2013年06月30日

カウンセラー自身のメンタルケア その2










この季節は野菜に虫がついたり病気がきたりで、種の蒔きなおしや、草刈などでにも追われ、ブログの更新はどんどん後回しになってしまいます。




それでは前回から続きの、私の場合のメンタルケアの方法についてです。

人様のお悩みを聴くことは仕事であり、それは日常のことなのですが、自分の悩み事になると、誰かに話すことはあまりありません。
過去のことを思い出しても、大事なことを決断する時なども、それが重大さを増すほど人には話さ(せ)ないというクセがあるようで、大抵は事後報告となります。


でも、悩みはどんどん膨れ上がり身体症状にまで現れたり、去年のように円形脱毛症になったりもすることがあります。

さて、そうなるとどうするか・・・

私の場合は“専門家”に相談、または治療を受けにいきます。


去年の円形脱毛症のときは、近場では最も信頼しているこちらの病院http://www.shimizu-hospital.or.jp/newtown/
の名誉院長(心療内科)にお世話になりました。

もちろん体の不具合が出る前に対処することの方が重要ですから、予防的な処置としては臨床心理士にお世話になったり、メディカルアロマを受けたりします。

この場合のカウンセラーは、キャリアコンサルタントとしての、スーパーバイザーとは意味が違います。
あくまでも“治療”としてのカウンセリングです。


友人知人にグチる、ということはあまり気持ちよさを感じず避けてきましたが、付き合いの古い友人の中には、まるで傾聴技法を習得したかのような、カウンセリングマインドで話を聴いてくれる人がいます。
その人に会うと、いつになくポロポロと弱音を吐いたり、起きていることを客観的に聴いてもらって、フィードバックをもらうこともあります。

誰でも50年以上もニンゲンをやっていると、それなりの辛酸をなめ、時には深い孤独も感じ、幾度の山谷を乗り越えてきているので、これからはもう少し、そんな経験をもつ友人の知恵をお借りしようかと考えるようになったこの頃です。

私が思わず本音を話してしまう人には共通点があります。

それは、
icon12すぐにアドバイスをしたり、こうすればいい!という話をせず、相手の状況や気持ちをもっと知ろうとしてくれること

icon12自分の価値観をすっかり脇に置いて話を聴いてくれること
、このふたつが自然とできる人には、プロの訓練を受けた以上のものがあり、ついつい安心して気持ちがゆるんでしまいます。





すぐれたプロフェッショナルは大勢いるし、もちろん尊敬し、そこに近づこうと日々努力しているのですが、やっぱり心底からの治療や癒しが起きるきっかけは、スキルや知識を超えたものであることが多いんなんだろーな。

医療も何もかもお手上げなんですよ、きっと。
何かの、または誰かのために生きたいと思う強い気持ちや、人それぞれがもっている他者に対する愛の力の前には、かなうものはあれしまへんのどす。




悩み抜いていたここ数日は、フラフラめまいや、眠れていない頭の中でパンッ!と音が鳴ったり、「あー、どうにかなるのかな」と思うこともあったけれど、
そんな経験のお陰で、
人は、自分自身の健康やしあわせや、自分や周囲の環境までもを十分にコントロール出来得る能力を、生まれる時にすでに与えられている、という仮説が頭に浮かんだわけです。


宇宙からみたら、「悩み抜いている」なんて言葉は、ちゃんちゃらおかしいことどっしゃろな・・・face03 



ブログにこんなことを書くってことは、
そろそろ霧は晴れてきているって証拠ですからね。
私の気持ち次第。
もうあと一息です、きっと。icon12














  
  • LINEで送る


2013年06月23日

カウンセラー自身のメンタルケア その1









 そもそも、私の仕事は「人の話を聴く」ことが仕事です。
でもまぁ、キャリアコンサルタントの仕事の時は、それなりの情報提供やアドバイスは欠かせない場合も多々ありますが。


 カウンセラーになりたいという人には動機もいろいろあり、「心理」や脳の仕組みそのものに興味があるという他に、自分自身が悩みの多いタイプだったり、身近な人が精神疾患を患っていたために何とかならないものかと志したりといった、“当事者”に近いケースは珍しくないかもしれません。

 楽天家、楽観主義、不眠を経験したことがない、などというような人はまず、自分の職業としてカウンセラーなどは範疇になさそうです。(^○^)


 私がカウンセラーを目指したきっかけは、2000年に、岡山県の『百姓屋敷わら』http://www.wara.jp/の留守番で、その宿を営んでいた時、研修生との対応に苦慮したことがきっかけでした。
「わら」に行くまでは、大きな企業に勤務する夫との呑気な二人暮らしだったのに、夫は仕事を辞め、ほぼ専業主婦のような私が女将として、責任のある立場で仕事をしていくことになったのです。

「わら」では自給自足をしながら、マクロビオティックのお料理をお客さまに提供したり、セミナーを開催したりしました。
「わら」オーナーの船越康弘さんが自然食業界では有名な人だったこともあり、彼が不在にも関わらず、全国から研修希望者が訪れていましたが、あんな山奥の一軒家の民宿に住込みでやってくる若者たちの中には、それまで会ったことのない“人種”が大勢いました。
 当時はそれほど話題にもなっていなかったニートやひきこもりに該当する人、依存症、発達障害や躁鬱が疑われる特徴の人の他、身体症状をもった研修生も多くいました。
 そんな中で、日々お客さまをお迎えする訳ですから、始めの1年くらいは正直、「悪い夢を見ているなら醒めてほしい」と、ひとり、毎晩のように泣いていました。情けない女将さんです。

 ある夕方、厨房は夕食準備の真っ最中で大忙し。
でも、研修生からスタッフに移行したQちゃんが現れない。
 「もしや」と思ったらやっぱりトイレにいた。

 トイレから引っ張り出して、どうした?と聞くと、
菓子パンを食べ始めたら止まらなくなって、1週間分と思って買って隠していたのを一気に全部食べてしまって吐いたと言って泣き出した。
「今は忙しいし、Qちゃんの手がいる。あとで話そう。」と言って厨房に行きかけると、私の足にしがみついて、「どうしよう、どうしよう」と、消え入りそうに泣き続ける・・・


とか、


 あるものへの依存症の人は、禁断症状ゆえか理由は不明だけれど、無意識にモノを隠すのか、置き忘れる。
たとえば、作業が終わった泥のついた長靴を、小麦粉入れの大きな缶に入れて忘れるとか、
お客さまにお出しするはずの出来上がったばかりの一品が無くなったかと思えば、翌日、タオルケースの中から出てくる。

とか。

ブログに書ける範囲はこの程度ですが、
まぁ、仰天することにキリがなかったわけです。




 そこで、危機管理を考える必要もあり、自分の心身を守るためにも傾聴や心理を学び適切な対応をしないと、ただ素人が母親的な気持ちだけで付き合いきれないと感じ、月に一度、岡山の山奥から大阪まで心理を学びに行くことになったのです。

『聴くは利く。聴くは効く。聴くは人生に利あり、効あり。』
という言葉を教えてくれた先生と、8年ぶりの再会でした。






  あ~ik_95
  陽が落ちてきたので、畑、行く。
  なんで今日、この話を書き始めたのかわからんけど、
  本日はここまで。









以下は記事とは無関係です。
紀伊田辺の奇絶峡。
通過する車の中からパチリ。
おさるさん?





ちゃうやん、仏さまみたいどすえ。





naokoさんは近くまで登らはったんどすなぁ・・・
http://naokophoto.exblog.jp/18980543/



紀州に行かれたら、是非お立ち寄りくださいね。










  
  • LINEで送る


2013年06月19日

見晴らし











今の家に住むまでは、住みたい家の条件に“見晴らしの良さ”なんていうのはありませんでした。

この前の家は半地下のような部屋だったけれど外から見えないお陰で、本来、干し物NGマンションでも、おふとんまで日に干せたし、他のお部屋よりも冬暖かく、夏は涼しかったようです。


急に引っ越すことになり探し始めた賃貸物件は、
山や田畑が近くにある環境で、住んでいる方々同志の会話が和気あいあいに成立でき、家庭菜園ができて日当たり良好、できれば職場の近く・・・
なんて、「あるわけない」ような物件と出会えたのが1年7か月前。





先日、北側のベランダからぼーっと、
開通したばかりの京都第二外環状道路や景色を見ていました。


職場や京都タワーが見れる他、
長岡京市の村田製作所をはさんで、左に日本電産のビル。



右に京セラが見えて・・・



その向こうが東山。





だんだんと西の空が色づいてきました。







『見晴らせる』っていい言葉だな。

昔、更年期の不調で関わっていたクライエントさんが、長く重い時間を経過した後、ある日電話があって、
「雲がサーっと晴れるように、気分がまったく変わってきました。」と、興奮して話してくれたことがありました。

必要な時間、必要なプロセスを耐えた後には、必ずこんな変化があるんだろうなと確信を得たような気がしたものです。





何かの縁で、こんな見晴らしの良いところを与えられていることも偶然じゃないから、良い結果を信じて待ちましょう。icon06

人生は、すべてタイムリーに必要なことが起きているのだから。












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:18Comments(1)

2013年06月16日

山形の乱












山形の百姓、菅野芳秀さんからメールが届きました。

TPPのこと、もう一度考えてみたいね。

みんなとシェアしたいです。→ 「ぼくのニワトリは空を飛ぶ」http://lavo.jp/kakinotane/






おまけ。icon15


ふーん、自民党は嘘もつかないし、ブレもしないって?









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 09:05Comments(0)ニュースです

2013年06月15日

6月の畑











今年も、ビッグイベントの梅の収穫が無事に終わりました。




高齢化した農民にとって梅づくりは、年々重労働になってきていて、今年の冬は梅の木を大胆に剪定をして、収穫しやすいようにします。
梅は“健康食品”なんて言いますが、通常は消毒回数が多く、肥培管理もたいへんな作物のひとつなのです。



でも、長年の試行錯誤の結果、無農薬での梅づくりに成功された南部川村の中本さんhttp://www.bea.hi-ho.ne.jp/michinaga/s-nakamoto.htmが育てたような梅もあるのですよ。
それはそれは宝のようなお梅ちゃんです。




我が家でもニワトリを梅畑に放ち、良い梅を育てたいなーと思うそばから、柑橘類に徐々に植え替えをしているこの頃です。








父と母の会話。
「毎年、柿を買って食べるから、いっそ柿の木植えようか?」
   って・・・

桃栗3年、柿8年と申しますから、80歳半ばの老人の会話とは思えないのだけど・・・(^_^;)









家のすぐ前の田んぼだけは、シカやイノシシは来ません。
でも人間と似たアイツだけは、人家があってもへっちゃらでやってきて、あれもこれもと行儀悪く食べ散らかします。ik_82




おたまじゃくしもこのくらいになると“水陸両用”かな?







いつまでこんな景色が見られるのかなぁ。

ひとりっ子で、しかも子どものいない私の実家は、もうこの代で終わってしまうんだね。



田畑や果樹のお世話をしたい若もの、誰かいないかな~











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:58Comments(2)百姓日記

2013年06月06日

足元にありました。















今日、職場から歩いて帰っている時に歩きながら見つけた。icon14ik_48
四つ葉を通り越した五つ葉のクローバー?

いつも通っている道の、どっかの駐車場のアスファルトのすきまからシロツメクサが生えてたっけ。
その中にいた一枚です。

「あのな、あおいちゃん。
 幸せは両手に余るほどあんねんでーik_95
 あんたはおとといも、昨日も、あたしのこと
 踏みつけて通ってたけどな。」って。face07



ふと見ると、その周りにも四つ葉。


大きい葉や小さい葉、このバランスがたまりません。(^◇^)




うひゃ! こっちも。



虫のエサにもなった跡がある四つ葉。







そうや、
10日前は「踏みつけられた」ことを記事に書いていたのに、
あたし、
四つ葉のクローバーがあることに気付かないで、何日も踏んで通ってたよ。




また教えられた。
もの言わぬ存在たちに。









よっしゃーik_95 ik_95 ik_95

あしたからの梅の収穫、が あ ん ば ik_48












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:21Comments(0)人心緑化

2013年06月02日

私はわたしの生き方で。











この世に生を受けてまだ2か月。



数年前から生きてる竹と同じ背の高さになりました。




見かけはほぼ同じ。

でも“なかみ”が大事なんだよな。
竹も、
そして人間も。

























今日一日、
私は 
わたしらしく あれたでしょうか。









  
  • LINEで送る