2017年07月17日

思い込みや不可抗力で苦しまないで









今からもうかなり前のはなしです。
当時の職場で、こんな切ない経験をしました。


1年ほど前から職場が一緒になったAさんと私はウマが合い、ベッタリではないけれど仕事のこともプライベートなことも自然に心地よく話せる同僚同士でした。
私はAさんのウイットのきいた所作や話し方が好きで、年上でもあり尊敬もしていました。

そのAさんが、ある日突然、私を完全に無視するようになったのです。
まったくの、ある日突然です。
挨拶も雑談も、他の人がいればするけれど、他に人がいなければ私が声をかけても無視、ということが何日も続きました。
特に嫌なことを言うとか行動するとかではなく、私がいないかのように振る舞うのです。

それまでAさんは他の人には話さないようなことも私には話してくれたし、私も、年上で経験も豊富なAさんを頼もしく思っていただけに、
これには私も参ってしまいました。
いろいろ原因となりそうなことを点検してみると、Aさんと最後の方で話した会話で、Aさんが私に「わたしの姉に似てる」とつぶやいた時の口調の重さに、「あれっ?」と思ったことだけを思い出しましたが、他には特に思いつきませんでした。

1ヶ月ほど辛抱しながら様子をみていましたが、一向に変化がないので、ある日私はAさんに、話をしたいと申し入れました。

そして私が、「○○さん、いったいどうしたの?」と、
ラフな会話をしていた以前のように言うと、
Aさんはそれまでにはなく他人行儀に
「余裕がないんです。」と言うので、
「は?余裕がないの?」と私が言うと、スッと私の前から立ち去りました。



こりゃもう、私がタッチできることじゃないわ、とその時初めて思いました。




日々、いろいろな方から多種多様な悩みを聴いていますが、この時の私の体験のように、そこに関わり続け、悩みを深めていく必要があるのか?と感じるようなことも多々あります。

人にはいろんなときがあり、たった一人でその人にとって重要な心の作業をしていることもあります。
ネガティブな投影が起きているときなどは、本人も自覚ができず混乱し、かなしみや不安が屈折した怒りになって現れることは珍しくありません。

だからね、
突き詰めて考えることを続けなくていいんだよ。

あなたのせいじゃない!





これを言うために前置きが長かったね。








紅葉は秋だけじゃないんだね。
口熊野の森の中で出会った景色。












  
  • LINEで送る


2017年06月28日

たった一輪の花が生きた証(あかし)







28歳から31歳まで、フラワーデザイナー(当時はそんなハイカラな名前はなく、“いけ込み出張”と言っていた)をしながら3つの華道教室を主宰していました。

「たった一輪の花が生きた証」という言葉は私の華道教室の指針で、広告に必ず使っていたキャッチコピーでもありました。

華道の世界で生きている時、花は私の生きるための術(すべ)であり、心を表現するための“道具”だったようにも思います。

当時は今と違って、自分の想いを表現することはほとんどできなくて(face08)、華は私の“どじこめた本音”の表現手段だったのです。

その数年後、「教室」という限られた空間から飛び出し、
世界中から集まる花の流通に興味をもちはじめ、フラワーショップに転職したのが32歳の時。

それまでは“気持ち”の表現のための花だったのに、お店に立つとちょっと違った形で、花々との付き合いが始まりました。


大きなイベントで花を飾る
経営者の想いがこもった店舗を花で彩る
人通りが絶えまない空間に花を活ける

いろんなシュチエーションにいろどりを添えてきたけれど、
今、もっとも息づかいが感じられる花を活けられるのは、
たった一人のクライエントを迎える時の一輪です。

クライエントの言語化できない思いやフェルトセンスを共有させてもらえたと思う瞬間は、私とクライエントの間に、二人以外の何かの力動(りきどう)が働いたと感じることがあります。
それが何なのかはわかりませんが、私は感謝と畏敬の気持ちが起こり、自然に頭が下がります。



花や華道を学び、経験したことは、私の人生のすべてに影響していると、四半世紀たってから感じるのです。

もの言わぬ存在であるからこそ、つきあう時に独特の緊張感があり、間もなく枯れていくその日までが愛おしく感じます。















  
  • LINEで送る


2017年06月18日

カウンセラーにもいろいろありまして。










歓迎しない心の状態が続き、
眠れないとか、肩こりや耳鳴りなどの身体症状に出てきたときは、早めにケアをしています。

漢方や鍼灸マッサージ、アロマテラピー、座禅に瞑想、食事療法、断食などは馴染み深い代替療法ではありますが、今回はカウンセリングを受けることにしました。

職業柄、どこのカウンセリングを選ぶかは、情報量が一般の方より豊富なので、今の自分にはベストだと思うところを選択しました。

そして先日、予約したカウンセリングの日を迎えました。


結果、
50分のカウンセリングの時間の8割5分(ぶ)はカウンセラーが話していました。
後の1割は私の話、5分(ぶ)は沈黙。
そんな状況のカウンセリングなんてこれまで一度も受けたことがなかったので驚きました。
しかも、この都市部の一定度名前の通ったカウンセリングルームにおいてです。

しかも・・・
クライエントである私が、一言も話していない病気についての成り立ち方や、友人知人の話、あるスポーツ選手が体験した話などなどを次々と話されるのです。
それでも何らかの意味があると思い、カウンセラーの話を傾聴していましたが、ik_85 さすがに40分くらいのところでカウンセラーに尋ねました。
「先生が今話されているいろいろなことは、私にとってどのような効果があると思われるのでしょうか」って。


そうすると今度は、「こんどうまりえ」という私はあまり知らない有名人の話と、断捨離の話が始まりました・・・・・ik_84







いったい何だったのでしょう。





一番気分が重くなったのは、あれがカウンセリングだと、他のクライエントが判断されることです。



何かのはずみで、このような経験をした意味を今、考えているところです。








この木は5月頃、葉の一部が紅葉します



何という木なのかな?

今頃になると葉っぱは落葉するのか、いつのまにか木は緑色一色になります。



21日記
ホルトの木というそうです。
ありがとう。










  
  • LINEで送る


2017年06月12日

定年後も働くために、今できること











超高齢社会に突入しています。

年金は段々と後ろ倒しになるは、減額されるは、人はどんどん長生きになるは・・・・・

少子化と子どもの育成にも、国はもっと真剣に対策しなければならないでしょうから、わたしたちシニアは、なるべく税金を使わないようにしていきたいものです。
是非、心身の健康を維持し、社会参加を続けていきましょう。
その社会参加が労働という形であれば、納税者になる可能性もあるし、
また、定年後も健康に働き続ける高齢者が増えていかなければ国の財政も早くに破綻してしまいます。
もちろん若者の仕事をとってしまわないように知恵を働かせて。

7月22日土曜日13時から
「定年後も働くために、今できること」というテーマでCCNKがセミナーを催します。
講師は現在72歳の白石健三さん、フットワークが軽く、笑顔がほんとに素敵な方です。

少人数制で気づきの深いセミナーを目指していますので、働き続けるために、あなたが今すでにやっておられることや、お知恵なども共有させてください。
シニアの就職支援に関わっておられる方もどうぞご参加くださいね。
19名さまにて締め切りです。
ご参加予約はこちら➡https://www.npo-ccnk.com/
または070-5671-8026白石さんまで。





~以下は会社を経営されている社長さんへのお知らせ~
65歳超えのやる気のある人々を雇ってください!
高齢者雇用に関する助成金icon15
http://www.jeed.or.jp/elderly/subsidy/om5ru80000002trp-att/q2k4vk000000dq6j.pdf

手続きが面倒・・・などの場合は、社会貢献度の高い社労士さんに相談してください。

そんな訳で経営者の皆さま!
酸いも甘いもかみ分け、人間力に満ちたシニア層をどうか雇ってください。












  
  • LINEで送る


2017年05月09日

事実の見かた











会社を辞めさせられた

パワハラを受けて精神的に不安定になった

業務量が多すぎて、残業代も払ってもらえない

始めの条件とは違う仕事をさせられている

協調性のない人がいる会社にばかり入ってしまい、毎度苦労する


などなど
就職支援以外にも、相談者の悩みは尽きません。



でもね、
気づいて欲しいのは

私を離職に追い込んだ会社があったのではなく、
その時は、解雇を承諾せざるを得なかった私がいた のです。

パワハラ行為をした誰かがいただけではなく、
パワハラを受けても対処法が分からず、その時は精神的に不安定になってしまった私がいた のです。

協調性のない人がいる会社があるのではなく、
協調性のない人がここにもいると感じ、同じことで再度苦労することを選んだ私がいる のです。





ここに気づけば、次に同じことが起きたときは、自分のとらえ方が変化し、
それによって起きる感情が変わり、
次に行動が徐々に変化していきます。

行動が変わるってことは
周囲に与える影響が変わるということなので、
当然、周囲からの「私」への見かたが変わります。


パワフルです。

起きた事実の「私のとらえ方」だけで、
人生は180℃変わるんだ。



































  
  • LINEで送る


2017年04月25日

言ってしまった。











近頃、密度の濃い日々に興奮気味でございまして。((+_+))

ようやくケア付きシニアハウスに入居した両親が、1か月もたたないうちに自宅に戻ることを希望し、またもやプチ引っ越しと、様々な手続きを逆戻りしながらもう一度行うことになった。
自宅で過ごしたいだろう気持ちを叶えてあげたいから、精一杯やるしかないのです。

仕事場では、来談者は立て込んでいるわ、相談業務の他にもヤルベキこと、ヤリタイことが山盛りで・・・そんな今日、クライエントに言ってしまった一言に後悔してる。

用件があって2~3人並んでいるのも構わず、何を求めているのかわからないことを話し続けるAさんに、「今、一番困っていることは何?」って言ってしまった・・・

みんなが授業に行って静かになった相談室で、
「あー、やっちゃった」と後悔した。

目的と手段がいっしょくたになって、自分が何を求めているか微妙になってきたから、「外堀」から話し始めているのに、私ったら、「本丸」の色形を話せと迫ったわけで。
もちろん短い休憩時間で多数の人の要望を聞いていくわけだから、Aさんは状況を把握する必要はあったけれど、
私はプロなのだから、相談業務のときだけカウンセラーになったって仕方ないんだよ。

あの場合は、やっぱりI(アイ)メッセージで
「Aさん、あと〇分で授業が始まるけど、Aさんが何を伝えようとしてるかわからないし、私も困ったな・・」とか
「お話をゆっくり聴いた方が良さそうに思うから、相談予約をとる?」とかって返せば良かった。
そうしたら待ってる人の精神衛生上も、良かったかもしれないのにね。



最近はまるで、みんなの母ちゃんみたいに「就活、いつからすんの!?お尻に火がついでるよ!」って怒ってるもんなぁ。

みんなも負けずに、「大丈夫、消火器持ち歩くし。」
なんて返すから、
ほとんど傾聴どころではないんですけどね。face07


メディカルコンサルタント当時から、専業ではないにしても、あしかけ四半世紀も相談業務に関わる仕事をしていてもこうなんだ。

なんてこったい な 未熟もん。ik_75







去年まで色とりどりだったチューリップが、今年は“祖先返り”したのか、ほとんどが白花になりました。



「しっかりやんなさいよik_20」って聞こえた。













  
  • LINEで送る


2017年04月23日

本質を生きるんだ





昨日はCCNK主催のキャリアコンサルタント交流会がありました。

関西各地から27名のキャリコンや周辺職種の方々が集まってくださり、この職種にしては柔らかいムードで人間味あふれる交流会になったかなと思います。
それもこれも参加していただいた方々が、「よし!楽しもう!」と思い、“場づくり”をしてくださったからです。
みんながムードメーカーで、みんなが傾聴できる人の集まりは居心地良いです。
ありがとうございました。

また秋ごろ、どこか自然の風景があるところで開催したいです。

今度はどなたか主催してみませんか?


ところで初めに自己紹介をしたのですが、キャリコンの集まりだし、その情報交換なんだから、それに関わることを語らなきゃと直前まで思っていたのに、順番が来てしゃべったことは「自給自足がライフワークです。etc・・・」icon10



それだけならまだいいんだ。

交流会でお話し足りない方が大勢おられたので、渉成園という素晴らしいお庭で車座になり、夢を語っておひらきという時にも、私はキャリコンのキの字も話せなかった。

これも、他の方が話すことに感動して聴き入ったま、自分の番がやってきて、話したことは、
仕事のストレスは土をさわることで癒されること、
そのかけがえのない大地を未来の子どもたちにも引き継いでいきたいこと、
いつ死んでもいいと思う今日を重ねて生きること、

って・・・・・ (+o+)


キャリア形成や就職支援や、キャリコンビジネスに関わる話を最後までしなかったよな。



それはなぜか?
と、今日畑の中で考えた。



ひとつは、人々の仕事人生にかかわられている方々に、やっぱり第一次産業のことも考えの中に入れて欲しいと常々思っていたこと、
カウンセラー側がストレスを抱えているケースによく出会うので、セルフケアのために家庭菜園をすすめたかったこと、
相談業務に携わる人は、やはり自分なりの哲学をもつことは必須だと感じているから、

そんな気持ちが潜んでいたのかな。





4月21日と今日、家の近所の名残桜に会いに行った。
まだこんなに美しいです。















家のほんの近くに、3月半ばから徐々に咲き始め、今も3分咲きの山桜の木が1本あることも、夢のようにありがたいな。

この桜を見ていると、もう包み隠さず本質的なところをどんどん表現して生きていこうと思うのです。
50代最後の年。






過去の4月19日の日記
http://self.ikora.tv/y0419


過去の4月20日の日記
http://self.ikora.tv/y0420







  
  • LINEで送る