2015年04月26日

秘密の隠れ里










そう。

この森には20数年前から、本やセミナーでは学びきれない本質を教えてもらった。

そして何度、救われたことか。



矛盾や理不尽さが渦巻くこの社会で、それでも生きることに価値があるって、トボケながら教えてくれもしました。


今でもいろいろなシーンを思い出すと、胸がキューンとします。







そんなにたびたび来れる場所じゃないから、こころ、ときめく。

今日はここからおじゃまします。





こんな苔の張った小道。
苔を踏まずには通れないよ。

足の裏からあたたかいエネルギーが、らせん状にあがってくる。






ここが、
“自分自身”との対話ができる場所への入り口。










    icon12       icon12  icon12        
  icon12                      icon12                   icon12
           icon12

                                        icon12   icon12

                              icon12       icon12  icon12        
  icon12                      icon12                   icon12
           icon12

                                        icon12   icon12








これは2009年頃。


珍しくこの場所に人をご招待?face02
三峰さん撮影。今頃は天国で日本の様子を見てるかな。






ふと、足元を見ると、大好きな春の山菜。


ぜんまい。





こうなると、穏やかな自然との対話はとぎれ、たちまち“山菜ハンター”の目に早変わり。



木の切り株に腰掛けて、ぜんまいの綿をとりましょ~




鳥の声と風に揺れる葉っぱの音だけ。



これはエコロジーの師匠のところに届けましょ。
ぜんまいは、球状になったものがおいしいんだよ。
あんまり見つけられないけど。




家族へのお土産はこちら。わらびたち。
摘んだ後からまた生えてきたんじゃないかと思うくらい、たくさんの恵み。

旬の筍と一緒に山菜おこわにしましょう。
Tomoik_89の好物だからね。








偉大なナニモノカicon12に見守られながら、こころを遊ばせた一日でした。



こんな時間があればこそ。
















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 11:01Comments(0)ちょいとスピリチャル

2015年04月25日

山が動く季節










新しいイノチにあふれてるね、山の緑。

毎年思うことだけど、山がもこもこと動き出しそう。


23日、お休みとってひとりドライブ。
猪名川町から宝塚の山奥を通るルートはまだ山桜が残っていました。







もこもこ







動いてる、動いてる。








里山で過ごす、この至福感はなんなんだろう・・・・・








遠くで待ってくれている、“ふるさと”のにおい。













  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:48Comments(0)ヘルシーエコライフ

2015年04月22日

母と娘の確執










ようやく・・・
ほんまにようやく、
母親との確執、深い溝がうまりつつあると感じられるようになったこの頃です。


カウンセリングをしていても、自分と似たような“母源病”と同種の呪縛に囚われている人に会うことが珍しくない。

なんなんだろうね。
いい年して、良くも悪くも『母』という存在がおおいかぶさっていて、それをはねのけられない自分がいるんだよね。

母の期待に応えたい自分と、
自分は自分の人生を生きたいという希望とが葛藤してるのかな。
わたしの場合は、どこかで母をかわいそうと感じているために、自分だけは母に満足を返してあげなければという義務感もあることは事実でした。

でもいつの頃からか、
人はなんだかんだ言っても、結局は自分の思い通りの人生を生きているのじゃないかと思い始めました。

究極は「あなたが選び、あなたが望んだ人生でしょ!」ということが言えるかもって。





沖縄に住んでいた頃、
初夏に届いた母からの小包の中に、米や野菜と一緒に、みかんの花がたくさんついた枝が1本入っていました。

箱を開けたとたん、みかんの花の甘いあまい香りが広がり、ふいに涙がこぼれてオイオイと泣きました。




どうすれば、なんと言えば、この理不尽さをわかってもらえるだろうと、命がけで訴えてきたような時代もあったけれど、
自分の娘の幼少期から、生きることの苦しさや辛さをしみこませてしまったことなど知らないまま、母にその人生を終えてもらうことの方が尊いことだという気が、今になってしています。









今日、仕事が終わってから、名残りのサクラを探し歩いた。








夕暮れに際立つ白






根っこ近くから見上げるサクラ






子どもは、次に自分が計画した人生を生きるためにぴったりな親を選んで生まれてくるんだって。











  
  • LINEで送る


2015年04月16日

春の山菜でデトックス

 






花見をしながら足元を見るとわらびがあちこちに出ていたので、山野の恵みをいただいてきました。


煮物や山菜おこわはもちろん、このようなパスタにも山菜はマッチします。

カレイのムニエルをおそばに従えた、平麺の山菜パスタ。





こちらはタラの芽と人参葉とごぼうのかきあげ。
抹茶塩でいただきました。




春の山菜は、冬の間に寒くて背をまるめて抱え込んでいたものを解放してくれます。

あの苦味やえぐみがいいんだよ。

自然の恩恵はほーんとに有り難し。





ついでに今日選んだ、しゅわしゅわのお酒にも感謝。icon06



今年はどぶろくを仕込めなかったからなぁ。。。。。

我が家に棲みついている発酵菌がもったいないね。

秋のワイン作りまで、機嫌よくお過ごしいただかないと。









  続きを読む
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:45Comments(0)ヘルシーエコライフ日々の食と食事療法

2015年04月14日

桜休暇











古い友人は、この季節は私が桜に呆けてボーっとしていることは承知してくれているので、とりあえずこの時期、用事は後回しにしてくれている。
というのはうそで本当はともだち、あんまりいないんだけどね。


京都市内や乙訓地方の桜は早くに散ってしまったので、まだ会える場所まで“青い車”で訪ねて行きました。


京都の大原から美山に超える佐々里(ささり)峠、4~5日前はまだ根雪が。


これならまだ桜は十分に見れるはず。






 。 。 。 。 。 (+o+) 蕾、固しicon11



気温は下界とこんなに違うのね。





美山では花盛り花盛りface05





なんといっても山桜。
ベビーピンクの葉っぱと花びらが1年ぶりのデートをたのしんでるね。
























































その季節がくると
命いっぱいのびのびと咲かせる桜

たった数日咲いて、散る


太陽に照らされるまま

雨にうたれるまま

風に吹かれるまま


ほほえんで咲いてる




かっこええなぁ・ ・ ・















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:43Comments(0)出かけてきたよ

2015年04月14日

残されたのは祈ることだけ。










選挙結果のことを考えていたら、またシワが増えるのでヤメ。

でもね、ひとつだけ。
自民くんは久々に過半数以上を確保し、
「もう公明くんがいなくたって平気さ!今となってはヤツは邪魔なことを言うだけ!」とか言って、自衛隊の海外活動の緩和については慎重だった公明くんという足かせを蹴飛ばし、
自民くんの好き勝手だけはせんようにしておくれやす。

「戦争をしないために軍備を強化する」なんていうことひとつとっても、あなたの子や孫に、どうやって説明しはるんどす?

モノや金や権力というものを追い求めていても、これでもう満足、というところはこないよ。

そんなゲームは降りた方が人生はおもろいのに。



原発のこと、
オキナワ問題、
諫早問題、
超高齢社会や貧困への対策、
いろいろあるけど、
でも一番望むことは
戦争だけは回避せなあかんよということ。



知らぬ間に、平和ボケした私たちのアタマを洗脳されないように、
ちまたにあふれた情報も選びながら日々を送りたいものです。







今日、
雨が降り続く篠山にて。
























桜の枝や、土の上も花びらがいっぱい。

ただただ、
雨や風にまかせていたら、
こんなにうつくしく散れるんやなぁ~
 ik_88












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 00:13Comments(0)ヨノナカヲ思フ

2015年04月11日

あなたに決定権があります










「今だけしか見てへんやん?!」
という、いつになく語気の強い言葉。

下の畑で、子どもをおぶったご近所の若い奥さんと、花粉症がひどくて・・・という話からなぜか、
それより怖いのはまだまだ続きそうな原発事故の汚染やん、みたいな話になって。

この奥さまとはこんな話をしたことはなかったのだけど。


「東電がついこないだも汚染水を垂れ流しておいて知らん顔してたってなぁー、信じられへんわ・・・反省もなにもしてへんやろ。」

「事故の始末もまだできてへんのに、国もまだ原発動かすとか言うけど、動かしてもアレなんやろ、廃棄物が出ても行先がないねんやろ?
頭悪いんちゃうの?」

「どういう計算で原発でつくる電気が安いって言うてんのかわからへんし、原発動いてなくてもやれててんやのに、なんで?
なんで?ってもう・・・・・」




お怒りはごもっとも。

背中に伝わるこどもの体温が、母の本能を際立たせるのかな。






原発も改憲に向かう今の政府の動きも、「いのち」の観点から考えるとハッキリ、間違っています。


「景気対策」「経済効果」「国益」とかいうけれど、いのちや健康や平和を守ることが優先課題ですやろ。。。




当たり前と思ってきたことが、当たり前じゃなくなってきたから、
『いのち優先の政治をしてくださいね』ってわざわざ言わなきゃならない世の中になってきた、ということです。









大原の里の今

















惚れぼれ・・・  山桜






 明日が投票日の人は選挙に行こうーik_95  ik_20









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 11:02Comments(0)ヨノナカヲ思フ