2017年11月18日

2001年、女将時代の姿 (p_-)







嘘みたいに、
“ピーターポン”のシニアモデルデビューik_84準備が始まっています。


シニア用「パンパース」のモデルかと思ったでしょ。

違うんです。「ワンピース」さんのお洋服のモデルです。

年をとっても楽しいことが待っているもんだなぁと、いただいたご縁に感謝しつつ、何が始まるんだろうと小さな胸をときめかしているところです。


先日、ご担当のスタイリスト、タッキーさんから、
『歩んできた歴史とファッション』というテーマを伝えるために、ネタ?ください。と連絡いただき、押し入れの中を探すこと1時間。




出てきた、出てきた。

どれもこれも、まるでもう過去生かと思うほど、遠い昔のように感じます。

仕事を21職種も経験していると、いったい自分がナニだったのかさえ不安になってきます。ik_85

やっぱり、
どこの森にも町にも降る、一粒の雨だった というのが実感です。


岡山の山奥で降ったときの雨粒はこんな感じでした。








沖縄在住時もNHKさんや沖縄の民放さんで、OKINAWA あおい地球(ほし)の活動や、ヘルシーエコライフの様子をご紹介をしていただきましたが、このときはベタベタの関西弁でしゃべってはります。
なかなか・・・・・・ バイリンガルやね。


他の人がいろいろ記録してくれたことが、年を経て、こんなふうに役立つとは思ってもみませんでした。

しかも、海を越えての度重なる引っ越しにも関わらず、よく手元にありました。

『歩んできた歴史とファッション』というテーマを設定し、宿題をくれたタッキーさんにも感謝です。
こんなことがなければお蔵に入ったままカビが生えていたことでしょう。
ありがとう、ありがとう。
老後の楽しみが増えました。ik_70








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 11:31Comments(5)日々の食と食事療法医療を自給する

2017年10月10日

お命、頂戴いたします






狩猟の時期は?
と聞かれると、「冬」
と想像しますが、
くくり罠や檻猟は冬に限定しないようです。


上の写真は京都市在住、千松信也さんhttp://self.ikora.tv/e1160154.htmlのブログより




我が家の老いた母が、生きている証のように種を蒔き、細々と育てる野菜たちも、鳥獣被害で瞬く間に荒らされていきます。

山のバランスを取り戻してくれる猟師頼みは、和歌山に限ったことではありません。


檻に入ったイノシシを丁寧に血抜きし、解体し、その後もさらに冷蔵庫で生臭さを抜いた、宝石のような輝きのジビエを、先日友人が送ってくれました。

ひとしきり
和歌山の山並みを駆け巡っていただろう雄姿を想像した後、手を合わせて料理をしました。



一時期、急に寒くなっていた今月の初旬、あったかいスキヤキに。




ひやおろしが出始めたこの頃は、土手焼きや南蛮漬けやカラアゲに。





衆生の恩恵と、自然が与えてくれる産物に生かされている命です。








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:31Comments(1)日々の食と食事療法

2017年09月28日

Herbを日常に










Herbと親しみ始めたのは今から20年以上前。
兵庫県三田市で家を建て、土と親しむ生活をし始めてから。

常時10~30種のHerbを育て、きわめつけはチコリコーヒーhttps://cookpad.com/recipe/3755165をつくったことです。

めんどくさいったらありゃしない。

でも友人の純子さんは
もっと面倒くさいことをしていた。

野生の葛の根っこを掘って、葛粉をつくる・・・だなんて。face08

多分何十株も掘り上げて、葛粉3gくらいでしょ。
・・・・・ ったく、気が遠くなる。
私の人生におっきな影響を与えてくれた純子さんって、こんな人なんだ。



今の季節もHerbの保存にけっこう忙しいです。
オレガノは乾燥させてから使う方が格段に香りがアップします。



パスタやピッツアなどのトマトベースのお料理に使うと、一気にプロの味になるよ。




一方、生で使った方が香りが引き立つのがミント類です。
お茶でもカクテルでも、生葉の香りで心が潤います。
乾燥ミントとはまったく違うモノと言っても良いほどです。

フレッシュミントをミルクに浸しておくだけで、贅沢なミントミルク。
そのまま飲む他に、カクテルにも使います。


ミントミルクのお供はレモンサンドイッチ。

自家製レモンで酵素を作った後のレモンをはさみます。
これにチーズをモリモリのせる。



いつかは田舎でヤギを飼って、チーズつくれたらなぁ。


妄想しよう。


きっと叶う。 (⋈◍>◡<◍)。✧♡











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:23Comments(1)日々の食と食事療法

2017年08月15日

米粉ピッツアをフライパンで焼く









長野に行った時に買っていたコレで




米粉で大好物のピッツアを焼く。

トッピングも気が付けばほとんど自家製でまかなえています。
トマトソースはオレガノ

をたっぷりいれて香り高く。


もうひとつ個性的なのはオリーブオイル漬けのニンニク、2年物。
もう真っ黒であーる。


あとの1枚はhalf&half。
半分はスイートバジルのソースで変化をたのしむ。






京都人はパンの消費が日本一らしいけれど、
日本独自の瑞穂のくにの美しさを保つなら、
せめて米粉のパンを選んで買い求めたいね。

なければ近くのパン屋さんに、「毎週買うし、宣伝もするので米粉パン作って!」とお願いしてみよう。


米粉は他のお料理にも重宝します。
米粉を求めるなら、滋賀県長浜の吉田農園がおすすめ。
https://www.yof21.com/
素晴らしい発想と実行力で、専業農家として大活躍です。
後進の人材も育て、農業が生業(なりわい)として成立していけることを実証しています。



あ・・・・・

米粉ピッツアの味は、
米粉の皮は、甘みのないマシュマロを圧縮したような感じでした。

わかるかな~ik_19









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 20:59Comments(0)日々の食と食事療法

2017年07月19日

哀愁のあの香り(''_'')







近頃夫さまの仕事が忙しく、夕食の準備が必要ないことがある。



暑い部屋で一人分の食事を作るのもナンだし、
久々にひとりでカウンターでお寿司でもつまむかな、
いや、A型支援事業のあのカフェに行ってみるか、
いやいや、ここは定番のピッツアでしょ・・・・・


と、いろいろ迷いに迷い、







。。。。。


結局これかよ。








畑でとれたニラ、オクラ、インゲン豆、モロヘイヤの緑ばっかりの中に、生卵の黄色が美しかった。ik_28ik_52

ちなみに昭和33年に発売されたチキンラーメンとは同い年です。face02



チキンラーメンの香りには、
試験前の一夜漬けで徹夜したとき、
幼い恋愛で悩み、ラジオ深夜放送の“レモンちゃん”の話に聞き入っていたとき、
引っ越しの後、お鍋も出せないほど疲れた時に空腹を満たされたとき。。。。。

いろんな思い出がのっかってるんだ。



時々このラーメンを食べられるなら、
「なんちゃってマクロビアン」もよろこんで返上します。
玄米菜食がなんだってんだ。face08 face08 face08









過去の7月20日の日記
http://self.ikora.tv/y0720










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:35Comments(3)日々の食と食事療法

2017年02月17日

不食や断食を考えてみた






この頃は俳優やタレントなども、思うところがあってか断食をする人がチラホラいるようで、一般の人も耳にすることが多くなったようです。
この不食や断食も、何のためにするのかということが大事だと思っていたのですが、興味だけで断食合宿などに参加して、その爽快さのとりこになり、ひとかわむけたような たたずまいになっていく人がいるのも不思議です。

「不食の人」は私の知人にも数人いますが、そのうちまったく食べないのは、森美智代さんという鍼灸師です。http://www004.upp.so-net.ne.jp/mori-harikyu/
彼女は白鳥哲監督の映画でも有名になりましたが、本当にもう何十年も「食べる」ことをしていません。
もともと好きで始めた不食ではなく、お若い時期に難しい病気にかかり、助かる術の一つとして、甲田医師の指導のもと断食治療を始めたのです。
彼女にとっては命がかかっていたので、この方法を選択されたのでしょう。
そして断食することで難病を克服し、その後も食事はしていないのです。

でも森さんは、むしゃむしゃと咀嚼するような食事はしていませんが、1杯の青汁や下剤などを飲んでおられるようです。
それに、研究も兼ねて何人かの医師が健康状態を診ていますので、そのような環境にない素人はくれぐれも真似をしないようにしてください。
野口法蔵師の坐禅断食のご紹介でもたびたび書きましたが、一人で知識なく断食をするのは避けなければなりません。


私も最大6日間断食をしましたが、そのことでわかったことは、水と塩があれば人間は当分生きていけるんだということと、意外なほど空腹感は起きず、体もかるい、頭もスッキリで、このままずっと生きていける感じがしました。
食べ過ぎ&取り込みすぎで健康を損なっている現代人にとっては、心身の大掃除には効果的だと思います。


断食の後は「食べる」という行為が特別、有り難いものに感じます。

友人からの施し、花のように美しいターサイ。


今日はイワシの塩漬けといっしょに、自家製塩麴でパスタになりました。



日頃は、お腹がすいてから食べることと、腹七分で食事を終えるので、好きなものを好きな時に好きなだけ食べ、お酒も毎晩寝る前まで飲んでいますが、生活習慣病の一切と無縁だし、体重も20代から変わっていません。
あ、
あとはよく動くことです。
これは、とてもとても大事!
シニアの皆さん、足腰鍛えましょう、歩きましょう、
笑いましょう。('◇')ゞ ('◇')ゞ ('◇')ゞ




               icon06  icon12     icon12  
  icon12


                  icon06    icon06     icon12   
                           icon12
                                                 icon06           icon06                                                       icon12
        

                  icon12




過去の2月15日の日記
福島で就農
http://self.ikora.tv/e718021.html


過去の2月16日の日記
伊勢神宮
都会でできるエコ生活
http://self.ikora.tv/y0216


過去の2月17日の日記
地球に抱かれる
自家製タバスコ
http://self.ikora.tv/y0217








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 09:18Comments(0)日々の食と食事療法

2017年01月25日

咀嚼 ~むしゃむしゃむしゃ!~







寒いさむい日が続きます。

和歌山南端の町とは、やっぱり3~6℃も温度が違うし、骨にしみるような寒さです。

でもやっぱり、
寒さの中で育つ野菜は、同じものかと思うほど味が違いますね。



ここにお引越しした時から、ムカゴをいっぱいつけていた自然薯。
中本農園さんに教えていただいて、今年が掘る時期かと思いました。
・・・・・・ 見つかりますか?






あ!
やっと出てきてくれました!



掘りあげたものは、こちらと


こちら。



粘りが強いので、お出しでのばすのも
ik_53がいります。icon10
icon10icon10


今夜は甘い葉キャベツと自然薯のお好み焼きです。
この季節と土の中の栄養を噛みしめながらいただきました。






おとといの日記はメディアリテラシーのことでしたが、
食事も情報も
咀嚼が大事やで!icon15
https://www.facebook.com/NTDTelevision/videos/1303599069682200/





            icon06  icon12     icon12  
  icon12


                  icon06    icon06     icon12   
                           icon12
                                                 icon06           icon06                                       icon12
        

                  icon12







過去の1月24日の日記
マイ ダーリンのこと(一部のマニアの皆さま、お待たせ!face03)
カウンセリングのことなど
http://self.ikora.tv/y0124



過去の1月25日の日記
土、カウンセリング、モミジバフウ、TPP
http://self.ikora.tv/y0125










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:18Comments(0)日々の食と食事療法