2019年09月29日

向き合うべき時はそうしましょう






「あたしが離婚して困ったことは、
 固い瓶のフタを開けるのに困ったことだけ。」

「これ、買ってきたから何の問題もなし。」



雲一つない快晴のような清々しい顔で、
サラッと言ってのけたZさんは、一時期から壊れてきた夫との生活を何とか夫婦としてやり直せないかと限界まで努めてきました。

でもお相手は妻の怒りやかなしみに向き合おうとしないで、
ずっと、他人事のようでした。

どうして他人事のようだったかには、これまた理由があるのでしょうけれど。



自分のこころとからだが限界に達したと悟ったZさんは、
ぼろぼろになった自分を、自分で抱きかかえるように、
長年暮らした家を出ました。

そして
小さなアパートで何十年ぶりの一人暮らしが始まりました。


男と女の違いはここから。



一人暮らしを始めたZさんは日に日に美しさを取り戻し、
オシャレもし、仕事も見つけ、嬉々として働き始めました。
好きな食器を探しに出かけたり、好きな音楽を楽しみ、
見違えるほど幸せオーラ満開でした。

彼女には後悔はみじんもなかったのです。
なぜなら、それまで精一杯やりきっていたから。

でも、男性の方はそうはいかなかった。

別れて2日目から、
謝るわけでもなく、
やり直そうと言うわけでもなく連絡がくるのです。


はたから見ていると、
男性の方はまだどこかで元妻を自分の所有物のように思っていて、「自分のものなのにコイツは何をしているんだ」というふうでした。


その結果になるまでに、一方は何とか修復しようと働きかけ、
一方は他人事だった。

「じゃあなんであの時、話し合いにも応じなかったの?」
という言葉さえもう言わない天を突き抜けたような爽快なZさんと、
元夫の言動の違いは、どこからくるのか・・・・・




様々な相談と出会っていると、このご夫婦だけではなく似たような結果になっていると感じます。

これからの長生きの世の中、熟年夫婦が加速度的に増えていきます。

「終わりよければすべてよし」という言葉もありますから、
長生き夫婦たちよ、
できれば仲良くいきましょう~ 
 icon06 ik_86 icon06










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 14:36人生の午後&メメントモリ

2019年09月16日

90歳を超えてからの引っ越し






102歳まで地球で遊んだおばあちゃん。
http://self.ikora.tv/e61171.html

長生きも遺伝するのか、環境の影響かわかりませんが、我が家の両親も90歳前後で二人とも存命です。
でも、もうからだの機能も衰え危なっかしいし、遠距離介護もそろそろ限界。
田舎では医療の選択肢がないと意気消沈している母の様子があるし、我が家から1時間以内で通える範囲の高齢者住宅へ引越しすることになりました。

あれもこれもと住宅への希望が多いため、ここ1ヶ月間は住宅探しでヘロヘロになりながら駆けずり回り、
はたまた2日で900㌔を走り、体験宿泊をしてもらって、「まぁ、ここでいい。」と言ってもらえるところまでこぎつけました。
いつも休みを合わせて手伝ってくれる夫さまには、ほんとーに感謝感謝です。


父は当初、「年をとってから水が変わると死ぬ。」face08と言っていたけど、
仕事を続けながら、遠距離で、介護の必要な二人の面倒を一人っ子の私が一手に引き受ける自信はありません。
かと言って介護離職をすると、今度は私たちの老後資金が枯渇する可能性があるし、世の中的にも、これからは高齢者も最低70歳までは働いてくださいという流れだし。
若い人々に金銭的負担ものしかかってきていますからね。

親はまだ私たちがいるからいいけど、私たちは子どもがいないから、きれいに自己完結する必要があります。


ご同輩方も同じような環境にあるかもしれないけど、
なかなか「縁側でひなたぼっこ」なんて、夢のまた夢ですね。

年を取るごとに多忙になり、煩雑なことにも巻き込まれていきますが、
それでも楽しみをみつけて
「人生の午後」を味わっていこ~ icon06





こんなところで最期を迎えられたらなぁ・・・










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 18:44人生の午後&メメントモリ

2019年08月17日

年を重ねる愉しみ その2






これは年を重ねたからなのか、
対人相談支援という仕事柄なのかわからないけれど、
初対面であっても、
その人が話す言葉が、その人の本心ではなかったりすると、
即座に、聴いている私の胸がキーンと痛くなったりします。

別にサイキックな能力は皆目ありませんが、
これはただただ
経験値と+αの何かなんだと思います。


これに加えて最近では、
目の前のクライエントが、今この問題に着手したいのか、
今はさわって欲しくないのかってことも、
ここ数年、何となく感じるようになりました。

そんな場合は、そこはスルーして、本人が言葉にすることだけに沿っていきます。

面白いのは、
スルーしたはずなのに、やっぱり以心伝心。
次にまた予約が入ったり、その人のターニングポイントに連絡が入ったりします。


こんなことっていうのは、
クライエントが自覚する悩みや私の能力などを通り越し、
「言葉」以外のコミュニケーションで双方が語り合っている
としか言いようがないことがあります。

この作業の中で、
きっとそのクライエントに合った速さと順番で
解決すべきことを浮き彫りにしていくのかもしれません。



昔、「医療を自給する」という活動に積極的に取り組んでいた頃は、誰が聞いてもわかるような根拠を大事にしていたけれど、
今、カウンセリングで時々起きるこのようなことは、理屈はわかりません。
一種のフローなのか?



子どもの頃から、他人からの評価を最優先に育てられ、
自分の存在自体が否定されるくらいに「後回し」されていたことが、
皮肉にも、
この仕事をやっていて役立つことが多いです。


そうやって考えると、
人生での出来事は、ちゃんとツジツマが合うようにできていると素直にうなずけます。
(今のあなたに起きていることも、きっと同じ。未来の良い時間のために起きている。)


毎年毎年、猛暑が激しくなる夏に思うことは、

人の悩みなら少しは聴けても
温暖化防止の地味なエコライフは
やっぱりもうちょっと派手に、
美しく、
そして大胆にやっていきたいと。


あ、
この1週間は体調不良で食べられず、1日300~600㌔カロリーくらいで十分仕事もしていたので、これはこれで省エネかな。

最近、まじめ過ぎた。
ハメはずさなきゃ。
努力して、ハメはずさなきゃ。face03


今日あたりから、またお酒も美味しく感じるし、
介護ツアーまでに快復できて感謝感謝。



台風前の夕焼け



今宵の月











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:04人生の午後&メメントモリ

2019年08月03日

持ち時間の分配






もっと自分の時間が欲しいと言いながら、
毎年、去年と同じだけの畑を借りて、
春には夏野菜を植え付ける。

6月頃には毎年、仕事に行けないほど毛虫の被害にあい、
夏になると、休みの朝は4時頃から汗だくになって草取りをし、
木酢液の噴霧、堆肥づくり、次の季節の種まき・・・・・・

わずかな家庭菜園でも植えたからには手入れをしないと、こんな住宅街では環境も悪くなるから、せっせとお世話する。



で、
あっと言う間に休みが終わる。

ぐったり。



畑仕事がやりたいことのひとつではあるけれど、
ちょっと時間を取られ過ぎ。


そうか、
来年から管理する畑を減らそう。


ん?
もしかしたら、生業としての仕事を減らすか?


難しい選択。

自由に動けるあとの時間、
何を思い、
どんなことをするの?

キャリアカウンセラーたる自分に問いかけるこの頃。



畑の芸術作品。



セクシー?(^O^)/



モロヘイヤもツルムラサキも、摘んでも摘んでもどんどん出てきてくれて、消費が追い付かず。





それぞれの特徴と美味しさを活かしてあげられるかな?



あ!(@_@)
あたしの人生みたいな紆余曲折きゅうり。



情熱のまま動き、火傷をした跡、
天に唾を吐き自分に戻ってきた跡、
言葉をのみこんだ時にできた傷・・・




このきゅうりはサラダになって、
自分の栄養になりましたとさ。








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 15:20人生の午後&メメントモリ

2019年06月02日

年を重ねる愉しみ その1







「さぁ、人生という散歩が始まったぞ。」


生れたばかりの赤ちゃんが
そう言うとは思わないけど、
今生での生が始まり
もう60年余りたっていたことに
まだ時々驚いています。(^_^;)

今、うんうんと頷いてくれたご同輩のお顔が2、3人浮かんだけど。


若いころから、
人生はリタイアしてからどう生きるかが大事、
と漠然と考えていたので、
ついにこれから、人生の本番がやってきたって感じです。

世の中は人生100年計画とか言われ始め、
総務省の統計では
100歳の高齢者は30年前より50倍に増えたとあります。
100までいきなくても平均余命までとしても、
あと25年ほどもある!!


まぁ・・・・・・


どうしましょう。。。。。。



でもね、
年を重ねることで良かったことがあります。

そんなことを思い出すたびにここに書いていこうと思います。


まず初回は
「何でもない日常の愛おしさが増してきたこと」

これにまつわることは何度もここに書いてきたけど、
若い時はあまり深く思うことはなかったなぁ。

今は朝ごとに登ってくれる太陽にさえ、
「あぁ・・・今日も出てきてくれてありがとさんです」と感じ、
それが季節ごとに咲く花であったり、
野菜の新芽だったりすると、
うっかりすると涙さえにじむ。


夕方になって夫がいつものように帰宅しても
心が跳ねるほど喜んでいるし、
まして仕事で関わったクライエントが
ふと笑顔を見せてくれたとなると、
奇跡かと思い、感謝で心が桃色になる。


若い頃は
こうはいかなかったよ。











花に囲まれたベンチで、
そんなことを語り合いませんか?



今日のおしゃべりを黙って聴いてくれたひとicon15











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 11:08人生の午後&メメントモリ

2019年05月06日

ハルイチとダンスと生きる意味







今朝になって会えた夫との会話。

あ 「昨日の歩数計、24000歩超えてた!」

夫 「どっかの山、歩いてきた?」

あ 「ハルイチで踊った。(^O^)/」

夫 「ハハハ、またか。」


1年1度、40年前からの知り合いに会える同窓会かも。

※liveはその場で感じるもの、という風太サンの思いを尊重し写真はこれだけ。



意味もない鼻歌

好きな音と一緒に
踊ってる自分が一番楽しいダンス


60過ぎて、やっと
「生き方」のようなものがわかってきたかも。


もっとも、
「反戦、反核、反差別」を貫いてきたハルイチの風太サンはきっと、

「ケッ!ぼけてきたんちゃう?」
とかって言うかもしれないけど。

確かに角がとれてきた自分を感じるけど、嫌じゃない。

半年から、長くて4年周期で20回を超える転職をしてきて、
もう何かの組織で、“みんなと一緒に仕事する”なんて無理!
と思っていたけど、
あろうことか最もコンプライアンスが要求されるような職場で10年以上も働き、気が付けば職場も仕事も大好きになっていた。


これも周囲の人々の忍耐力の賜物なんだけどね。ik_75


いろいろあった60年が、お好み焼きミックスみたいに小麦粉でつなぎ合わさって、ひとつの庶民的食べ物になったみたいな。



あれもこれもありがとう。






18から参加し続けているハルイチに行けなかった年のこと。
http://self.ikora.tv/e126907.html


ハルイチの代表選手?たちもどんどんこの世から離れ、毎年会えなくなる人が増えるけど、
彼らは音楽で自分のメッセージを残してるからスゴイな。

わたしは、鼻歌やダンス、仕事のカウンセリングも全部消えちゃうけどね。
それでも満足。
自分にはちょうどいいです。









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 14:55人生の午後&メメントモリ

2018年11月21日

くる年の準備








『きょういく』:今日行くところがある

『きょうよう』:今日、用がある

今年の手帳から来年の手帳に移し書きをしている時に見つけた言葉。


       もう何年もこのタイプの手帳


中高年齢者のキャリア支援をする中でも感じることは、
一般的に女性は生活力があり、60歳を超えても働く意欲の高い人が多い反面、男性は思い込みやプライドなどで、再就職どころか地域奉仕や新しい趣味をもつことさえも躊躇する人が多いと感じます。

定年退職したのち、「今日行くところがある」「今日、用がある」状況は、心身の健康状態をも左右することなので、今から準備したいものです。


個人的には今年1年は、慣れないことが同時発生で起きてしまい、現在もアタフタの真っ最中です。
両親ともに起きている心身の変化への対応、
それに伴う、人生100年とする経済面の準備、
公共事業に協力するための対処、
祖父の時代に遺されていた課題への対策、
職場で強化されはじめたPDCAへの取り組み・・・・・

同時進行で、いくつかの課題に対して考え行動するということは、慣れないものにとっては逃げ出したくもなります。

でも今日、手帳にこの言葉を見つけ、
今の多忙さは、現役だからこその歓びかもしれんなぁと一瞬、思えた言葉でした。

ほんの一瞬だけどね。face03

今年は残り一か月ちょっと。
平成時代締めくくりの佳き思い出を残すぞ~!







  
  • LINEで送る