2019年01月27日

しっかりしよーぜ、おとなたち。






また政治的不祥事ですか。
しかも今回の「毎月勤労統計」の不正調査は、被害にあった国民の数や金額が大きすぎて、一国民が「いっぺん考えてみよう」と思える単位ではありません。
第一次安倍内閣の平成19年にも「消えた年金問題」が起きたけど、あの5,095万件とかいう凄まじい数の年金は、「宙に浮いた」というくらいだから解決せず、そのまま宙に浮かんではるんやろ?
どこの宙やの?教えて欲しいわ。

今回の不正が該当する2004年~2017年という年に、私も雇用保険の申請をしたので2,000万人の中に入っているかも?と思い、今日、厚労省の相談ダイヤルに電話をしてみた。
電話相談の方は丁寧に謝られた後、「現在データ回収をしており、これから調べる段階なので、もうしばらくお待ちください」ということでした。
たいへんなお仕事を担当されて、本当にお疲れさまですと言って電話をきりました。

国関係のお仕事をしている人々も、直接、国民や利用者と関わるところで働いている人々は、きっとまじめに一生懸命働いている人がほとんどだと思います。

じゃあ問題になるのは・・・・・?




だからね、もうちょっとマシな政治家選ばなきゃ。
こんな大それた不祥事を政治家に繰り返させるのは、
何も言わない国民が多いから。それに尽きる。
政治家の問題じゃなく、おとなひとりひとりの問題だと思うよ。
麻痺してないで、もう少し世の中の動きを監視して、
シャンとしよー!

しっかりしよーぜ、わたしたち。





見張り役













  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 17:47ヨノナカヲ思フ

2019年01月20日

ぼーっと考え事







いけませんわよ・・・

目の前の作業に集中しないと。









温灸のコゲは直せたけど。
http://self.ikora.tv/e1351754.html

今度のは燃えなかったことがラッキーということで、
生きてきた足跡と思うことにしよう。ik_75








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 08:57ひとりごと

2019年01月13日

受容、共感、自己成長などに興味がある方へ





今日の記事は、ごく一部の方に向けた発信ですが、めったにない機会なのでお知らせします。

花園大学で月に一度行われているグループワーク研究会の1月の研究会は、ベーシックエンカウンターグループです。

構成的グループエンカウンター(SGE)は私も長らく親しんできたメソッドですが、国内では最も貢献された国分康孝先生が亡くなられてからはモチベーションが下がり、熱が冷めていました。

カウンセラーにはおなじみの、ベーシック・エンカウンター・グループは、ロジャーズのパーソンセンタード・アプローチの考えに沿った集中的グループ体験で、
目的は個人の成長、個人間のコミュニケーションおよび対人関係の促進をより強調するグループ体験を通じて、個々の変化への援助に寄与することです。

文字にすると難しいよね。
私が今回参加する目的は、
傾聴が基本であるべき仕事をしているにも関わらず、時として自分の価値観を心の底においたままクライエントの話を聴いてしまったり、組織の一員としてやらねばならぬこととのジレンマで「自己一致」ができなかったりといった場面がいまだにあることと、
グループファシリテーションの能力を高め、一日一日、気持ち良く仕事を完了したいと思ったからです。
一言でいうと自己洞察の機会にしたいということかな。

構成的グループでのエンカウンターは何度も経験していますが、今回のような非構成(ベーシック)で3時間は初めてです。
ほんとうにどうなるやらわかりません。
世間話で終わるのか、明日の成長につながるほどのシェアになるのか。。。。。。

まぁ、ピンときた方は参加してみては?
会員以外でも無料で参加可能ですが、傾聴などのトレーニングをやったことがある方がよいと思います。

主催は京都グループワーク研究会です。
申し込みはあおいまでメールをくださるか、お世話係の先生のホームページからhttp://www.pat.hi-ho.ne.jp/nobu-nisi/メールをしてください。

以下、詳細です。
1.日時 平成31年1月26日(土)14時~17時

2.場所 花園大学(JR嵯峨野線「円町」下車南西へ徒歩8分)
http://www.hanazono.ac.jp/access/around
惺々館(せいせいかん)201教室

3.内容 円座~ベーシックエンカウンターグループ~
自発的に集まった少人数のメンバーが、あらかじめ準備されたプログラムやテーマはなく、メンバーから自由に提供された話題につい  て、受容と共感によって対話する。
グループが親密な雰囲気になり、かなり深い感情レベルでの交流ができる、筋書きのない話し合い、それが円座、ベーシックエンカウンターグループです。
今回はこの究極のグループワークに挑戦します。成功するか失敗するかはメンバー次第です。

4.参加費 無料

5.備考 花園大学は駐車場が狭いので公共の交通機関でお越しください。






  
  • LINEで送る


2019年01月06日

ディ-プエコロジー






沖縄在住時、琉球大学で生と死に関する哲学を履修した際、ディープエコロジーの概念が授業で出てきて、胸がジンジンするほどときめいた。

若いころから環境保護活動などに勤しんでいたけど、一定のところまでくると目に見えない分厚い壁が立ちはだかり、絶望を感じることが少なからずあった。
1995年頃だったか、オーストラリアの環境活動家アンニャ・ライトさんに出会い、それまで自分を覆っていた感覚は“ディープエコロジー”という言葉で表すのが一番近いと思い、得体のしれない「分厚い壁」は、自分の心がつくりだしたものだったことに気づいた。

環境活動というと、どうも「何かに反対する運動」のイメージがある。
実際若かりし頃は、この世の経済活動そのものに嫌悪感を抱いていた時期がありつつ、
でも、自分だって肉体をもった人間だし、そのあたりの幼いジレンマが「分厚い壁」をつくっていたのだと思う。


さて、ディープエコロジー。


なかなか言葉で表現することができなくて、4年前、写真絵本にしたのがコレ。icon15
http://self.ikora.tv/e1043724.html


その数年前もディープエコロジーについて書こうとして、結局逃げた。(ToT)/~~~
http://self.ikora.tv/e74121.html


自分のボキャブラリーの貧弱さゆえ、未だディープエコロジーを言葉で表わすことができないでいる。




ただ、
森の中であじわう何者かとの一体感・・・・・
あれを言葉にするとディープエコロジーとか、ワンネスとかになるのかも。

今も過去も未来も
自分も森も川も
絵具を混ぜたように溶け合う感覚。。。。。


ほらね、
あやしくなるやろ。face07




初詣はいつもの小倉神社



屋根のこの不均衡さ、非対称の美に魅せられるんだ







  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:44ちょいとスピリチャル「一粒の雨の記憶」

2019年01月05日

初笑いから始めよう







昨日は御用始め。
今年もこうやってお仕事ができる幸せ。
有り難し。

お昼休みに同じ課のYさんとケイタイの話になった。
Y:「あおいちゃんの、アイフォン?」
あ:「ううん、違う。スマホ。」
Y:「!(^_^;)・・・・・
   それって、あべかわ餅か?、ううん違う、餅。
   って言うてるのとおんなじやでー!」
あ&Y 「ははは~!!(≧◇≦)」


それにしても、お弁当を食べながら、
いつもの“はなちゃん”とも、お腹よじれるほど笑って、
お口の中からごはんが出そうになるくらい
ひぃひぃ言うて笑(わろ)たのに、

今、
何で笑たか忘れた。



家に帰ってから
常々、夫さまに聞いてみたかったことを質問した。



それって、
どっからシャンプーで、
どっから石鹸?



今年もお世話になりますが、なにとぞよろしくお願いします。







  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 14:16人心緑化