2009年02月28日

めまぐるしい人生

こんど小さな集まりでおしゃべりしますんですわ・・・やまさきあおいのドーデモイイお話し。

京都EM loveさんの月例会で。


“ご案内”のFAXを見たら、あおいさんの人生におけるめまぐるしい変化や
「将来、何をなさりたいのかなども聞き出してみようと思います。」と書かれてあって、
少々、おじけづいています。face03icon10

50にもなって「将来なにをなさる?」 って聞かれてもなぁ。。。。。icon04



遊食邸 http://www.souzai.or.jp/CL01_03/12_S1.pdf#search='遊食邸' の自然食弁当をいただきながらの気楽な会らしいので
まぁひとつ 茶化しに来てください。



3月12日(木)  18時30分から
ソニー生命京都支社 会議室  (四条烏丸、東南角 FTスクエアービル7階)

お弁当の注文があるので、ご参加には予約が必要です。会費は2000円だそうです。
予約⇒遊食邸の関さん (T/F)075-494-6445



今日は久々のicon01。植物園をプラプラしました。
クラゲみたいなまんさくの花。





寒あやめかな? 葉っぱに隠れるように咲いて、まるで昔の乙女のよう。
             ・・・現在はオトコをかばう、たくましい女たちが多くなったケド。icon11



ik_09どれもみんなきれ~いだねik_06






  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 16:49Comments(0)イベント情報

2009年02月24日

アオリイカでゴザイマス。



本日のお客さまはこちらのアオリイカさま。ik_93

釣り上げられたのはニコラスさん。
http://blogs.yahoo.co.jp/nikorasug

すさみ町の海と里の大学では、町の名人方が
豊かな自然と、町の財産を生かした遊びや技術を教えています。
ニコラスさんも優しく楽しいインストラクターのおひとり。

中でもアオリイカ釣り体験は盛況ですik_20
http://tabihatsu.jp/program/62140.html

この体験はナンといっても釣ったイカを料理し、その新鮮なほんものの味を楽しめるのがサイコーですね。
まずはやっぱりお刺身でしょう。
糸づくりにしても美味ですが、厚みのあるところをプニュ!と噛む楽しみを味わうならこのくらいの
ワイルド造りがいい。


                   ごちそーさんでございましたik_70



冷凍でいただいたアオリイカですが、解凍しても吸盤が手に吸い付くことにビックリik_86face08
そんな吸盤もろともクリームパスタに。ik_27





アオリイカ泳ぐ海、 山桜の蕾ふくらむ里山。
さぁ、ひと足早く暖かくなった南紀へ遊びにでかけよ~icon18 or icon17 or icon16 ik_19 face02 


それにしてもニコラスさん、
釣りに行ってばっかりで・・・・・たまにはブログも更新し~やik_95








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 16:00Comments(0)ある日のお客さま

2009年02月21日

ワンネス

かれこれ15年ほど前、賢治の学校 という集まりにでかけていました。
そこでは宮沢賢治の本を朗読し、
皆でテーマを決めてフリートークをしたり、“放課後”は飲み会になる時もありました。

だからかもしれませんが
時々、強烈にからだのなかを駆け巡る節があるんです。


近代科学の実証と求道者たちの実験と
われらの直観の一致に於て論じたい

世界ぜんたいが幸福にならないうちは
個人の幸福はあり得ない



正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識して
これに応じて行くことである



これは戒めのようでもあり、
迷えるわたし(たち)へのエールのようでもあり。



あなたにとってはどうですか?





ついでだから序論だけ移しますね。

農民芸術概論綱要
宮沢賢治



序論


……われらはいっしょにこれから何を論ずるか……


おれたちはみな農民である ずゐぶん忙がしく仕事もつらい

もっと明るく生き生きと生活をする道を見付けたい

われらの古い師父たちの中にはさういふ人も応々あった

近代科学の実証と求道者たちの実験とわれらの直観の一致に於て論じたい

世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない

自我の意識は個人から集団社会宇宙と次第に進化する

この方向は古い聖者の踏みまた教へた道ではないか

新たな時代は世界が一の意識になり生物となる方向にある

正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行くことである

われらは世界のまことの幸福を索ねよう 求道すでに道である




あの世へ行ったらお会いしたいです。。。。。
 icon12icon12face06icon12icon12







  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:12Comments(0)百姓日記

2009年02月19日

祝・新社屋

世の中、未曾有ともいえる不景気で国内外とも課題をいっぱい抱えたまま、
さらなる悪条件のただなかに突入しようとしていますが・・・・


こんなご時世において
な~んと、新社屋を建設しはって、
しかも、一部の部屋のシャンデリアはベネチュアガラス?face08。。。  はぁik_19
        あのな、 ホテルやないんやから。。。。。 

社員さんのロッカールームのミラーなんて
フラダンスのお姉さんの腰つきみたいにくにゃくにゃしたおもしろい鏡がついてて、
トイレの手洗いのレバーも、社員食堂の雰囲気も、
こまかいところや、見えないところにもそない、こだわらんでも・・・みたいな贅沢さですワ。



でもこの社屋、
特徴はくにゃくにゃの鏡でもトイレのレバーでもなく、
コンセプトは『

この地球上に住み、今はこの土地を拝借し商いをさせていただいていることで、
どんな形で未来から「ありがとう」と言ってもらえるか
そんなことを考えている会社なんですね。


そんな会社と社員さんたちだからこそ、
今このご時世においても、
「お蔭さんでウチは右肩上がりで・・・ありがとうございます」な~んて言えるんやろーな。icon12


我が家とその一族?face02は、この会社が作ったエンバランス等に、ここ10年以上お世話になっています。
いろいろな商品がありますが、まずはエンバランスタンクがおすすめです。
大阪に住むようになってもこのタンクが二つあれば、浄水器なしでも安全安心おいしい水をいただくことができます。
なぜおいしくなるのか説明するにはニューサイエンスの世界ゆえ私には困難ですが、飲めばわかります。ik_73ik_20
飲めばわかる。 とても大事な要素ですね。
女は子宮でモノを考えますから、体感することはストレートにジャッジしますからね。
理屈じゃないんだ。

株式会社 ホワイトマックス⇒ http://www.whitemax.com/


















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:51Comments(0)出かけてきたよ

2009年02月16日

都会でできるエコ生活

大阪のマンションの我が家のベランダ

太陽が出た日はいろんなモノが日光浴icon01



野菜とお花が語り合うプランターface02



ヒヨなどが平気でやってきて野菜を無銭飲食していく!face09icon08  ちょっと残しといてやik_95


ヨモギはパンにいれるので、すさみ町の渓谷から一株もらってきた。山みつばも。
食用ビオラと共存中




生ゴミ堆肥作りはマンションだってできますよik_20

お米がはいっていた紙袋の中に、
腐葉土、糠を同量程度入れ、その中に生ゴミを適当な大きさにして入れて袋を振る。
                                                  以上!!




数回入れて重くなればそのまま放置 ⇒ 充分発酵して生ゴミの姿が消え堆肥になったら、
プランターなどで使用できます。


うまく発酵すれば、それほど土の量は増えません。 成功のしるしik_73
寒くて発酵が遅い季節は、EMなどに助けてもらうといいね。

  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 11:38Comments(0)ヘルシーエコライフ

2009年02月12日

熊野地方のお泊りは・・・

前回ご紹介した、南紀州の山桜に会いに行かれる時は
是非、 ゆっくりとお泊りしていかれては?


オススメの宿 あります。


安くて、寛げて、おいしくてヘルシーなお宿をふたつご紹介いたします。


本宮町の「熊野出会いの里」とすさみ町の「琴の滝荘」。
ふたつとも“お気に入り”に入っていますのでチェックしてね。




琴の滝荘 は周囲を桜の木に囲まれていて、その花びらが風に吹き上げられる様は
静かな森のなかにあるだけにゾクッとするほど美しいのです。

そしてここの特筆すべきはナンと言っても、ひまわりのような大野広子シェフの自然食。
広子シェフの囚われのないゆるやかな穀物菜食料理は、
育ち盛りの子どもたちも大満足ik_64のこころ配りがされています。


熊野出会いの里 は女将の佐代ちゃんが植えられた枝垂れ桜が
今年あたりからいい感じで、風にゆれる姿が見えるんじゃないかな~
里長と、熊野の神秘性や神々のよもやま話しに興じる奥深い愉しみも他では味わえないですね。


あ、そうそう
お土産は、出会いの里の“天恵卵”をたっぷり使ったロールケーキを是非とも! チョコレートロールはバレンタインdayにもいいよicon06
田辺市下万呂(しもまろ)のカフェ マイユicon290739-26-6012 で買えます。 限定ものゆえ、予約しておいた方が良いと思います。



今年のサクラも たった一度きりの出会い。
こんなご時世だからこそ
どうか良き春を。
どなたさまも。





  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:37Comments(0)エコなショッピング

2009年02月11日

早咲きサクラ 

紀州はひとあし早く季節がやってくるのよね。
場所は紀勢線 椿駅。

色は濃いけど
これは紅梅ではありません。

さくら です。  桜 サクラ咲く。









南紀は山桜が実に見事です。
日本のいろんな所を旅したし、住みもしましたが 
(1988年からこれまでの引越しは10回!)
山々を染めるサクラは、南紀州がイチバンです。

その刹那な妖艶さと、
フィロソフィカルともうつる散り際のうらはらさは
熊野という場で種を落としたサクラだけが
舞うことのできる生き様なんだ ・・・・・・



本番はやっぱりあのはかない淡いピンクの山桜。

3月下旬からその舞台は始まります。










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:05Comments(0)ひとりごと