2017年04月23日

本質を生きるんだ





昨日はCCNK主催のキャリアコンサルタント交流会がありました。

関西各地から27名のキャリコンや周辺職種の方々が集まってくださり、この職種にしては柔らかいムードで人間味あふれる交流会になったかなと思います。
それもこれも参加していただいた方々が、「よし!楽しもう!」と思い、“場づくり”をしてくださったからです。
みんながムードメーカーで、みんなが傾聴できる人の集まりは居心地良いです。
ありがとうございました。

また秋ごろ、どこか自然の風景があるところで開催したいです。

今度はどなたか主催してみませんか?


ところで初めに自己紹介をしたのですが、キャリコンの集まりだし、その情報交換なんだから、それに関わることを語らなきゃと直前まで思っていたのに、順番が来てしゃべったことは「自給自足がライフワークです。etc・・・」icon10



それだけならまだいいんだ。

交流会でお話し足りない方が大勢おられたので、渉成園という素晴らしいお庭で車座になり、夢を語っておひらきという時にも、私はキャリコンのキの字も話せなかった。

これも、他の方が話すことに感動して聴き入ったま、自分の番がやってきて、話したことは、
仕事のストレスは土をさわることで癒されること、
そのかけがえのない大地を未来の子どもたちにも引き継いでいきたいこと、
いつ死んでもいいと思う今日を重ねて生きること、

って・・・・・ (+o+)


キャリア形成や就職支援や、キャリコンビジネスに関わる話を最後までしなかったよな。



それはなぜか?
と、今日畑の中で考えた。



ひとつは、人々の仕事人生にかかわられている方々に、やっぱり第一次産業のことも考えの中に入れて欲しいと常々思っていたこと、
カウンセラー側がストレスを抱えているケースによく出会うので、セルフケアのために家庭菜園をすすめたかったこと、
相談業務に携わる人は、やはり自分なりの哲学をもつことは必須だと感じているから、

そんな気持ちが潜んでいたのかな。





4月21日と今日、家の近所の名残桜に会いに行った。
まだこんなに美しいです。















家のほんの近くに、3月半ばから徐々に咲き始め、今も3分咲きの山桜の木が1本あることも、夢のようにありがたいな。

この桜を見ていると、もう包み隠さず本質的なところをどんどん表現して生きていこうと思うのです。
50代最後の年。






過去の4月19日の日記
http://self.ikora.tv/y0419


過去の4月20日の日記
http://self.ikora.tv/y0420







  
  • LINEで送る


2017年04月08日

ひとり フロー体験










近頃は両親の介添えで忙しくしています。

母が動けなくなると父が一人で自活できなくなり、一人は病院、一人は支援付きシニアハウス等に入居するのが理想的なのでしょうけれど、
二人はやっぱり同じお部屋で過ごすのが良いらしく、無理難題を解決していく必要があります。



お世話になっているケアマネジャーさんなどのサポートも得て、短時間で入居施設を決め、次の医療機関への紹介状を手配し、引っ越し準備をしながらも、痛む母の体のケアをし、
立っていられない親のために、軽トラックで、まずは横になれるだけの寝具を運び・・・


あ~

怒涛のような数日でした。




仕事の方はというと年度末、年度初めで、これまた多忙で、
こんな時に限って相談予約がつまっていたり、
セミナーがかつてないほど大人数の参加者だったりと、
重なるんだよね。


そんなここ数週間で体験しているのは、
いわゆる“フロー”な状態の自分自身です。

フロー体験とは、M.チクセントミハイが唱えた言葉ですが、集中している時や課題に向かって取り組んでいる時に、本来の自分の実力以上のものが発揮できたり、
または集団で何かを成し遂げたときなどに起きる、至福の感覚といったことです。


近頃の感覚としては、クライエントが目の前に座った時点で、膨大な情報がクライエントから流れ込んでくるような感じがあるのです。

でも「膨大」ではあるけれど、受け止めるのはとても簡単で、クライエントの話が始まると、一瞬でクライエントと同じ状景を見ている感覚をもちます。

そんな時はクライエントの方もそれが伝わるのか、安心して沈黙しています。
そしてそのような時間を共に過ごすと、クライエントが自分自身で必要な浄化をし、本質的なところの自分と繋がっていこうと動き始めるのです。

単なる就職支援の相談から始まっても、近頃は、その人が本当に望んでいた自分の姿や在り様を、クライエントが自主的に深掘りし始める傾向があります。
その変化に私がまた感動し、“フロー”はさらに大きな渦になるのかもしれません。




多忙さがこのフロー体験を生み出すきっかけになったとしたら、両親に感謝をしなければなりません。





今日、森の恵みが届きました。
食糧をいただくと、
「あなたは生きていく値打ちのある人だよ」
と言ってもらった気がして安心できます。





いつも
ありがとうございます。











  
  • LINEで送る


2017年02月25日

ストレスチェック制度、みえてきた課題






勉強会情報です。
ストレスチェックに関わって仕事をしている方だけではなく、一般の方も参加可能です。
今回は少人数制ですので、ご希望の方は下記へご予約ください。



NPOキャリアコンサルタントネットワーク京都 
3月能力向上会のお知らせ

テーマ:ストレスチェック制度について  
~その背景と現状、みえてきた課題~


2015年12月から義務付けられた「ストレスチェック制度」の現状と見えてきた課題について、この問題に深くかかわっている講師からレクチャーを受け、「今後のキャリアコンサルティング活動にどう生かしていくか?」を、共に考えるセミナーです。

日時:
3月18日(土)13:30~16:30
場所:
東山いきいき市民活動センター会議室1 
(京阪三条より徒歩10分)
参加費:
一般の方=1,000円、CCNK会員=無料  
参加料は当日申し受けます
※定員14名になりしだい締め切らせていただきます。

講師:井上 暁氏
シニア産業カウンセラー、2級キャリアコンサルティング技能士
NPOキャリアコンサルタントネットワーク京都 正会員

【申し込み方法】
一般の方:CCNKホームページhttps://www.npo-ccnk.com/からお申し込みください。
CCNK会員:担当理事(阪本)までお知らせください。





皆さまは所属する事業所等で、すでにストレスチェックを受けましたか?
私は仕事柄、自分のストレスチェックの結果を同僚と見せ合い、このチェック制度の仕組みも含めて話をしました。

個人的なストレスチェックの評価は、
「あんた、もうちょっと悩めよ。」
と言われるような結果でした。

    スミマセン・・・



円形脱毛が起きるほど悩んだ時期があったことは、今となっては自慢話と化しました。face03




                         icon12                             icon12                   icon12                     
  icon12                        icon12

                 icon12  icon12                        icon12   
                                  icon12   
  icon12


過去の2月22日の日記
そうだ!木を植えよう!
http://self.ikora.tv/e553698.html


過去の2月23日の日記
春の胎動
下條ユリちゃんと
http://self.ikora.tv/y0223



過去の2月24日の日記
歴史の山、天王山
アオリイカ
http://self.ikora.tv/y0224



過去の2月25日の日記
http://self.ikora.tv/y0225
行き道は いずこの里の 土まんじゅう








  
  • LINEで送る


2017年01月17日

母と傾聴力










今の季節だけ味わえる無濾過の生酒には、
母が作ってくれる大根の甘酢漬けが最高のマッチングです。


しかもこの大盛りがいいんだ。

柚子の皮も香りづけなんてもんじゃない。
これっくらい奮発した方が今の時期はいい感じ。


風邪をひいて、
4日もお酒を飲む気がしなかったけれど、
久々に口をつけると
これがまた。。。。。

あの世にいざなうほどのおいしさです
・・・・・・ よ。ik_49 face02




和歌山の実家付近は、高速道路のインターチェンジができたおかげで、段々と我が家の田畑もみかん畑も農地以外のものになっていきます。

今はもう家の周辺で、自家用の米、野菜、梅、柑橘を細々とつくるだけになりましたが、
母は、足が痛い腰が痛いと言いながらも、
やっぱり季節がきたら種を蒔き、保存食をつくり、ご近所に配ります。

いつの間にか、わたしよりよほど社交的になり、友だちもいっぱいいます。
そしてカウンセラーのわたしより、時には傾聴力を発揮しています。

もちろんその対象になるのは
家族以外の人のみですが。face07





            icon06  icon12     icon12  
  icon12


                  icon06    icon06     icon12   
                           icon12
                                                 icon06           icon06                    icon12
        

                  icon12




過去の1月16日の日記
http://self.ikora.tv/y0116




過去の1月17日の日記
http://self.ikora.tv/y0117













  
  • LINEで送る


2016年12月05日

2級キャリアコンサルティング技能士検定、面接対策研修






私も所属しているNPO、「キャリアコンサルタントネットワーク京都」では、
12月23日に恒例の、
キャリアコンサルテイング技能士の検定対策セミナーを実施します。

23日はいよいよ面接対策ということで、
受験された方の7~8割が苦戦している「実技」に絞り、
経験豊富な講師が的確にご指導いたします。

詳しくはこちらicon15
http://www.npo-ccnk.com/能力向上会/ccnk公開セミナー/


このセミナーは国家資格キャリアコンサルタントを受験される方にももちろん効果的なものですが、
検定等を受験されない方も、ブラッシュアップには最良の内容です。

自分自身へのクリスマスプレゼントに、能力向上の機会を与えてあげませんか?




icon12    icon12


             icon12  icon12                                        icon12





森の中を歩いていて見つけたお茶の花。

今では人影もない深い森の中だけれど、
その昔はこのあたりに誰かが住まいをしていて、
栽培していたお茶かもしれません。

そんなことを想像すると、
この花からひとつの物語が降りてきた気がしました。


  続きを読む
  • LINEで送る


2016年09月25日

何かの訳があってのこの人生。









秋は何かと行事の多い時期のようで。

お祭りや運動会を筆頭に、その行事の多くは子どもの頃の記憶しかありません。



私が子どもの頃の小学校の運動会は町をあげての行事で、どこの家も家族総出のようなお祭りでした。

我が家も前日からお弁当を仕込み、いろいろな準備をしていましたが、私にとってはその風景のなかにワクワク感や楽しさという記憶はほとんどありません。



何しろ心配症が高じて、子どもの無邪気な楽しみの芽まで気づかずに摘んでしまうような母親に育てられ、
子どもの私もそれに抵抗できずに、まるで母という裁判官に常に見張られていると勘違いしていたような子供時代でしたから、そりゃもう、長い暗いトンネルに入り込んだような幼少期でした。

このブログにも何度か書いたけれど、保育所に行くとき(5歳くらいかな)、途中にあった橋の上から下を流れる川の流れを見つつ、なにかカナシイというような感覚を常にもっていたことを思い出します。
保育園児の頃でそうだから、小学校の運動会も単純にうれしい!楽しい!という気持ちは少なかったんだと思います。

うれしい気持ちより、母が心配しないように徒歩競争で転ばないようにとか、母が恥ずかしくないふるまいをしないと、というような気持ちが先立ち、自分が喜ぶことは悪だと信じていました。
実際に母には、学校であった楽しいことを報告しようと話し始めても、そんなに笑うなと言われました。
「あしたはどんな辛いことがあるかわからないから」と。

大好きなお母さんが言うからには間違いない。

もうこのあたりから幼いあおいちゃんの心の中に、生きていくことはツライもの ということが刻印されたのです。

icon11 icon11 icon11



来年の春から小学校へ上がる幼稚園児を対象に、小学校のおねえさんやおにいさんからお祝いのお菓子が入った小袋をもらえる、みんな大興奮のかけっこ競争のときです。
スタートラインに立った幼稚園児のあおいちゃんはラッパが鳴っても走り出せず、おおあわてで元気いっぱい、小袋めがけて走るお友だちを見て、心とからだが硬直したようになり、

動けませんでした。


家族のいる場所へ帰っていくと母やみんなが、「どうしたん?お腹でも痛いんか?」と聞きました。

心配されたくないから「おなか痛うない」と言いました。

「ほんならなんや!みんなといっしょに走らなあかんやろ!」と怒られ、わたしもみんなといっしょに元気に走りたかったと思いました。

でも、その時のことは大人に説明しようがありません。

ただ、くやしいのかかなしいのか、ひとりぼっちを感じてポロポロと泣くしかなかったのです。

様々な場面で、そのような言うに言われぬ体験がわたしには長くありました。











今、カウンセリングの場面でクライエントが話す言葉に

「なんでそこでそう思うの?!」とか
「そんな不合理なことで、そこまで悩んでる?!」と感じる人は珍しくありません。



そんなとき、「言うに言えない」とか、話す言葉も浮かばなかった幼少期のこのような体験は、カウンセラーである私を支えてくれます。




理論でわかっていることや心理学として体系づけられたこと以外に、臨床の場で起きる生々しいクライエントの生を、どんなふうに受け止め、理解し、クライエント自身がより良い方向へ一歩を踏み出せるのか、
畑をしながら、そんなことを一日中考えていた日でした。







icon12       icon12              icon12






求職中のクライエントさんが持っていた布バックicon15




 ヾ(≧▽≦)ノ  


「シュウーカツしてる?」って言い過ぎた? face10icon10





















  
  • LINEで送る


2016年09月03日

心身の不調、どこに行けばいいの?












暑い暑い夏が過ぎ、お疲れ気味の人が多いのかな~?


調子がイマイチなんだけど、どんなとこで診てもらったらいい?
というようなお尋ねをいただくことがあります。
また、
病院へ行っても どこも悪くない と言われたけれど自覚症状がとれない、といった相談もあります。
そこで、ざっくりと平たく“交通整理”をしてみます。


まず、メンタル面がお疲れ気味という方で、西洋医学や投薬治療などにも抵抗がない方を対象にご案内します。

うつなどの精神的な疾患じゃないかと自己診断で思う時や、
眠れない日が続く、
無気力・無関心・無感動が一気にやってきた、
理由もわからず泣けてくる、
学校や会社に行けなくなった・・・等々の時。
➡精神科のある病院か、メンタルクリニック(精神科専門の診療所)などの医療機関が適切かと思います。


一方、精神的な病気かどうかわからないけれど、
腹痛、頭痛、疲れやすい、めまい、耳鳴りなどの身体症状がある時で、
検査では特に異常が見受けられないような時
こんな時は、
➡心療内科or統合医療等が受けられる医療機関or漢方医などが適切でしょう。
ここでの注意は「心療内科」の選択です。
精神科の医師が「心療内科」を標榜しているクリニックがたくさんありますので、数少ないほんものの?心療内科にかかることが大事です。


その他、
病的な不安やノイローゼ、自律神経失調症などは神経科が妥当かと思いますが、素人判断をせず、一度は内科や脳神経外科で検査をすることも必要かもしれません。

参考⇒http://body-thinking.com/column/clm_distinction.htm





西洋医学ではない代替療法(西洋医学に代わるもの。例=各種心理療法、鍼灸あんまマッサージ、ホメオパシー&バッチフラワーなどの各種レメディ、メディカルアロマ、断食療法、食事療法、果てはご祈祷etc・・・・・)を受けたい方については、代替療法は玉石混交だし、その個人に合う合わないという要素が大きいので、自分でよく調べて納得したものを選ぶことが、最も効果を得やすいと思います。
私は確かにシャーマニズムについては、沖縄にて4年間じっくりその臨床を調べ、様々な超能力的体験もしましたが、だからといって自分自身はサイキックな能力は今もありませんし、ユタさんみたいなこともできませんので、そっちの期待は他へ求めてくださいね。



そして。。。

一番大事なことは、やっぱり
『病気になりにくい心とからだづくり』、
これに尽きると思います。




9月から数年ぶりに、セルフケアのお仕事も動き出しました。

脳を活性化させて、
まずは自分自身のサニーブレインhttp://self.ikora.tv/e1214033.htmlを増幅させていこ~icon12 

 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! icon12icon12








【オマケ】
うちの家族のひとりです。

















  
  • LINEで送る