2015年08月30日

想像しながら考える











正直言って自分が生きている間に、起きるかもしれない戦争のことを考えて、日本が今のような動きになるなんて、想像もしていませんでした。

ぼーっとしていた訳ではないけど、何年も前から雲行きはあやしいなと思ってはいたけど、まさかです。

みんなはどう感じているんやろ?




この週末は、安保に賛成の人々も街頭活動を始めたらしい。
賛成の理由は、「家族を守るために賛成する」ということみたいです。

わたしもできるなら、国民の多くが選んだトップなんだし、何よりもまさか戦争なんて起きるはずがないと思いたいから、国会で決まることには反対なんて言いたくもないです。

ただ、最近のことだけ思い出しても、沖縄に対してやっていること、原発関連の問題、7月も与党のみで強行採決をしてしまう今の国会の様子を見ていると、つくづく、もうこれ以上託してはいけないという危機感があります。

「徴兵制はありえない」といくら言われても、自民の武藤貴也議員が「戦争に行きたくないとは、自分中心で極端な利己的考えだ」とツイッターでつぶやいたことが問題になっても、党としても個人の考えであることを表明させるわけでもなく、本人もツイッターのそのつぶやきを消すつもりはないというから、その考えのまま、与党の政治家として活動を続けるわけです。


どうなん? これって。




以下は山本太郎議員が、アーミテージナイレポートに触れ、国会での質問の様子。
「永田町ではみんな知っているけれど、わざわざ言わないことを質問させていただきます。」という前おきに苦笑い。

https://www.youtube.com/watch?v=N4ZTw6CuONU

この日前後の、太郎ちゃんの国会質問はのってはりましたね。
国会なんかでは、言うてはならんことやったんやろな、あーゆーことって。

またじくじくと、いじめられてんのやろなー





そこでだ。
あたしたち一般ぴーぷるにできることは、

①自分が住んでいるこの環境に興味をもつこと

②起きていることに対しての事実を知ること、自分で調べること。

③そのうえで、これまでのことも鑑みながら、「そうなれば将来どうなる?」と 想像すること。 (想像力icon12ってホント大事やで)

④自分の考えをもつこと。

⑤近しい人々と、折に触れて話すこと。

⑥あかんもんには「あかん」と言うこと。

⑦ちょっとだけでも未来の命のことや、地球という生命体に対しての想いをもち続けること。










まぁそんなことも、ここに腰掛けて、ワインでも飲みながら話しませんか?










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 18:04Comments(1)ヨノナカヲ思フ

2015年08月24日

「おいしい」の基本










1993年から微生物や発酵遊びに夢中になり、最後はやっぱり酒造りにはまっていました。ik_83

まずはじめにトライしたのは兵庫県三田市に住んでいた頃、農家さんから商品にならないような葡萄を分けてもらってのワインづくりでした。
日本の葡萄は皮に発酵成分が少ないので加糖しなければうまくいかないと、ワイン造りの先輩に聞いたので教えてもらった通りにつくりました。
10日もすればシュワシュワし始め、微発泡ワインを楽しめます。
もう少しすると、微生物が糖をエサにして食べてしまうので、だんだんと糖度が減って、代わりにアリコール度数は高くなります。
だんだんと味が変化するのを楽しむことができるのが、自家製ワインです。
素人がつくる葡萄酒はアルコール度数はそれほど上がらないと言われていますが、我が家はEMの活性液から始まり、生ごみ堆肥化のためのボカシ作りや糠床や手作り酵素などなどで、微生物の棲みかになっているからか、ワインもシードルもどぶろくも、かなりの度数になってしまいます。
ワインは雑菌などが入る前に、ブランデーなどの度数の高いアルコールを添加して、酒精強化ワインにします。
こうすると発酵がおさまるはずだったので、ある日瓶詰めにして外出後に帰宅したら、瓶の栓が飛んで、リビングがワイン浸しになっていたことがありました。
菌は生き物なので、人間の思うようにはならないところが面白いところです。





こちらはとても安易な、発泡酒をつくる道具です。





シュワッ!ik_77




“あおいBAR”の、カットしただけの付だし。
アボガドは時々、買ってでも食べたい好物です。
じゃあいっそ、アボガドも「身土不二」の素材にしてしまおうと考え、沖縄在住時はアボガドを育てていました。
実がなる前に本土へ帰ってしまいましたけれど、亜熱帯でも実がつくのかなぁ。。。。





モロッコ豆を天ぷらにすると、夫さまは揚げたそばからほくほくと、丼一杯くらいの量を食してしまわれます。




自家製、採りたて、作りたてが、おいしいの基本やと思う。 














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:25Comments(0)日々の食と食事療法

2015年08月23日

朝の散歩、ごいっしょに。











今朝は夫のおべんとさんだけ作ればよい。

買ったものは調味料と、のりだけのお弁当。
ミックスサラダという種は、いろいろな葉菜が育って重宝します。
ピリッと辛くて、夏向きにも合います。
是非プランターで育ててみてik_48
インテリアにもなり、おしゃれで涼やか、それに食べられて、100円程度で十分に楽しめます。





さぁ今日も、老後のたのしみ、ユーチューブ。face03

今日はあたしと朝のお散歩にでかけよ~!












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:15Comments(0)ヘルシーエコライフ日々の食と食事療法

2015年08月22日

エコ エコ けちコ











今さらながらですが、我が家はゴミの排出がとても少ない家です。

今どきは分別ゴミとか資源ごみとかいって、ちょっとあやしい“リサイクル”もありますが、どうせなら分別するに越したことはありません。

この地域では、学校関係の保護者会さんらが古紙を回収されますので、新聞は新聞だけでまとめます。
我が家の特徴は、「その他の紙類」には紙の切れ端まで一緒に入れ、再資源用に出させていただきます。
これをやるきっかけになったのは、もう20年ほど前に、魚柄仁之助さんhttp://www.ne.jp/asahi/uotuka/official/ちをお訪ねした時に、「わたしはレシート1枚でも古紙回収に出す。」とおっしゃっていて、これにはあたしも「負けた!」と思い、それからは紙吹雪のような小さな切れ端でも、再資源用として出すようになりました。

生ごみは堆肥化しているし、我が町はプラスティック類も資源化しているので、結局、我が家で出る純粋なゴミは2週間に一度ほど、スーパーのレジ袋くらいのが1個出るのみです。





ちなみに、仕方なく使ってしまったラップ類は、乾かして使う!

だってエンバランスhttp://www.embalance.jp/のラップだから、なおさらもったいないんだもーん。ik_94




普通に、セロテープの切れ端も再利用。face08


いったんはがしたテープを、

次の用途があるまで、ひとまず冷蔵庫にペタッ!
(^。^)y-.。o○







和歌山産のバレンシャオレンジicon15


いただいた後のバレンシャの皮は、フレッシュなまま小さな洗濯ネットに入れてお風呂に浮かべる。
お風呂に入りながら好きなだけモミモミして、甘い柑橘の香りを楽しみます。
とてもとても癒される香り。。。 ik_88
しあわせな気分です。

その他にも柑橘類の皮は、いろいろと使い勝手があります。
油落ち効果があるので、天ぷらの後の洗い物も洗剤は不要です。






このようなハウツーは、
「知っている」と、「やっている」では大違いです。
阿波踊りと一緒で、やってみる方がずーっと面白いし、
いろいろな恩恵が受け取れます。


ほんまどすえ。ik_04 ik_09 ik_11













  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:07Comments(1)ヘルシーエコライフ

2015年08月20日

「えほん館」のむっちゃん












約30年もの間、えほん一筋で生きてきたむっちゃんこと、花田睦子さん。

世の中にはモノがあふれ、自分の想いを表現する手段も限りなくあるけれど、むっちゃんは20代から「えほんの素晴らしさを人々に伝えたい」と、その思いだけで、あきることなくこのことをやり続けるエキスパートなのです。







あきれるほど転職歴が多いわたしにとっては、同じことをやり続けられるなんて、よほど「えほん」が好きなんだと感心しながら、羨ましくもあります。

このことについてはやりきった、と言えるものがある生き方っていいなぁ。


えほん館 http://ehonkan.main.jp/wp/
店長のむっちゃんは講演活動で出ることが多くて、お店は日曜、水曜、金曜に開いています。












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 11:09Comments(0)ある日のお客さま

2015年08月16日

終戦の日に生まれて。






















たとえこの命がなくなっても
「わたし」が生きていたこと
感じたこと
泣いたこと
笑ったこと

そんな想いのすべては、どこかの誰かが知っています

昔 生きていたひとの想いも
今 生きているひとの想いも
深いところではつながっています
会話しています




こころを澄ましていると
こころ以外のどこかからの声も
雨になって聴こえてきます





 






  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 15:43Comments(0)「一粒の雨の記憶」

2015年08月08日

かけ声で育つ夏の野菜たち







先月初め頃、「小玉スイカに雌花がつかない!」と、ジタバタしておりましたが、ぼちぼちと雌花も咲き始め、人工授粉もそこそこ成功したようで、畑の中にぽこぽことコダマが生まれ始めました。



暑すぎて中で煮えてしまわないよう、草をかけたり適度な日陰にしたり。







初物は7月の末頃でしたか。





収穫が早すぎたのか、思ったほど糖度が髙くありませんでしたが、天然塩をかけて食べると、ちょうど良い加減です。
有機栽培だから?熟すまでに時間がかかり、慣行農法よりちょっと長く畑においた方が良いみたい。
肥料は元肥ゼロ。face07
植えるための開墾で精根尽き果て(;一_一)、元肥を入れる気力もなく、「根性で育てよ!!」という掛け声と水だけあげました。
その後は生ごみバケツの液肥を3回くらいと、刈った草を敷いてあげました。



それにしても1本の苗に、すでに食べたものも合わせて10個以上は実がついているので、いくつ採れて、どんな味だったかを記録することにしました。
180円のスイカの苗に、いったいいくつの実がなってくれるでしょーかik_19







おまけの“四角豆”。
お料理に使うとカットした切り口がおしゃれです。




楽しいなぁ
命を育てるって。

汗がしたたり落ちて、いっぱい毒だしもできて、今年の冬は風邪知らずで過ごしましょ。ik_53












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:10Comments(0)百姓日記