2018年07月25日

パッと咲いたらサッと仕舞う








職場では自称、“園芸・装飾部長”です。でも部員はいません。

誰に頼まれたわけでもないのに、校庭の空いたスペースに花やハーブを植え、
玄関先には生け花を飾り、
各所に観葉植物を置き、
休みの日まで水やりや草取りに行ったりします。

それまでは、この広い建物内に緑がひとつもない環境でしたから、いくら公共施設とはいえ殺風景で、就活に励んでいる人たちも潤いが欠乏しちゃうよ・・と思い、
家から1つ2つとお花や緑を持ち込みました。
今では職場で増えたハーブや観葉植物を職員さんにお分けするほど成長し、持ち帰られた植物が転勤先でも育っているようです。

自然界から切り離し、家屋内に持ち込んだ花や緑は、
寿命が縮むことを覚悟で人の近くで咲いてくれます。
だからいちばん美しい姿で咲かせてあげたいと思います。
そして2~3日、
もっともきれいに咲いた後は、
サッと片づけてしまいます。


「え?昨日あんなにきれいに咲いてたのに?もったいない・・・」
と言われても、引き際が肝心。

花がもったいなくなるまで生けていては、クタクタになった姿を人に見せてしまいます。

花畑もそう。
こぼれ種で咲いてくれたひまわりたちも、





種を残す株だけ残し、花が終わりそうになったものから、さっさと仕舞っていきます。



・・・・・ でも
人間は年をとったからってこうはいかない。

だから、
なるべく清潔で明るい年寄りになるべく、日々努力なのだ!ik_95



まぁ。。。

努力が報われているかどうかは別にして。face03















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 20:58自己実現

2018年07月18日

普段の心、どっち向き?







日常的に、または「普段」どんなことに意識が向いているかなんて、
それこそ意識していないから日常なのでしょうけれど。

でも、この何気なくやってしまっている言動とか、癖のようになっていることこそが、その人の個性や特徴になっていることは確かなようです。
自分が何気なくやることとか癖は、積もり積もって「私」を形成していき、他者に伝わるその人のイメージにもなります。

具体的に表すと、仮にAさんタイプはいつもうれしいことや、ちょっとステキな出来事をキャッチしやすいタイプで、放つ雰囲気も明るさがあり、話しかけやすかったりします。
一方Bさんタイプは、知らず知らず腹の立つことや嫌な事件などに目が向いており、それをまた周囲の人と話題にしてしまうタイプです。
できれば近づきたくなかったり、無意識に避けられている人かもしれません。

また、Bさんタイプの人が家族や職場にいる場合は要注意です。
人間の心って水と同じで、放っておくと低い方へ低い方へ流れていくものだと思うのです。
意識して努力していないと、誰もがネガティブな思考パターンに陥る可能性があり、特に一番長い時間一緒にいる家族のなかにBさんタイプがいる場合は、影響を強く受けてしまいます。

これもまた家族本人も“知らず知らず”のうちに・・・です。


Aさん、Bさん、それぞれが日常のパターンになり、1年2年と年を重ねていくと・・・
本人も周囲も、歩む人生が大きく変わっていきそうです。


なんで今日はこんな話になったかというと、「第一印象」についてレポートにまとめている最中だからです。
この「第一印象は何でつくられるか」というまずのテーマを調べていると、やはり本人の考え方の癖と生活ぶり、生き様がそのまま第一印象をつくっているようです。
逆に言えば、第一印象にはその人の考え方までが現れるということでしょうか。

自分の人生だけではなく他者にまで影響してしまう、
自分の心の向いてる方向と口にする言葉たち・・・・・



わたしのような、本質的根暗人間だからこそ努力していることは、 「カタチからはいる」ことです。
何十年も付き合ってきた性格は、そうそう変わらない。
だけどなりたい自分に近づきたい。

そんなときは、ニッ(*´ω`*)という笑顔と
(つくり笑いで十分!それでもNK細胞だって高まるんだって。)
小さなHappyを分かち合うことなんだ。

そのために15年間このブログを書いてる気もします。

あ、
第一印象に戻るけど、
第一印象って、努力で変えられるんだってよ。

ガンバロっと。ik_39










少し前のうっそうとした森の中





神秘的でもある植物たち。









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:17人心緑化自己実現

2017年12月21日

ダイエット、肥満改善に成功するために









なぜ太るのか?

これは、薬物の副作用などではない限り、
間違いなく、摂取カロリーが消費カロリーを上回っているからです。

「太る体質」とか「太る遺伝子」のせいにしてはいけません。(^^)/
「水を飲んでも太る」と思っている人は、飲食したものを書き出してみましょう。
きっと、水だけではなかったことがわかるはずだから。face02


2000年から始めた「医療を自給する」という活動の中で、肥満改善についても万病予防のためには必須項目でした。

ダイエットに失敗する人は「やらねばならぬ」と思いながらイヤイヤやるので、失敗したり、リバウンドしがちです。
健康上のものでも、美容上のものでもポイントは同じです。
痩せて美しく、そして健康になりたい人は、以下のことを是非やってみてください。


それは、
あまり努力していないのに、理想の体型を保っている人の習慣を真似ることです。
周囲を見渡せばきっと1人くらいはいるものです。

「理想の体型を保っている人の習慣を真似る」
この時に、効果を出すためにもう一つ大事なことは、体型を保っているだけではなく、あなたがなるべく好感を抱く人の方が良いです。
なにしろ真似をするのですから、楽しくダイエットに取り組むためにも必要なことです。

誰を真似るかが決まったら、その人を観察し、できればインタビューもさせてもらって、自分にできそうなことからひとつずつやり始めましょう。
やることを意識づけるために、紙に書いて見えるところに貼る。
2週間連続で真似ができたら、もうひとつ増やす。

そんな悠長にひとつずつなんて性に合わないと思う人は、2つか3つを同時に始めます。

ダイエットに失敗する人は、「ダイエットしなければならない」「医者にも痩せろといわれた」というような、嬉しくない感情がベースにあることが多いように思います。

なりたい自分をイメージした上で、そうなっている誰かを観察し、そのように実行するのが成功の秘訣です。
「あんなふうになりたい」と思う見本が身近な人であるほど、リアルな情報がつかみやすい点もメリットです。



でも、モデリングになる人がいない方に、
これをやれば変化がないわけがないという具体的なことを二つ。
1、1日のうちの1食目は、「おなかすいた~!」という実感があっててから食べる。
2、よく噛んで食べる。具体的には最低でも一口20~30回は咀嚼しよう。

「おなかがすいてから食べる」これはとてもとても大事なことです。
それに時間や習慣で食事をするより、空腹時の食事の方がおいしい=幸せ感も味わえるので満足度は高く、続けることができます。
仕事をもっている人も、おなかがすいてから一口大のおむすびを食べられるように工夫をしてみてください。
私自身は30代半ばに、「おなかがすいてから食べる」をやり始めましたが、ほとんどの日は昼食時までおなかはすきませんでした。
当時は夕食を終える時間帯が21時頃でしたから、まだ消化されていないところへ朝食を摂ることが胃にも負担になっていたのか、「おなかがすいてから食べる」をやり始めてから、動きも軽くなりました。
習慣や思い込みで、内臓にも負担をかけていたことを思い知りました。

咀嚼については、え?20回や30回でいいの?と思いました?
でも、案外そんなに噛んでいないから、一度数えてみてください。
咀嚼の効果は、満足中枢に働きかけるという他に、唾液による殺菌力と、噛むことが脳に良い影響を与えるらしいです。
やってみればからだが変化を教えてくれます。

ダイエットは、油分や甘いものなどNGを避けることや、あれダメこれダメでは・・・
顔に出ますゾ!

ちゃんと動けるからだや、食べ過ぎるほどの食物に囲まれている現実に感謝しつつ、楽しく減量していこう~ik_20








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 11:46自己実現

2017年10月28日

遠慮なく、夢を叶えよう!






9月末にロームシアターで行われたホリスティック医学協会のイベントhttp://self.ikora.tv/e1300379.htmlで、書ききれていなかった奥平亜美衣さんという方の「目覚めろ!あなたの中の引きよせパワー」について。
これまた自分のメモとして、実行を続けるために書きます。


実はその通りだと思っているくせに、この引き寄せの法則だとか引き寄せのハウツーだとかの言葉自体に引いてしまう自分がいます。

面白い反応だなぁと思いつつ、原因は何であるかが想像がつくので、
。。。。。まぁいいか。

このイベントでは、沖縄でのスピリチャルメディカルツアーに参加してくださった船戸クリニックhttp://www.funacli.jp/の院長や、懐かしいメンバーと再会したこともあり、奥平さんという方の講演の時は外の芝生でその方々と交流タイムにしようかと思っていたくらいでしたが・・・
聴いてて良かった!
この方の情報は、身近な感覚をもててシンプルでとても良かったです。


ではいきます。
【夢の叶え方】
1、願う
  ・夢なんか叶った覚えがないよと言っている人は、明確に自分の夢をもっていましたか?まずはどうなりたいか夢を描こう  
  ・制限(自分が置かれた環境、状況)を外して、本心から願いましょう

2、今日1日の中で幸せ探し、いい気分探しをしょう
  ・嫌なことの中にもいいことを探す
  ・ごく小さなことでOK,心を先に幸せで満たす

3、やりたいこと(小さなことでOK)を実行に移す

4、自分を好きでいる

ポイント
*願いを叶える方法を考えなくて良い
*2~4は毎日実行する
単純にハウツーを書くと以上です。


ここからは私の感想と解釈です。

ここでいう「夢」というのは、私利私欲でもいいんかいな?
と思った人いたでしょ?face02

答えは、
「いいんです!」


あなたがどんな夢をもったかはわかりませんが、まずはそこから叶えましょう。
その体験を何度か経験すると、知らず知らずのうちに利他的な夢をもつようになりますから。
これは本当です。(珍しく断言)

だから、一度やってみたら?


お金がかからず、安全なものは体験してみる派なので、私もこの講演を聞いた日からすぐ実行していて、最初の夢は何と!翌日に思いがけないメールをいただき、確実に夢に向かいつつあります。

奥平さんの話を聴くまでは、私は“今で十分満足”という思いがあって、これ以上の夢なんてもったいないと思っていましたが、その場で「これから先はどうなりたいのか、何をしたいのか?」と自問しました。
そこで最初に思い浮かんだことは、楽しいことで何か新しいことを始められますようにと願いました。
同日に聴いた帯津良一医師の話にも、新しいことへのチャレンジが頭や体を活性させるという話があり、それに影響されたこともありました。

でも、「楽しいことで何か新しいこと」って、それじゃあ具体的ではないなぁ・・・➡
60歳からはもっと自由に生きたい➡
何がどうなれば自由なの?➡
とりあえず、あきらめていた好きな服を着て出かけたらウキウキかも➡
え?でも、浮いちゃうよ。しかも仕事柄も考えないと・・・➡
じゃあ、そんな仕事もしているなら仕方ないな、当然だなと自分でも納得できる環境が欲しい➡

てな訳で、それに向かって道が見えてきたところです。



出会うはずもない人、
縁もゆかりもないもの、
自分にはふつりあいだと思い込んでいたもの、
夢の実現には、そんな壁はたいしたことないんだと思います。



あなたも、願い叶う実験してみてください。
面白いから。icon06












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 12:29自己実現

2017年09月30日

「脳と潜在意識でいのち☆きらめく」







あー

貴重な休日が、草取りとふとん干し&片付け、たまった新聞読みで、気が付けばもう夕方ではないか!
でも、記憶している間に、このことは自分のために記しておこう。

久々にセミナーイベントごときで、おったまげ、感動したこと。


9月24日、ホリスティック医学の30周年記念イベントのことです。
http://www.holistic-kansai.com/2017sympo/

このブログを見てくれた人には、要約し過ぎで分かりにくいとは思いますが、私のメモなのでお許しください。

まず、出演者がバラエティに富んでいた。
【DaiGoさん】
「僕の講演のときだけは録音、撮影OKです、どうぞご自由に。」と言われた。
おまけに今日のレジュメも欲しい人にあげますと言われたので、ホリ協事務局もタイヘンだ。(^-^;

メンタリストDaiGoさんは、まるで学術論文そのものと言って良いような、出典元を明記したデータを的確に使いながら、脳に活力を与える方法を教えた。

①1日30分の読書でストレスは68%低下する。

②10分間の「筆記開示*」で緊張と不安を消し去る
 *週に1回、良かったことを3行程度で書き出す

③「グリーンエクササイズ*」を5分程度行う
 *緑の中でのウオーキングなど

この3つを実行する。②については週に1回で十分だという。

数年前に黒丸医師と、彼のパフォーマンスを見る機会があったが、DaiGoはめちゃくちゃ進化していた。
彼の頭の中には、名声とか金儲けなどが占める割合は少ないんだろうな。
何というか、パフォーマンスをしていた頃から、じっくりと人間的に成熟してきたという感じ。
あ、ごめん、生意気で。私にこどもがいればこの年代かなと思って。



【茂木健一郎さん】
本を1~2冊読んでいただけで、たいして期待していなかった。
しかし!
面白さも、伝えた内容も、愛を感じる人物像にも、大満足の講演だった。

話のはじめは、
「ホリスティック医学30周年だっていうけど、ダイジョーブですか?」
「何が大丈夫かって、エビデンスの観点では証明できないようなものを施術していて、ここの方々は医師であることがギリギリの担保としてやってる訳でしょ?!」
の言葉で、満席の1500人が大爆笑ik_20

実際に目に触れる有名人のエピソード(海老蔵、ホリエモン、無農薬りんごの木村さんなど)でグッと注目をさせ、心と脳の話を身近な話題で話されるあたりは、やっぱり頭が良いだけじゃできない。
最も印象に残った話は、
「脳科学では追い詰められた時に、手元のことをきちんとやる。」
それが最も大事なことだという。

私たち一般人はさて、どうすれば良いかというと、
日常の、生きていくために必要になる地道なことをきちんとやる、それなくして何をしようというのか。


茂木さんは、
「僕なんか皆さん見ててわかるように、どっからどう見ても、発達障害と言われるものの、どっかに必ずあてはまるでしょ。ひとり学級崩壊ですよ。」などと笑わせながら、心の中にフッと暖かいものを置いていってくれたような講演だった。

あ~
出演者のあとお二人が書ききれない。

「生きていくために必要な地道なことをきちんとやる」ために、今日はこれにてブログ終了。










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 17:14イベント情報&ニュース自己実現

2017年08月23日

夏休みの宿題、その2










実はお盆から、また受験勉強が始まっています。

よせばいいのに、また難関に挑戦することを決めちゃった。

まずはマンツーマン勉強会で受験の全般的な流れの確認。

この後、月に何回かのセミナーを受けつつ、
毎日少しずつ勉強をする・・・・・


あー
どーしよう。
セミナー代に、テキスト代。お金もかかるぞ。

あー
好きな本だけ読んでいたいのに。

あー
今さらなんで労働法規じゃ!
労働経済の分析じゃ!




まぁ今日は
とりあえず一杯飲もう。ik_85icon10


畑で咲いた小ぶりのひまわりをタンカレージンの瓶に飾りました。

ショートカクテルは、レシピがないから二度と振れない一期一会のカクテルです。

今日は自家製柚子の香りをきかせて。




そうか!
好きなものは覚えようとしなくても頭に入るから、

・・・ バーテンダー試験に切り替えるか。((+_+))



icon06  icon12     icon12  
  icon12


                  icon06    icon06     icon12   
                           icon12
                                                 icon06           icon06                    icon12
        

                  icon12


去年の夏休みの宿題
http://self.ikora.tv/e1222762.html








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 07:57自己実現

2017年06月28日

たった一輪の花が生きた証(あかし)







28歳から31歳まで、フラワーデザイナー(当時はそんなハイカラな名前はなく、“いけ込み出張”と言っていた)をしながら3つの華道教室を主宰していました。

「たった一輪の花が生きた証」という言葉は私の華道教室の指針で、広告に必ず使っていたキャッチコピーでもありました。

華道の世界で生きている時、花は私の生きるための術(すべ)であり、心を表現するための“道具”だったようにも思います。

当時は今と違って、自分の想いを表現することはほとんどできなくて(face08)、華は私の“どじこめた本音”の表現手段だったのです。

その数年後、「教室」という限られた空間から飛び出し、
世界中から集まる花の流通に興味をもちはじめ、フラワーショップに転職したのが32歳の時。

それまでは“気持ち”の表現のための花だったのに、お店に立つとちょっと違った形で、花々との付き合いが始まりました。


大きなイベントで花を飾る
経営者の想いがこもった店舗を花で彩る
人通りが絶えまない空間に花を活ける

いろんなシュチエーションにいろどりを添えてきたけれど、
今、もっとも息づかいが感じられる花を活けられるのは、
たった一人のクライエントを迎える時の一輪です。

クライエントの言語化できない思いやフェルトセンスを共有させてもらえたと思う瞬間は、私とクライエントの間に、二人以外の何かの力動(りきどう)が働いたと感じることがあります。
それが何なのかはわかりませんが、私は感謝と畏敬の気持ちが起こり、自然に頭が下がります。



花や華道を学び、経験したことは、私の人生のすべてに影響していると、四半世紀たってから感じるのです。

もの言わぬ存在であるからこそ、つきあう時に独特の緊張感があり、間もなく枯れていくその日までが愛おしく感じます。















  
  • LINEで送る