2016年07月24日

神さまに遊ばれた日











この人生で会いたいと思う人には、だいたいお会いできる幸運があり、もうあとは、「あの世へ行ったら会いたい」と思う人の方が多くなりました。(^_^;)

そんな中、死ぬまでに会いたいなぁと思っていたのは、気功家の中健次郎先生。
同じ和歌山出身ということもあり、また、即身成仏を実践されるのではないかと思うようなお一人なので、現在社会には稀有な存在であることは間違いないです。


その、中先生の勉強会が神戸サラシャンティであると聞きつけ、先月から予約していたその日が今日でした。


さて、
朝が開け始めた頃に、いつも通り畑で農作業をした後、1時間も余裕をみて家を出ました。

サラシャンティは確か六甲道だったから、途中でJRに乗り換えて・・・と、アクセス調べもバッチリです。





途中、阪急岡本からJR摂津本山まで、駅員さんが教えてくれた通りに歩いたつもりが、なぜかわずか3分ほどの単純な道を、キツネにつままれたように10分余り歩き回り、摂津本山到着。

でもまだ余裕です。

駅に着いたので日傘をたたもうとすると。。。。。 折りたためない!

時間をかけて何度も何度も挑戦したけど、たためない!


余裕のあった開始時間がせまってきたけど、傘がたためない!


汗は噴き出すは、傘はたためないわ、化粧ははげるわ。。。。。face07icon10icon10icon10



傘を広げたままじゃ改札を通るどころか、人をかきわけて切符も買えない。






しゃーない!!

おもむろに駅員さんに
ik_93「傘が折りたためなくなったのですが、どうしたらいいと思われます?!」
(こんなところにもカウンセラー気質? ひとまずは相手の気持ちを傾聴する?!)


駅員さん絶句。ik_85


多分、乗客からそのような質問がきたときの訓練は受けていないしマニュアルもないよね。

無理もありません。


ik_93「この開いたままの傘を持ち歩くことができないので、残念だけどここで捨てるしかないと思うのですが、ゴミ箱に入らないので、ここでお預けさせてください!」
と言って、有無も言わさず駅員さんの手に日傘を握らせ、電車に駆け込んだのでした。



ごめんなさいね、あのときの駅員さん。ik_75




で、めでたく?六甲道に着いたら。。。。。。

風景が違う。
まったく記憶にない。


5年のうちにこんなに変貌したんだ。


サラシャンティは駅から2~3分で簡単な道のりだったのに、道順さえわからない。



仕方ないから電話しよ。



あ。。。  電話番号がナイ。。。。。。




もう開始時間10分前。



どうするどうする。





困ったときは、とりあえず夫に電話する癖があるので、トモのケイタイを鳴らす。


事情を言うと、
「確かサラシャンティは阪急六甲だよ。」



face08  face08  face08







てな訳で、電話で友だちをたたき起こしサラシャンティの電話番号を教えてもらったまでは良かったのだけど、道案内をしてもらおうとしたのに・・・サラシャンティの電話が出ない。icon10




仕方なくそのあたりを歩いている人に聞きまくって・・・・・・・・・・・・・・
やっとたどりついたのでした。ik_87







研修が終わった帰り道も神さまに大いに遊ばれたのですが、
もうこれ以上PCに向かうと、
また明日、職場でも「なんでやねん!」ということが起きそうなので、もう本日はここまで。




すみません、しょーもない話におつきあいありがとう。m(__)m











今朝のかぼちゃの雌花







  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:26Comments(0)ひとりごと

2016年07月23日

民主主義の国?










選挙が終わるのを待ちかねたかのように、参院選翌日、沖縄で信じがたいことが起きています。

1年前の安保関連法案のように、今回も、これが民主主義の国かと疑いたくなるようなことを国家が行いました。
沖縄の翁長知事は屈辱をこらえても、話し合いでの協議を求めていたのに、国はそれに応じず、提訴したのです。

その強行さゆえ、今の政府を不信に思い、国の行く末を案じてしまうのは当然です。

http://mainichi.jp/articles/20160722/k00/00e/040/186000c


http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=178099



沖縄での暮らしや、お世話になった人々への恩義だけではなく、たて続く事件があまりに不条理で、いったい政府は何をどうしたいのかと憤りが爆発しそうです。

国の政策によって、地元住民同士が感情をこじらせ、戦う結果にもなります。
1997年の諫早の埋め立ての時もそうでした。
あの時に感じた将来への絶望感は、沖縄で起きていることにも共通します。
もちろん精神面だけではなく、当時の政府の間違った政策によって、それ以降毎日一日も欠かさず、膨大な税金が補償金として支払われていることも忘れてはなりません。


その与党が、今回、沖縄で何をしようとしているのか、
国民であるなら注目していこうよ!


以上、今の沖縄で起きていること、忘れないように記録しておきます。




ついでに今日の朝日朝刊に載っていた記事の一部も。

今、巷で旋風が起きているポケモンについて。


「ポケモンGOの地図上で、自民党本部が「永遠の与党」と記されている。
(中省略)
ポケストップのひとつであるこの付近を訪れると、ゲーム地図上の党本部建物の説明に、「自民党本部、永遠の与党」と表示される仕組みになっている。」





ポケモンに熱中しているあなた、
知らないうちに ポケモンに魂を売り、
世の中にあやつられないように。




















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 13:04Comments(2)ヨノナカヲ思フ

2016年07月17日

職業診断システム、キャリアインサイトを用いたコンサルティングの進め方









今日はカウンセリングや就職支援や、キャリアコンサルティングなどのお仕事に携わっていらっしゃる方への情報です。



職業適性診断システム「キャリアインサイト」というものがあります。
もともとは厚労省がつくったシステムで、相談者はパソコンを用いて質問に答えていくという検査ツールです。
就職イベントなどでは、この「キャリアインサイト」の体験をするために長い列ができることはよくあり、昔むかしこれを担当をしていた時には、トイレも行けず困りました。

さて、そのような人気を誇る検査ツールですが、肝心なことは、
その時に出た結果を相談者にどう解説し、現在の相談者が抱える課題にどのように活用していくのかが、最も大事な相談者との面談内容になります。

8月7日は、その効果的なフィードバックと相談をどのように進めていくかを見出すためのセミナーを特定非営利法人CCNKの主催で開催します。



詳細はこちら↓
http://www.npo-ccnk.com/能力向上会/ccnk公開セミナー/


飛べない方はちょっと見にくいですが、こちらでご確認ください。↓






講師は山崎 葵。
百姓やエコ活動以外にも、ちゃんとなりわい仕事をしていることも、たまには記録しておかねば。ik_75














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 12:57Comments(1)イベント情報

2016年07月14日

第一次産業は国の礎、生きることの基本です。










最近、ラジオかなんかで聞いた言葉。

「建物でいうと、第一次産業は一階部分。
1階の基礎がしっかりしていて始めて、2階、3階と建てることができます。
二次産業・三次産業はこの2階、3階部分に当たります。」

基礎部分がだんだんと弱くなってきているのに、
二次、三次産業に人々は邁進し続けているね。

今回の選挙の結果も、国の礎をしっかり立て直そうとする力が見えず、
「経済」という目の前の欲望を優先する与党を国民も支持したかたちになりました。




それはね、
きっと、
大丈夫じゃない。




世の中が不安定になればなるほど、
まずは人命を保つための食糧と水とエネルギーを自国で賄えるように国策をねることが大事でしょ。





国と国の戦いはなぜ起きる?

奪い合おうとすることに使っている頭脳とエネルギーと金を、どこの国も、国内での自給率を徐々に上げることに費やせば、国民はどんなに平和で楽な暮らしに近づいていくだろうかと想像します。






そんなことを思いながら、かれこれもう四半世紀が過ぎました。icon11
国はもうアテにできやしません。

仕事が休みの今日は、朝から畑の中で汗をたっぷり流し、せっせと自分の手で食糧確保です。ik_53








カメラを持ちながらの人工授粉は、とてももどかしいのだけれど・・・
これもまた記録です。














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 12:14Comments(0)百姓日記ヨノナカヲ思フ

2016年07月05日

「自由と平和のための京大有志の会」











近頃は朝のはよから、
スイカ、かぼちゃ、プリンスメロンの人工授粉に勤しんでいるため、仕事中は睡魔と格闘することも珍しくありません。ik_75

そんな時に同僚のYさんが、朝、30分遅刻をしてきた。

訳を聞いたら、
ik_90「阪急電車で寝過ごして、高槻まで乗り越してしもた。」


ik_39「あんた、ええなぁ・・・  
 河原町から乗って、すぐに爆睡できた証拠やし。
 電車の中でそんなに熟睡できるやなんて、うらやましいわ。
 あたしなんかフトンに入っても寝られへんのに。icon11

ik_90「寝られへんときは、寝らんとき!」




と、今日言われたので、
こんな遅い時間にPCなどに向き合っている、
ふとどきなミュータントです、今宵は。




ところで、
今年の前半をまとめたような映像をご紹介します。
https://www.facebook.com/kyotounivfreedom/videos/1078547518906814/?pnref=story
【拡散希望】


人は忘れる。

だから記録する。

自分で考える。

未来の命のための選択をする。

行動をする。


安心、安全な環境を次の時代を生きる生命のために残したいから。





icon12   icon12                      icon12  icon12
   icon12   icon12                      icon12  icon12




今日の畑の収穫物。

モロヘイヤ、モロッコ豆、フルーツトマト、水ナス、ピーマン、キュウリ、オクラ、ブロッコリー、ツリムラサキ、
そして職場に飾るスィートフェンネルの花。










おいしい野菜や花々が育つ地球のことに
もっと心を向けて過ごしたいな~と。













  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:45Comments(0)ヨノナカヲ思フ

2016年06月29日

何もない空間に祈る











「いつもトモちゃんをやわらかな空気で包み込んでくれて
 ありがとう。
 熟睡させてくれてありがとう。
 朝になったら目覚めさせてくれてありがとう。」



部屋主のいない夫の部屋に手を合わす。




今日、夫は珍しく飲み会で留守。

タバコの煙が苦手な彼は、
居酒屋などの煙の多い場所は避けようとするために、
一般にいう飲み会に参加するのは1年に数回のみです。

今日はその1年に数回のうちの一日で、
夕食作りの必要がない日。









夜のしじまのなか、
リビングに漂うタイサンボクの香りで満たされる。





祈りの時間はやっぱり
こんな環境からうまれるのかもしれない。





言葉をつかえるのは
わたしひとり。


でも、目には見えない
大いなるなにものかに
感謝せずにはいられないような気持ちでいっぱいになって。





「なにもない」ところにこそ
「なにもない」ところだからこそ「在る」存在に
ついつい
手を合わせてしまうのです。




今日も実に現実的で、不条理を目の前にした仕事場ででも、
やっぱり帰りがけには、誰もいなくなった部屋に手を合わせて、
「見守ってくださっていることを知っています。
 ありがとうございました。」
と、頭が下がるのです。





みんなもきっと、そんな時ってあるよね。




不景気だ、テロだ、基地問題だ、自衛隊海外派遣だ、原発事故だ
・・・・・・というようなこの頃の世の中だからこそ、
昔の日本人がそうだったように、気高い精神性と、身近な幸せを
なんども
なんども
かみしめていきたいと思うんだ。












  続きを読む
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:28Comments(1)ちょいとスピリチャル

2016年06月22日

Sunny Brainでいこ~!








「科学は人格を変えられるか?」という本が興味深いです。
著者は、オックスフォード大学の教授、エレーヌ・フォックス。 
英語のタイトルは「Rainy Brain, Sunny Brain.」 といいます。

楽観主義と悲観主義の新しい科学のことが書かれていますが、私たちの日常、もっと言えば人生を通して役に立つ情報だと思うので、あおいの解釈も交えながら紹介します。




サニーブレイン(楽観脳)とレイニーブレイン(悲観脳)という概念がこの本では展開されます。

「人生の明るい面に目がいくか、暗い面に目がいくか」という差が、脳の活動パターン自体に関連していることがわかってきたらしいのです。
出来事をどう解釈し、どう行動するかによって、その人がどんな人生を送るかは大きく変わります。
レイニーブレインの人の究極は「世界は失望と危険に満ちている」であり、サニーブレインの人は「世界は善と成功があふれている」となるのでしょう。

身近にたとえれば、日常で起きる出来事や目にする事柄のなかで、自然とネガティブな事象や腹の立つことに目が向き、それをまた周囲の誰かに言う・・・
これを続けていると人はいとも簡単にコウルサイ人物になり、近寄りたくなくなり、あてにされない人になっていきます。

そればかりか、ネガティブなことを口にすればするほど、悲観脳は強化されていきますので、その人の五感はネガティブさに敏感になり、感情が高まり、ついつい周囲に言ってしまわないと気がすまないようなことになりがちです。
この悲観脳のことをレイニーブレインと呼びます。

一方、楽観脳のことをサニーブレインと呼びますが、楽観とはいつも上機嫌であるというだけではなく、たとえば困難に直面しても乗り越えられる能力があると信じ、自分自身が人生をコントロールしていこうと行動する人のことをこう呼びたいと思います。
この楽観脳も同じく、使えば使うほど脳内でも物理的に活性化されていき、やり続けた人の特徴は、明るく温和で、課題に直面してもユーモアをもって軽々と乗り越えていくという印象です。


ほんでもって、
ここからが大事なとこどすえ。


ありがたいことに、サニーブレイン(楽観脳)とレイニーブレイン(悲観脳)の根底にある回路は、脳の中でも一番可塑(かそ)性が高い、変化しやすいい部分なのです。
自分はどの部分の脳を使ってものを捉えるのか、考えるのか、
それは人生の時間を重ねれば重ねるほど結果は顕著にでてきます。



私は今、この考えにふれて、とても得をした気分です。

もうすでに人生の終盤に入っている世代ではありますが、今ここから、サニーブレインを使って生きていこうー!
そして半年後に自分自身を客観的にチェックしてみます。


あなたもやってみる?
















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 11:02Comments(3)人心緑化