2018年06月09日

不妊治療の経験から





今から35年ほど前の、初婚のときのはなし。

子どもが欲しくてたまらなくて、
でもできなくて、
夫婦で話し合い、不妊治療を試みたけれど
それでもできなくて、生理があるたびに泣いて落ち込む。
・・・・・

それでもなお、子どもが諦めきれず、
医師から手を変え品替えですすめられる“新しい”お試し治療を何年も繰り返す。

最後の方の治療は、脳下垂体に刺激を与え、疑似妊娠のからだをつくり、上から下から薬を投与しました。
1回の通院に往復6時間、当時不妊治療は保険がきかず、経済的にも肉体的にも精神的にも尋常ではありませんでした。


いったい何のために結婚をしたのか、
また、なぜ子どもが欲しいのかもわからなくなり、
生きる目的が子どもを生むことこと、そうでないと意味がない・・・・・
などという考えに囚われてしまい、子孫を残せない価値のない自分に嘆き悲しむ日々でした。
この頃から笑えない人になっていたように思います。

ほぼ病気でした。

周囲からも
「もういいよ、止めてもいいんじゃない?」という声も聞こえてこないまま、
これを続ける他は許されないと思い込んでいました。


そのうち
長引く不妊治療の副作用で、ムーンフェイスや肝臓障害、めまいなどのからだの異変だけではなく、精神不安定の極致になり、
医師に告げると、「じゃあ、精神安定剤を数種類追加しましょう。」と。


心身の不調にも関わらず、脅迫的に不妊治療を続けてしまう患者の様子に対して、
目の前の患者の命や健康という観点よりも、
不妊治療専門の医師にしてみれば、「妊娠」という結果が最優先だったのでしょう。

「その病気」だけを診る医学では、よくあることのように思います。



最近、当時の私の様子とそっくりなあなたに出会い、
どうしていいのかわからない、辛くかなしい気持ちが、わたしに乗り移るほどよく理解でき、胸が痛みました。
心もからだも悲鳴をあげているあなたに、
不妊治療の経験者の私であっても、何の慰めの言葉もみつかりません。


ただ、私もその危機的状況を乗り越えたから今があります。

この不妊治療の経験は、私に、西洋医学のみを医療とする現在の医学に疑問をもつきっかけを与えました。
そして気が付けば、いつのまにか「医療を自給する」というテーマで活動を始め、ホリスティックな視野で命を考えるベースができていました。



人生で起きることは、
すべて
必要、必然、ベスト!


意識をしてみると、まったくその通りだと思うことが、その後何度も起こりました。

何かの必要があって、事は、ただ起きているだけ。
そんなふうに思えるようになれたことは、大きな希望となりました。



あなたの頬を涙がとめどなく流れていたのは、
もしかすると、
もうこんな気持ちでいるのは、そろそろやめよう
という決別の涙だったんじゃない?

だから、安易な慰めは言わないよ。
その悲しみや苦しみや孤独のなかだからこそ、
あなた自身がつかみたかった何かが確かにあると思えるから。





さぁ

涙が乾いたら
自分のハートの中に前からあった❝ダイヤモンド❞を磨いてみない?
1日10分でいい、自分がほんとうにやりたかったことをヤル!
自分自身がそれを許可してあげる。
こんなささやかなことが、自分を取り戻す呼び水になります。

自分の中のダイヤモンドik_18の探し方や磨き方がわからなければ、それはお手のものだから、いっしょに作業していけるからね。




こんなわたしの命を支えてくれる畑の作物たち。

モロッコ豆。 鈴なりで、毎日大収穫。
最近はモロッコ豆にご飯を添えて食べるのが我が家流。












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 17:58ひとりごと

2018年05月13日

母の日に






沖縄に住んでいた頃、
内地では知らされることのなかった沖縄の現状や、
その頃学んでいた発達心理のことなどで頭がいっぱいで、
実家のことや親の事を思い出すことは稀になっていました。


あるとき、
久しぶりに和歌山の母から小包が届きました。

「あ~、また送料より安く買える野菜だな、送らなくていいって言わなきゃ。」

と思いながら段ボールのフタを開けたとたん、
みかんの花の匂いが箱からあふれ出しました。
まるで、
箱いっぱいに詰められていた母の想いが、遠い地に住む娘のところに届いたとたん、言葉にならないものがあふれ出したようで、
わたしも不意に涙がこぼれました。

箱の中には
不揃いの野菜たちと、
咲き始めたみかんの花が香る一枝と。









今日は電話しなきゃです。

あのみかんの花の香り、
今はまだ匂えないけど、想像のなかで香っています。









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:06人心緑化

2018年04月28日

緑萌える今






この季節の西山地方と言えば、たけのこ料理です。


山椒の葉を白みそなどを入れてすり鉢でこね、
タケノコとあえます。


香りがわからないけど、やっぱりこの季節は自然に手が動いてしまいます。


あおいBARのもう1品

豆腐の味噌漬け



あ~ ~ ~ (ノД`)・゜・。

花のような香りの日本酒も、
匂いを想像しながら
ゴックン。ik_10





でも、神さまは視覚は残してくれてる!
近くの緑や花に会いに行こう。

仕事場近くの長岡天満宮は、さつきやツツジのシーズンは人がいっぱいすぎて近寄りません。
でも今はピークも過ぎ、早朝などはゆっくり散歩ができます。


八条が池をぐるりと歩くだえけでも、景色がいろいろ変わります。























夏野菜の植え付けが済んだら
緑萌える山々の、木漏れ日の中を歩きに行こう。












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:59日々の食と食事療法

2018年04月22日

tomo語録





夫さまの言い間違いが多いことは何度かネタにさせていただきましたが、また相当溜まってきたのでそろそろ放出しようかと・・・face03


夫さまは書いたものを読んでいても、文字をひっくり返して読んで平気な顔をしています。
人の名前などは岡田さんが田岡さんになったりするのは常だし、
熟語も例にもれずで、産直市場が直産市場になります。
そっちの方が難しいのにと思うことも、本人の目にはひっくり返って見えるのでしょうか?
漢文の「レ点」がいります。

でもこれにはもう慣れました。

慣れないのは造語の分野。
テレビを見ていても何か発するのですが、じーっと考えないと何を言いたくて間違ったのかもわからないものが多すぎます。

先日は「ウタッキーが出てる。」というので、
街角で突然、英語で話しかけるあの人かしらと思うと、

              ウタダヒカル、「ヒッキー」でした。




春先に友人が送ってくれたこれ↓

を見た夫さま。
ik_89「このねじまき誰から?」


。。。。。。

何を言いたかったのか考えるわたし。

あ!
もしかして、わらびをぜんまいと間違え、
そのぜんまいをもう一回間違えて、ねじまきになった・・・・・ik_85


筋肉痛で帰ってきた日。
ik_89「お風呂に入って、たんまりしてくるわ。」

ik_94「たんまりでも雰囲気出てるけど、一般的にはまったりと言いますから!」




純粋な言い間違えに始まった今日は、
素朴な質問で1日を終えました。


ヒアルロン酸のクリームをつけた私のほっぺたを触り、
ik_89「なに? このハエ取り紙みたいの。」って。 "(-""-)"





お目めなおしにik_75










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:49ottoさま

2018年04月18日

嗅覚が消えてしまいました







実は2月下旬から匂いがわからなくなっています。
原因は医師いわく、インフルエンザ菌が脳に侵入し、嗅覚を司る細胞を壊したかダメージを与えてしまったからだそうです。
その後続けて、「回復するかどうかはわからないけど、6ヶ月間は諦めることはないと言われています」とおっしゃいました。
う~ん、含みのある言い方だわ・・・

インフルエンザにかかるほんの1~2日前にも、魚介類のお鍋のふたを開けた時の香りが、郷愁を誘うようなあまりにも良い匂いで、88歳の父を思い出していました。
父は何年も前から嗅覚がなくなっています。
このスープの香りや父の大好物、鯵の干物の匂いを、死ぬ前にもう一度嗅がせてあげたいなぁと、つくづく思っていたのです。

匂いのない世界はほんとうにかなしいです。
もともと日々の生活で花や柑橘の香りをたのしみ、
熟成したワインが空気に触れて、徐々に香りがひらく様子や、
秋の森の中のシナモンのような香りのことなどもブログに書いてきました。
多分人一倍、香りで幸せを感じていたと思います。

今の嗅覚は、これまでの嗅覚が100だとしたら3くらい。
強いアロマの瓶を鼻にくっつけると、初めのひと嗅ぎがわかるというくらいです。
でも、この3くらいしかない感覚でも、
「ある」と「ない」では大きな違いです。

嗅覚の復活には神経系も影響しているようなので、坐禅断食がベストかなと思い、来月長野県で坐禅断食合宿に参加し、他の西洋医学の治療も希望をもって続けます。

嗅覚がなくなって、ひとつだけ良かったことは・・・
納豆を食べられるようになったことです。face03







この世で2番目に好きな香り
タイサンボクの記事

http://self.ikora.tv/search.php?csrf=2953fff2cad80c04c14cae3a9757783b1bc9eebd&search=%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%82%AF

この花が咲く頃までには。








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:50ひとりごと

2018年04月15日

巡ってきたものは使い切った後にも循環させる









一時期、秋になると「一物全体を食す」というテーマで自宅に集まり、サツマイモを掘りあげ、芋も茎も葉っぱも料理して、みんなで食べるという会をしていました。
それまでの仕事は、医院開業コンサルタントでしたので、マクロビオテックや自然療法などの正反対の生活がとても刺激的で、楽しくて仕方ないときでした。

30歳の半ばから50歳くらいまで穀物菜食をベースにしていましたが、沖縄に住むようになってから食生活が亜熱帯仕様に段々と変化し、今では雑食化?していますが、それでもマクロビオティックの基本的哲学は生きていく上でのベースにもなっています。

「一物全体」という発想は多分、石塚左玄という明治時代の医師が食養のために使い始めたのだと思うけど、この飽食過ぎる時代にも大事な考え方だと思います。

冬の間は寒風に当てながらリンゴの皮を干します。


このままむしゃむしゃ食べると甘みがジュワーっと口に広がり、咀嚼をするので育ち盛りの子どもにもおすすめです。
水につけて2日ほど置くと、みりんがわりにもなります。


柑橘も皮はそのまま捨てません。


お風呂に入れて香りを楽しんだり、
こーやって・・・

油落としに使います。

かぶらはもちろん、人参も大根も根っこから葉っぱまで有効利用し、その後は堆肥になり、また次の野菜の栄養になるとうのが、我が家にやってきてくれた食材たちのサイクルです。


魚は骨までとはいきませんが、
夫が食した後の魚は、いつもネコマタギの仕上がりです。face10icon10











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:04ヘルシーエコライフ日々の食と食事療法

2018年04月11日

穴場桜並木 2018年








パッと咲いてパッと散る今年の桜。

刹那な気分に拍車がかかり、
寒いところならまだ見れるだろうと、先週は兵庫県丹波市まで名残桜の追っかけです。
人気のない場所の山桜が好きだけど、この町の桜並木は見ごたえがありました。
しかも軽自動車なら、ゆっくりと並木道を走れるから、足の不自由な人や車椅子の人でもすぐ近くで見られます。



もっといいのは、人がほとんどいないこと!
八幡市の背割堤より長い距離に桜が植えられているにも関わらず、人に知られていないからか、ゆっくり桜に浸れます。



氷上町から青垣町にかけて、なーんと約16㎞の桜並木です。
車で走りながら、途中で道がなかったり、川があったりで途切れることはありますのでだいたいの距離ですが、それにしても町をまたいで河川沿いにこれだけの数の桜を植えた昔の人はエライ!!




桜舞う
















まだかたい蕾の山桜が近所にあって、
桜マニアはまだ少し、
さくらの下で瞑想的時間が過ごせます。
















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:17出かけてきたよ