2017年02月17日

不食や断食を考えてみた






この頃は俳優やタレントなども、思うところがあってか断食をする人がチラホラいるようで、一般の人も耳にすることが多くなったようです。
この不食や断食も、何のためにするのかということが大事だと思っていたのですが、興味だけで断食合宿などに参加して、その爽快さのとりこになり、ひとかわむけたような たたずまいになっていく人がいるのも不思議です。

「不食の人」は私の知人にも数人いますが、そのうちまったく食べないのは、森美智代さんという鍼灸師です。http://www004.upp.so-net.ne.jp/mori-harikyu/
彼女は白鳥哲監督の映画でも有名になりましたが、本当にもう何十年も「食べる」ことをしていません。
もともと好きで始めた不食ではなく、お若い時期に難しい病気にかかり、助かる術の一つとして、甲田医師の指導のもと断食治療を始めたのです。
彼女にとっては命がかかっていたので、この方法を選択されたのでしょう。
そして断食することで難病を克服し、その後も食事はしていないのです。

でも森さんは、むしゃむしゃと咀嚼するような食事はしていませんが、1杯の青汁や下剤などを飲んでおられるようです。
それに、研究も兼ねて何人かの医師が健康状態を診ていますので、そのような環境にない素人はくれぐれも真似をしないようにしてください。
野口法蔵師の坐禅断食のご紹介でもたびたび書きましたが、一人で知識なく断食をするのは避けなければなりません。


私も最大6日間断食をしましたが、そのことでわかったことは、水と塩があれば人間は当分生きていけるんだということと、意外なほど空腹感は起きず、体もかるい、頭もスッキリで、このままずっと生きていける感じがしました。
食べ過ぎ&取り込みすぎで健康を損なっている現代人にとっては、心身の大掃除には効果的だと思います。


断食の後は「食べる」という行為が特別、有り難いものに感じます。

友人からの施し、花のように美しいターサイ。


今日はイワシの塩漬けといっしょに、自家製塩麴でパスタになりました。



日頃は、お腹がすいてから食べることと、腹七分で食事を終えるので、好きなものを好きな時に好きなだけ食べ、お酒も毎晩寝る前まで飲んでいますが、生活習慣病の一切と無縁だし、体重も20代から変わっていません。
あ、
あとはよく動くことです。
これは、とてもとても大事!
シニアの皆さん、足腰鍛えましょう、歩きましょう、
笑いましょう。('◇')ゞ ('◇')ゞ ('◇')ゞ




               icon06  icon12     icon12  
  icon12


                  icon06    icon06     icon12   
                           icon12
                                                 icon06           icon06                                                       icon12
        

                  icon12




過去の2月15日の日記
福島で就農
http://self.ikora.tv/e718021.html


過去の2月16日の日記
伊勢神宮
都会でできるエコ生活
http://self.ikora.tv/y0216


過去の2月17日の日記
地球に抱かれる
自家製タバスコ
http://self.ikora.tv/y0217








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 09:18Comments(0)日々の食と食事療法

2017年01月25日

咀嚼 ~むしゃむしゃむしゃ!~







寒いさむい日が続きます。

和歌山南端の町とは、やっぱり3~6℃も温度が違うし、骨にしみるような寒さです。

でもやっぱり、
寒さの中で育つ野菜は、同じものかと思うほど味が違いますね。



ここにお引越しした時から、ムカゴをいっぱいつけていた自然薯。
中本農園さんに教えていただいて、今年が掘る時期かと思いました。
・・・・・・ 見つかりますか?






あ!
やっと出てきてくれました!



掘りあげたものは、こちらと


こちら。



粘りが強いので、お出しでのばすのも
ik_53がいります。icon10
icon10icon10


今夜は甘い葉キャベツと自然薯のお好み焼きです。
この季節と土の中の栄養を噛みしめながらいただきました。






おとといの日記はメディアリテラシーのことでしたが、
食事も情報も
咀嚼が大事やで!icon15
https://www.facebook.com/NTDTelevision/videos/1303599069682200/





            icon06  icon12     icon12  
  icon12


                  icon06    icon06     icon12   
                           icon12
                                                 icon06           icon06                                       icon12
        

                  icon12







過去の1月24日の日記
マイ ダーリンのこと(一部のマニアの皆さま、お待たせ!face03)
カウンセリングのことなど
http://self.ikora.tv/y0124



過去の1月25日の日記
土、カウンセリング、モミジバフウ、TPP
http://self.ikora.tv/y0125










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:18Comments(0)日々の食と食事療法

2017年01月22日

日常食は自家製のものを









日常的に食べるようなものは、なるべく手作りします。
昨年、骨密度が低いと言われてから、毎朝食べるヨーグルトは、エンバランスhttp://www.embalance.jp/の容器でつくると失敗しないので助かります。
種はカスピ海ヨーグルト。
夜に仕込んで保温調理をしておけば、朝にはヨーグルトになっています。
エコな生活はエネルギーもお金も省エネです。




この季節、地面に這うように育つヨモギは、お茶にしたりパンに入れたり。
ヨモギは日本人のからだに合う、日本古来のハーブです。




昨日、「一掴み500円」で買ったちりめんじゃこは、やっぱりコレ。icon15

ちりめん山椒は、町で買うとびっくりするほど高いので家で作るに限ります。
手間もかからないし、「はれま」さんのお味とそれほど変わるとは思わないけどなぁ。。。
それに自家製だと、好みの味付けにできます。
私は日本酒と一緒にチビチビ用なので、ご飯のお供より薄味です。




ガスストーブの上ではおでんが湯気を立てています。
あ、でもお鍋が大き過ぎるので、良い子は真似をしないように。
このストーブは9年前に、京都のリサイクルショップで800円で買ったもの。

我が家の暖房は結婚当初からずーっとガスストーブです。
他の暖房器具のように乾燥しないし、灯油を入れなくて済む、臭いもない、ストーブの上でお湯などを沸かせる、それに何といってもすぐに暖かくなり、足元が温いのが嬉しい。

薪ストーブは憧れですが集合住宅では不可能なので、今のところはガスストーブが一番だと思います。

我が家には2台のガスストーブがあり、それぞれにホットくん、ウオームくんと名前をつけて、大事に使っています。

誰かが要らなくなったもので、手づくりの生活をするのは愉しいものですよ。






icon12              icon12                   icon12                     
  icon12                        icon12

   icon12  icon12                        icon12   
         icon12   
icon12



過去の1月20日の日記
セルフケア・サポートネットで活動していた頃。
http://self.ikora.tv/y0120


過去の1月22日の日記
この頃、円形脱毛症?になっていた。
http://self.ikora.tv/y0122













  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 18:00Comments(2)日々の食と食事療法

2017年01月17日

母と傾聴力










今の季節だけ味わえる無濾過の生酒には、
母が作ってくれる大根の甘酢漬けが最高のマッチングです。


しかもこの大盛りがいいんだ。

柚子の皮も香りづけなんてもんじゃない。
これっくらい奮発した方が今の時期はいい感じ。


風邪をひいて、
4日もお酒を飲む気がしなかったけれど、
久々に口をつけると
これがまた。。。。。

あの世にいざなうほどのおいしさです
・・・・・・ よ。ik_49 face02




和歌山の実家付近は、高速道路のインターチェンジができたおかげで、段々と我が家の田畑もみかん畑も農地以外のものになっていきます。

今はもう家の周辺で、自家用の米、野菜、梅、柑橘を細々とつくるだけになりましたが、
母は、足が痛い腰が痛いと言いながらも、
やっぱり季節がきたら種を蒔き、保存食をつくり、ご近所に配ります。

いつの間にか、わたしよりよほど社交的になり、友だちもいっぱいいます。
そしてカウンセラーのわたしより、時には傾聴力を発揮しています。

もちろんその対象になるのは
家族以外の人のみですが。face07





            icon06  icon12     icon12  
  icon12


                  icon06    icon06     icon12   
                           icon12
                                                 icon06           icon06                    icon12
        

                  icon12




過去の1月16日の日記
http://self.ikora.tv/y0116




過去の1月17日の日記
http://self.ikora.tv/y0117













  
  • LINEで送る


2016年09月29日

秋の食卓 早松茸(サマツタケ)













「サマツ食べるか~?」

と、お電話をいただき、
みなべの無農薬梅農家、中本さんから届けてくださったのはもう1年前の話。

去年いただいて、ブログに下書きしたまま冬になり、きっかけを失っていたサマツタケさま。





天ぷらにするなんて贅沢なことで。




お弁当さんにも。

我が家にはまだ山椒の葉が次々と出ているので、春と秋が一緒になったようなお弁当。



ここまでが2015年に入れた記事。
そのままお蔵入りしていた。face10










そして

あっというまに

1年が過ぎ。。。。。。。




一昨日にも秋の山の味覚を届けていただいた。
ウホホーイik_20





今年はご飯と焼き物に。
今日の焼き物は、練り梅http://www.itibangai.com/nakamoto/で作ったドレッシングでいただきます。
お酒はこの時期、やっぱりひやおろしでしょ。









あー、よかった。
二年越しで記事をアップできて。


ほんと、年をとると1年なんてアッというまです。



秋の山のエネルギーを心身に取り込み、
60歳からはより野生化していくための準備ができそうです。





















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 17:36Comments(2)日々の食と食事療法

2016年07月31日

暑い日々をのりきる











寒さには弱いけれど、暑いのはかなり辛抱できます。

寝苦しい夜はアイスノンと扇風機でOKです。
首筋や、足首を冷やすのは、クーラーにあたるより一気に涼感で満たされます。



お風呂上りに市販のアイスキャンディを食べた夫が
「あ、チクロの味。」って。


「ち・・・ チクロって!(◎_◎;)
 チクロなんて、昭和生まれでも30年代以降は知らんやろなぁ。」



まさかもうチクロは使っていないにしても、彼にとっては化学的な甘味だったわけだ。

ならば、市販のものより手作りよね。

溶かした寒天+豆乳+ミント搾り汁+ハチミツ=固める





夏バテ知らずで過ごすための食材も畑で十分に取れます。
ありがたや、ありがたや・・・ m(__)mik_70


バジルでペーストを作るのは当たり前ですが、
畑でわさわさできるエゴマの葉でも、icon15

ペーストを作っておくととても便利。
パスタや白身魚を焼くとき、茹でたジャガイモなどにからめるとか、チャーハンにも使えます。



左はお豆腐をいれたバジルペースト。
このペーストで作るジェノベーゼはまろやかで、白ワインがますますおいしく感じます。
どちらのペーストもニンニクをたっぷり入れて、オリーブオイルと塩を入れてミキサーで回すだけ。
レシピなんていうほどのもんでもありませんので、分量はお好みで。



3年前からマイブームの葛の葉と酵素のスムージーも、身の回りの自然の恵みを取り込めるので、身土不二にかなった夏の定番です。


とにかくね、
自分が住んでいる場所に、野生で食べられるものがいっぱいあるから、覚えて使い始めると生活が楽しくなるよik_20


そうやって小銭がたまったら、プチ旅行にでも出かけよ~ icon05












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 17:23Comments(2)日々の食と食事療法

2016年04月11日

南紀州の自然と風味













「ギョッ!!ik_84


「これなーんだik_19


「怪獣のできそこないか?!」


「これは、紀州では“いがみ”と呼んでる磯魚や。」


「これは食うもんじゃなくて、食われるもんやろ?!」




まぁ顔だけ見ればそんな気にもなりますが、
この魚を軽く塩をして一夜干しにしたものを焼くと、
これはもーーー たとえようのないうま味と歯ごたえのあるお味です。


身が ❝クリクリ❞ して、噛みごたえは魚とは思えません。
決して柔らかくはありません、何しろクリクリですから。face02


そして今の時期しかとれない“ひとはめ”
http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%92%E3%83%88%E3%83%8F%E3%83%A1&search.x=1&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa#mode%3Ddetail%26index%3D92%26st%3D3389
と、筍の煮物。





とくれば、日本酒やね。


こちらもやっぱり、和歌山が生んだ偉人、熊楠のお酒です。

「エコロジー」という言葉を日本で初めて使い、紀州の山野を駆け巡りながら粘菌類を研究し、世界で知られる人になったのです。





熊楠も天狗のように走ったやろか・・・
なんて思いながら、海辺の山を徘徊しました。icon10

















この紀州の海で豊富な海産物があがります。


その土地、その季節の自然の恵みって、本当に有難し。ik_70












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:22Comments(4)日々の食と食事療法