2008年02月29日

熊野トラベルケアスタッフ

超高齢社会に突入する時代において、高齢者や障害をもった方でも安心して旅行ができるよう、
おもてなしの心や介助技術を習得したく思い、
先月からサービス介助士と熊野トラベルケアスタッフの研修を受けています。

        
      

先日は小雪降る中、古道で健康ウォークの実施研修でした。




これが熊野古道弁当 icon15 容器なども極力、土に還る素材を使っています。







(トレーナー)「自分の木を見つけ、その木が地下の水脈を探し水を飲んでる音を聴いてください。」

(あ)「icon03ik_20 え~耳してはりますねんなぁ・・・」
                                                                  
(ト)「山崎さん!茶化さんとまじめにしてください!!ik_01」 

                                                        
(あ)「ik_75icon10」               

  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 11:12Comments(0)出かけてきたよ

2008年02月26日

自分で選び、決定する









まぁなんですな ・・・
               

日頃の身近な出来事や、社会におけるニュース、
選挙の投票率ひとつみてみても、
なんて他人まかせに生きている人の多いことかと唖然とすることがあります。
                                



自分や家族に関わることであっても、自分の知恵で判断し何かを決める習慣をもっていないのかも?
この自己主張を忘れたかのような特徴は、ある意味では日本人の美意識が変化したものかもしれませんが。


モノゴトを決める基準は、
多くの人が言うのだから間違いないだろうとか、
こんなことは誰もやってないから間違いかもとか、
恥をかかないよう、仲間外れにならないように
皆と一緒が安心とか、
波風たててもどうせ。。。だから ってこともあるのかな。

だからテレビや新聞が伝えることには、少々の疑問が頭をかすめたとしても、その疑問は多数決の世界にからめとられてしまい、気が付けば同化している。




2年前、ライブドアのホリエモンが証券取引法に絡み逮捕された時、
昨日まで時代の寵児ともてはやしていたのに、逮捕されたとたん
マスコミなどの扱いもまるで変化したし、ちまたでも「ほらやっぱりな」って。
 ・・・・・昨日まで多少なりとも憧れ、『儲け方入門』読んでたんちゃうの?



似たようなことが最近もありましたえ。
江原さんというスピリチャルカウンセラーのやらせ疑惑が発覚するや否や
「ほらやっぱりな!霊視なんて怪しいと思ってた!!」って、
先週まで “オーラの泉”、録画してたんちゃうの?


別段 両氏のファンではないけど、そういう世間の反応をみると、その親たちに育てられている子供たちのことが気になりました。



『OKINAWAあおい地球』のブログでも、この種の記事は再三書きましたし、
ヘルシーエコライフ講座でも、情報断食の有効性を実験したこともありました。

わたしたちって1日のなかでいったい何度、モノゴトを判断し、何かを決めるという作業をしているでしょうか?

だからこそ、繰り返し繰り返しこのことを話題にするんだと思うの。
あなたにとって何かを選択し、決定する基準になるものは何ですか?


多分、自分の人生を明るく豊かにするのも、その逆の人生にするのも
どんな情報を入手し、選び、自分で決めるかで、相当違ってくると思います。



そしてその一番最初にくる《情報》に関して思うことは、
人を 本質的な幸せ にいざなう情報は、テレビや新聞やネット社会のなかに見つけることは稀だということです。

わたしたちは過去もマスメディアがもたらす手軽な娯楽と一緒に、どんなに多くの不安と混乱を受け取ったかしれません。


受け身でばかりいないで、自分で情報を集め、考え、自分のフィーリングを大事にしながら選択する。
そんなことをちゃんとやれる大人でいたいと思います。










   
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 18:57Comments(0)人心緑化

2008年02月18日

青い鳥

雪がうっすら
朝起きると。

夕べの雪、夜中も降ったんだ。

チャンス、チャンス!またとない白い世界の森歩き。


朝日の木漏れ日

きれい icon12



ふいに木々のなかに動く小さな陰

・ ・ ・ ・ ・  あっ
青い鳥!!

白い森のなかで
誇らしげに美しい羽を見せて。

ルリビタキ?

深い青・・・元気いっぱい森と川を飛び移ってる。



いいなぁ鳥って。
身軽で。


人間だったら30年ローンで買うマイホームも
鳥さんなんて
毎年新築して
しかも住金に借金なしで。

この寒空でも、隙間風だってへっちゃらで
きっと
あの小さな足先に
シモヤケなんてのもできへんやろし。





    face10  ・・・・・・ そういうオチなん?
今日の「青い鳥」というロマンチックなタイトルの記事は。 ik_75icon10







  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:35Comments(0)ひとりごと

2008年02月17日

雪のなかの露天風呂瞑想

今日は南紀州も珍しく朝から雪でしたね。

雪のなかを車を走らせることなんて、そうないので
今朝の通勤はなかなか楽しい50分でした。

   「雪の粒が自分の車をめがけて突進してきているみたいやな~ ・ ・ ・ 」


亜熱帯に住んでいた去年までの冬とは違うオタノシミを、またひとつ見つけた気分icon12 icon02 icon12



帰宅前に近くの温泉であったまろう。

露天風呂に浸かってたらまた 雪 icon12 ・・・・・

他には誰も入っていないし、瞑想タイムにもってこい。

そのうちどんどん雪は強くなり、肩にかかる雪も、一瞬先に降った雪の上に落ちている。



           あ~  この幸福感icon06 ・・・
                         たまりまへんな。




別段、雪が降ってなくても、
お風呂のなかじゃなくても瞑想は可能なのよ。face02

瞑想は、日頃忙しくしている現代人にこそ、おすすめしたい有効なセルフケアの手段のひとつです。

あなたの現実的な仕事や、親であるとか、夫である妻であるといった“役割り”を離れ、
この世でたったひとりの【あなた】という命のあるがままとアクセスするための、
便利な方法なんです。


かといって実生活と離れてしまうのかというとそうではなく、
今与えられた環境のなかにおいて、
本来のあなたを発揮することにつながっていくので、
今までストレスフルだった日常に変化をもたらすこともできるでしょう。


セルフケア・サポートネットでも皆さまからのリクエストがあれば、瞑想か坐禅の練習をします。
坐禅はなにも求道者のためだけのものではなく、
脳波を下げ、気分を落ち着かせるために使えるメソッドと考えることもできます。
『安上がり楽チン健康法』のひとつでもあります。

ですが、何分デリケートな部分に触れていきますから
自分がよ~く納得したところで習得するようにしましょうネ。



       ---ところで
       今夜の雪の露天風呂瞑想は
       あのまま続けてたら
       人柱の雪ダルマ icon04 ができてたかもなぁ face08 ・・・・・  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:33Comments(0)人心緑化

2008年02月11日

くとぅば じんじけー

 
くとぅば じんじけー
                            沖縄言葉です。

意味は、 『言葉は お金のように大切に使いなさい』 。



育った環境での民族性や、子供の時に周りのおとなたちが話している言葉は
真っ白な幼いこころを良くも悪くも、簡単に染めていきます。



たとえばね、
やんちゃな幼稚園児たちを遠足に引率している先生方は
「車の道に出ないようにね!」 なんてことはよく言うセリフだと思います。

少なからず、人は“してはいけないこと”に対し、
妙に興味をもったり、やってみたくなったりしますから
              この場合も否定形ではない言い方ができないかな?


先の表現を肯定的に伝えるとすると ・・・ 
たとえばひとつに、
「おともだちと二人で手をつないで、人が通るところを歩きましょう」
                             とか言う方が効果的かもしれませんね。



特に子供にとっては、耳で聞いた言葉が印象に残りやすいのです。
ここでいうと、 「車の道」。
大人は「出ないように」を言いたかったのだけど、それさえ逆効果になる事もたまにあります。

だから、してはいけないことを口にするのではなく、やって欲しいことを伝えるのです。

これは大人同士でも有効です。

同じひとつのことを表現するにも肯定的な言い方を身に付けると、
だんだんと“ラッキーicon22”が起こりやすくなるのは、実験してみるとわかります。



ネガティブな話題が山盛りの社会だから、練習ネタにはことかかないでしょik_19face10 icon10

明日からさっそくやってみたら?!
やっているうちに心が向く方向もポジティブさを増しますから。


言葉ってほんとに大事。
聖書にもあるんじゃなかったっけ?

始めに言葉ありき。 言葉は神なり。   ・・・・・みたいなフレーズ。

沖縄のことわざにもありましたよ。


確かに、

人は自分の口癖通りの現実をつくっている

                               とつくづく感じます




「くとぅば じんじけー」のことや、あれこれを沖縄のコミュニティFMで
1年ぶりに60分を生でおしゃべりしてきました。 
『マジカルミステリーツアー ブログ』 2月6日放送分を引っぱり出せば聞けるそうです。

放送翌日は旧暦のお正月。
宿を提供してくださったご夫妻と共に、沖縄の聖地で初日の出を見ることができ
リセットしたような真新しい感覚ik_92になりました。
                              感謝!  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:28Comments(0)ご紹介、感謝です

2008年02月02日

「よけいなこと」 バンザイ!

2月1日からの続きでやんす。


財布というものを持たない夫は、お札はポッケにそのまま入れ、
小銭はジャラジャラするからか、会社から帰るとそれらを全部、空になった飲料ビンに貯めていた。

“宇宙人”の考えてることは、今だに理解できないこともあるので、
その当時、“貯める”という感覚が夫にあったかどうかは不明ですが。 icon11



さて、
長い会社員生活を終えた夫は退職した翌日、毎朝の習慣になっている『梅醤番茶』を飲み干した後、
おもむろにこの小銭が詰まったビンを数本押入れのなかから取り出し、
新聞紙をリビングに敷き詰めたかと思うと、
ビンの中から一円玉だけを取り出し、
製造された年代ごとに一枚づつ積み上げ始めたの・・・・・ face07


「ナニしてんの?」

「一円玉積み上げてるの」 

                 (見たらわかるケド)ik_85

「ふ~ん・・・  で、どうすんの?」


「べつに・・・」


                                       以上。



この時ばかりは、短気で効率重視の私も、
                    なぜか「よけいなこと」とは思わなかったのね。

まるで、一枚の一円玉が積み上げられるたびに
長いサラリーマン生活でのストレスや不全感みたいなものが、
昇華されていってるんじゃないかとさえ見えたんダ。


一円玉の積み上げ作業の途中でも、野鳥観察だけは忘れず、
バードウオッチングに行く時には

       「さわっちゃダメだよ」

とだけ言い残して出かけるのでした。
「さわっちゃダメったって、リビングをこんなに占領して!face09」と思いもしたけど、
どっかで、≪最良の手段で彼は自分をヒーリング(この言葉は当時は使いもしなかった)してる≫
ような気がしたのかなぁ、私もいつもとは違う反応をしていたような記憶がある。




かくして、リビングのあちこちに一円玉の棟が何本も出来上がった頃、

何かがふっきれたのか、

「これ(一円玉)、 もういらないから、片付けていいよ」 って。 まるで積み木を片付けるみたいに。




その間はわずか5~6日だったと思う。

9500日余りもお勤めをしてくれたなかでの、たった6日。


それで、26年余りの年月において未消化だった悲喜こもごもが昇華されたとすれば、
とても とても 有り難いことやなぁ。。。




まぁこれは
身近で体験した 『よけいなこと』が奏効したんじゃないかと思える一例です。


『よけいなこと』って、
ある時は
自己ヒーリングになり、 またある時は創造力の源になったり、
人生に潤いをかもしたりする要素は 大きいのではナカローカ?


大人になるにしたがい、
実利主義が身に付き、
そのことがあるお陰で、自分や家族を守ってこれたのだと思うけど、
“人生の質”などを追求できる時代に生まれてこれた私たちは、
「よけいなこと」のなかからこそ
“これがワタシだ”というような本質めいたことがらが生まれるのじゃないかな?


あなたは今
        どんな「よけいなこと」をしたいですか ik_19
  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:31Comments(0)人心緑化

2008年02月01日

ニュース!!!

ごめん、昨日の続きを入れるより大事なイベント情報のお知らせをウッカリ忘れてた。


『お気に入り』にも入れさせていただいている

【ネットワーク地球村】の高木善之さんの講演会

なんと!
田辺市の Big・U で行われますik_20ik_20

2月3日 13時30分~16時30分  (前売1000円) 

お問い合せ  紀南地域地球温暖化対策協議会の多田さん 090-3286-7816 


もし、このブログを読んでいるようなマイノリティなあなたでさえ、

まだ、高木氏の講演を聞いていないのなら、

なにをさておいてでも、

               行っておくれやす!
  続きを読む
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:12Comments(0)イベント情報