2014年09月07日

紀州の新聞 紀伊民報







和歌山県の県域紙と言えば紀伊民報さんです。

わたしが20代の頃に毎週のように“アトリエ”に集まって飲んでいた人たちも、地元で活躍されている方も大勢いて、この新聞社にもそんな方々がいらっしゃいます。


だからという訳ではないのですが、「一粒の雨の記憶」もご紹介くださいました。

まことにありがたく、感謝いたします。

やりとりのメールの中に、
「あとがきの「初老」という言葉に、初めてお目に掛かってからの時間のうつろいを感じ、妙に寂しくなったりもします。」とありましたが、そうなんだよね、もう人生は残り時間の方が圧倒的に少なくなっていて、大好きな桜の季節にはウットリしながらも、「あー、あと何回この桜を見れるんやろ~なぁ」って思っています。


メメントモリ・・・http://self.ikora.tv/e897051.html
良い死に方をするために生きてるような日々ですよ。icon12 ik_93 icon12








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:19Comments(1)メメントモリ

2014年01月17日

不戦の誓い







近頃もまだ相変わらず、
下世話な世迷い言に振り回されている自分を感じながらも、
それでもやっぱり、
自分の暮らしと同様に気になるのは、“世の中の動き”であります。


そりゃそうやろ。

結局は、
「世界ゼンタイガ幸福ニ ナラナイウチハ
 個人ノ幸福ハ アリエナイ」
ってところに通じるのかな。



さてと、
こんなことはもう、ブログには書くまい、と思いつつも、
「えっ?!」と思うようなことが、近頃やたらと目につくんどす。。。

  続きを読む
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 07:56Comments(0)メメントモリ

2013年11月13日

赤く染まる





















不思議だなー

また秋がきてしまったなんて。



うかつやったわ。











葉っぱも赤くなり始めると、
もうその生命力は葉の色とは逆に色あせて、
周囲には穏やかになり、静かな愛そのもので存在するだけになり。









そんな葉の色と、その木のたたずまいに圧倒されると、
もう、この世に渦巻く理不尽さにも、言葉を発する勢いも失せてしまうんだよね。









あしたやれることは あしたやろう。

来年でもよいことは年が明けてからやろう。


来生(らいせい)でもよいことは、生まれ変わってからの宿題にしよーik_20
と、
いつになく 怠けた気持ちになれる今宵であります。














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:00Comments(0)メメントモリ

2013年04月24日

散り際













今年も精一杯咲いてくれた桜たち。

忘れないよ。

今年だけの表情、
この木だけのにおい、
一回きりの色・・・・・










散ったあとに雨が続き、
また風が吹き・・・

そして三日目に陽がさす頃には、
桜が咲いていたことも忘れられる。

そんな散り方がいいなぁ、あたしも。














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:36Comments(0)メメントモリ

2012年01月15日

潔く!











先日から、 ぽっかり地肌が見えるような脱毛や、めまいなどの症状が続いていたので、大きな病院の心療内科を初めて受診しました。

主治医は、心身医学やホリスティック医学の体系をつくりあげた池見 酉次郎先生に直接の指導と薫陶を受けられた、ある病院の名誉院長なのでなんの心配もありませんでしたが、結果が出るまではやっぱ、少々気になります。
二人の医師による問診とカウンセリングだけでも1時間半くらいかけ、その後にいろんな検査で、5時間ほどかかりました。

病院でいろんなことを思いました。

まぁ人間だから、何が起きても仕方ないわ…という、
わりと潔いあきらめ感があったかな。


…ちゅうか、
目が回りたければ回ればいいし、
頭、禿げたければ禿げればぁ! (^▽^)って、
ある意味、あきらめた。

そしたら次の日から、朝も起きられるくらいのめまいに変わったし、
ナンだったら丸ハゲになれば、ウィッグが医療費控除できるやろうから、ヘアドレスのバリエーション広がるなぁとかって、
マジで楽しみにしてたら、脱毛が止まってきた。face03


悩みなんてこんなもんどすな。



痛みは痛みとして
かなしみは、かなしみとして
孤独は孤独として受け入れられたなら、
あとは
死ぬ時がきたら死ぬだけのこと。

そんなことを
クッキーをばりばり食べながら
「うん、異議なしやわ・・・」と思えるようになった今が、
実に尊く思えるこの頃です。







ブログ「アカルク タノシク ホガラカニ」の、ひよさま作バリカタik_40クッキー

ひよさまは、こころとからだに、サイコーicon06の食事とおやつを作る腕をもつ滋賀在住のねえやんik_94です。
近々、料理教室をしようかな・・とか言うてたから楽しみどすな。














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:15Comments(6)メメントモリ

2008年10月07日

マハーサマディ



こちらのお方さまは、
すさみ町で10本の指に入るご長寿の、みつゑさんです。
あと一ヶ月で100歳になる我が家のおばあちゃんです。

一年前とは違い、 http://self.ikora.tv/e61171.html もうずっとベッドのなか。

私は10数年来、習慣や時間で食事をしないで、おなかがすいてから食事をいただくようになり、
すっかり健康を取り戻し、1日2食で充分な日常なのですが、
おばあちゃんは寝たきりでも、3度の食事をしっかり自分で召し上がる。

「お腹すかんけどなぁ」とおっしゃりながらも、
唯一の“お仕事”ですから、しっかり食べ、
そして毎日ウンチ、オシッコをたっぷりなさる。
でもこちらは自分では始末ができません。



命を与えられるうちは生きる。
ただ 生きる。
すごいシンプル。



子どものいない私たち夫婦はもし長生きしたとしても、
おばぁちゃんのように生き続けることは難しいので、
PPK(ピンピンコロリ)と決めているの。ik_94 icon22

死期が迫ったと感じたら、洞窟にこもり静かに瞑想し・・・・・・

           ん な訳ないかik_20

                       洞窟の中に古酒でもねかしているに違いない。。。 ik_81






  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 15:56Comments(0)メメントモリ