2016年12月13日

和歌山弁ラップ






頭から離れない面白さ。
仕事中も脳みそがラップしてた。

ケンミンショーでやって欲しいな。






通訳が必要な方はこちらを。face10






icon12        icon12
       icon12                  icon12   
icon12        icon12
       icon12                  icon12






紅葉が散る素敵な時間です。ik_18
今年はこんなシーンには出会えませんでした。
http://self.ikora.tv/y1212



過去の12月13日の記事
http://self.ikora.tv/y1213
















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 17:27琴の滝荘にて&南紀の方言

2015年11月01日

へんてこな、ふるさとことば











「あの時の突風は、軽トラックまで畑へまくれやっつらら!」

解説
「あの時の突風は、軽トラックまでが畑へ転げ落ちていたでしょう!」
という意味です。


共通語やから覚えときやと言われても・・・


ここでは小石やドングリに使っていますが、たいていはもっと大きいものに使います。

大きいものがまくれた時はもっとダイナミックに「まくれっ飛ぶ」と言います。face08




「まくれる」は刺激的ですが、「つらら」はふらんす語っぽくない?

「行ったあ~ッつらら」
「買いやっつらら」

ら ら  らぁ~ ♬ ♪  face07







急に寒くなったから森は色づき、足元の落ち葉は木漏れ日に光って宝石のようでした。











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 09:47琴の滝荘にて&南紀の方言

2008年08月17日

ユニフォーム!

まぁ・・・なんですなぁ

田舎もお盆やお正月だけは
人口が増えますねぇ・・・

夏休みで、
しかもお盆ということもあり、ここしばらくは
琴の滝荘も例にもれず、
    本館、コテージともドタバタと
    忙しくさせていただいていました。


ウチのスタッフや研修生は
この忙しい期間の、
ほんの短い休み時間でも
フレキシブルな時間の使い方をしたはります。
                              。。。 元気やなぁicon11

何かを書きとめたり、本を読んでいたりといった文科系から、
川につけた“もんどり”に獲物が入っていないか見にいく人やら、
真夏の山野草を摘んでメニューに仕立てる人やらいろいろです。



ところで、
やっとユニフォームが揃いましたヨik_20

京都の【和彩彩】さん http://8625.teacup.com/wasaisai/shop の作品です。
表裏とも1枚ずつの手描きTシャツだから、数が揃うまで待ち遠しいのですが、
表はメッセージのこもった素敵なデザインをしてくださいました。


とりあえず“B面”を撮るチャンスに カシャ! ik_49 


カシャ! ik_49

        とりあえず2人分ご紹介です。

                          ど~です? なかなかでしょ?ik_73


“A面”は現地でご確認くださいな。face02









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:09琴の滝荘にて&南紀の方言

2008年08月02日

森の中の結婚披露宴


その日の業務が終わってからも、なにやらみんな慌てだした。。。


深夜にオッサンたちがハートをくりぬいている姿はちょっと不気味face07


だんだんと嬉々としてくるオッサンたち!



そして翌朝ik_20


このヒト、本業は舞台監督。
でも今日は自称〝キューピットface05〟  。。。。。チョットこわいicon11


吊り橋をバージンロードにしたかったワケね!



新郎&新婦が〝キューピット〟icon10に先導され。。。。。



橋の向こうではお仲間が拍手のシャワーik_72icon06ik_72icon06ik_72icon06


大阪のオシャレなお店『阿呍』 http://www.a-aun.com/ 店長のご結婚パーティだったのデス。

琴荘スタッフの勝手なサプライズにお付合いくださってまことにありがとうございました!!ik_75

そして
おめでとうございます。



大切な記念日をここでお過ごしいただけたことに
スタッフ一同心から感謝です。
 
                     また〝キューピット〟に会いに来てくださいね。  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:34琴の滝荘にて&南紀の方言

2008年07月23日

木を植える男

昨日の朝は霧のような雨。
雨にけむった森も大好き。
本館から見える中庭の向こうは透き通った川。。。
この雨のひと粒もあの川の流れになって・・・・・・ ・ ・ ・ face08

   なにしてんね!? あのひと、こんな早朝から あんなとこで!

        
 ア ヤ シ イ
 



    ik_19 ナニ?
         もしやウチのボランティアのおじさん???



                                やっぱり。ik_94


土砂崩れしかかった斜面に木を植えている。。。

木の根は土を摑むからね、 コンクリート吹きつけと訳がちゃうのよ。


   雨の日は、木を植えた後でも水やりが必要ないから、
          きっと雨の音を聞いて飛び起きたんだナ。


琴の滝荘はこんなボランティアさんや研修生たちが全国各地からやってきて
この森ごと、
この館を守り、盛り立ててくれています。


熊野大辺路は、
そしてこの琴の滝荘は
まったくもって
蘇りの地であり、再生を促すところです。

日々、
予想もしなかった出来事があります。
一見すると多大なショックや苦悩だったりする“事件”もありますが
ど~も
今はそれが必要で起きているという気がして
一種の「毒出し」かなと思えるのです。

ビンビンと ほんまもん体験してますねん。ik_87

私たちも、
昨日、おじさんが植えてくれた木のように
命の根を深くおろしていきたいね。










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:45琴の滝荘にて&南紀の方言

2008年07月21日

呼びかけるもの

「オーイ!!」




琴の滝荘に登る山道で毎朝呼びかける人がいます。

誰?

帰還兵か?!


。。。 呼びかけられて驚いていたのは1日目だけ。


次の日から、 “その人” と私は同一化してしまったように
今日も森の中で存在している自分を確認するのです。



今日もわたしが わたしで ありますように・・・・・・

森の中からの祈りが
傷ついた心に
届きますように。




  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 18:27琴の滝荘にて&南紀の方言

2008年07月17日

網戸の張替え

森の中は
あらゆるイノチの営みを身近かに感じることができます。

でも
都会育ちの方々には
虫さんの侵入はおっかなびっくりかも。


じゃぁ~
コテージの網戸の破れも気になりますよね。
スタッフの健太サンは1歳の娘をもつ身なので
なおさら子連れのお客さまの心配をするのです。

先日からミーティングのたびに網戸、網戸とリフレイン・・・

それで今日はとうとう網戸の張りなおしです。



コテージのお客さまも
この森の清々しさのなかで
お健やかに眠りについてくださいね。face04ik_05







  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:43琴の滝荘にて&南紀の方言