ご配慮された上でベストな方法をとっていらっしゃるのかと想像しました。





Iターンで就農し、数年かけて有機栽培の良い土になり、さぁこれからというタイミングで原発事故が起き、福島での耕作を泣く泣くあきらめ去っていく人、
関さんのように、何とかして福島でこのままやっていくと決めている人、
どちらを選択しても、今後に多くの課題を抱えたままなのでしょう。


わたしは、やっぱり原発の再稼働とかはイヤです。
こんな思いを国民にさせてまで、原発にこだわらなきゃいけない実情を、
「いっぺんお母さんにほんとのこと話してごらん!face09ik_01」 













  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 14:54Comments(0)震災・原発・エネルギー関連

2012年02月08日

雪が舞う













お休みの日はイソガシイんです。
だって、始業と、昼休みと終業時間がないんやもん。(p_-)


今日は台所で仕事をしていると雪が舞ってた。
思わず手を止めてデジカメでパシャ!












“上から見る雪”って、想像もしない動きをする。




「百姓屋敷わら」にいた頃も高台に建っていたので、雪が舞う姿を観察できましたが、我が家の台所からもその風景が今日、見れました。






池の方から風が吹き上げると、雪は下に落ちることができずに、“舞い”がはじまるんです。

うつくしい・・・




icon04  icon12     icon04     icon12  icon12

           icon04  icon12     icon04     icon12  icon12  






こんな風景を見ていると、今夜のメニューはストーブ料理。

オシャレやろ、“ストーブ料理”やで。(^0_0^)






3年前にリサイクルショップで800円で買ったガスストーブ、“ファイヤーくん”。

ことこと煮ているのは土手鍋です。


中身は大豆ミートやグルテンミートやあれしまへんよ。
ほんものの牛のすじ肉どす!

「わら」時代にマクロビオティックを学んでくださった、お客さま&研修生の皆さま、ごめん。face02
今日、我が家は国産とはいえ、にせものじゃない牛の肉を食べます。

もうええから。face03
 




土手鍋なのに、“鍋”を使わないのは、ゆうべ、トモik_91が不注意で鍋を割ってしまって。
だからクリスタルな土手焼きになっています。

・・・・・ やっぱりオシャレやわ。ik_73












ところでTPPも、グッと雲行き怪しくなってきました。


以下はWEB中日新聞より

 【ワシントン共同】政府の訪米団は7日午後(日本時間8日朝)、日本の環太平洋連携協定(TPP)交渉参加に向けて米国と初の事前協議を行い、コメを含む全品目を自由化交渉の対象とする考えを表明した。
 日本政府が交渉入りへ最大の関門となる米国に関税撤廃への強い意欲を伝えたことで今後、米側が交渉参加を認める条件として自動車や保険分野などでどんな要求をしてくるかが焦点となる。




こんなことになってきたら、いったい何ができるのかと無力感をもちます。

デモに参加する?
集会をしてTPPに参加するって、こんなことを意味するねんで!って訴える?
TPPに反対している議員さんに「どうかがんばって!」ってお願いする?



もう実際このところ、モンダイが多すぎて、多くの人が心のキャパシティを超えているんじゃないかな。
こんな時、人はついつい“知らないふり”や“気付かないふり”を無意識でやっちゃうことがあるんだよね。

自分も含め、今の時代に生きる大人たちに、心からエールをおくってあげたいです。


「だいじょうぶ!あんたがやったことはムダにはなれへんik_09



菅野さ~ん!
タイから帰ってこられた時には様子が変わっているかもよ・・・













  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 15:59Comments(0)ひとりごと

2012年02月05日

“山”を食す
















この冬、これだけ寒いと京都のミニ畑の葉菜類は期待ができず、でも緑黄色な野菜を強烈に欲する時があります。

確かにスーパーには数々の野菜たちが並び、買い求めるには不自由はありません。



でも違うんだ、あたしが今、食べたい野菜はそれじゃない!




幸いに、仕事を終えて帰り着いてもまだ明るさが残っていて、
迷わずにカゴを持って、天王山のほんの裾野をうろうろと歩き、食べられる草を探す。


霜にあたったヨモギは甘く、スイバも酸っぱさが調和されている。
あとは春の七草のなかのひとつ、ハコベとかが揃いました。






大根をサイコロにカットしたものといっしょにさっと茹でて、
それに玉ミソで合えました。





こちらは先日、実家でもらってきた“いさき”。
大きいのはお刺身にして、小さいのは冷凍していたのを塩焼きに。





そしてやっぱり、この季節ならではの発砲したお酒でしょ。face05



今年は自家製ドブロク作りはまだですからねぇ。




それよりもっとおいしい自家製漬け酒を仕込中ナンですよ・・・ ムフフface02face02


こんな楽しいことをやってると体調も整ってきますよ、そのうち。

命を健やかに育んでくれるのものは、
すぐ近くにいっぱいあるんだなぁ・・・ありがたしik_70
































  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 16:40Comments(0)日々の食と食事療法