2018年03月30日

年金手続きに思うこと



気がつけば60歳のお誕生日が過ぎ、




なんと!年金をいただけるのだそうで。
『特別支給の老齢厚生年金』 は後ろ倒しができないそうですよ。
あれ?みんなは知ってたんだ。ik_75
知らなかったのは私だけ・・・
私はてっきり65歳からの受取にできると思い呑気にしていましたが、女性は(と説明された)、『特別支給の老齢厚生年金』 部分は60歳から受給するものだそうです。
僅かですけれど、親の介護旅費の片道分くらいにはなるかな。



昭和36年4月から始まったという国民年金。
私が二十歳になった時、住民票地域外に出ていたこともあり、本人に知らされないまま親がこれをかけ始めてくれました。
その頃の国民年金の趣旨は、「あなたの老後の支えに」だったと思います。
でもこの頃の公的年金のキャッチコピーは「世代間の支え合い」となっています。
つまり現役世代が払った保険料は、その時点の高齢者への年金給付に充てられ、現役世代が年を取れば、今度はその下の世代が払う保険料から年金を受け取るというもの。

「世代間の支え合い」なんていう、一見、良いことをしている印象の呼び方は、
沖縄の在日米軍基地のために使われている「思いやり予算」そっくりだな。

年金の配分に関しても、
数十年前から懸念材料としてすでにあった、少子高齢化への対策が後手後手になったから、
キャッチコピーを変えてごまかしちゃったか?!


ところで年金事務所から送られてきたお知らせにも、同じ公務系職員として、ちょいと恥ずかしい思いが残りました。

「60歳になると『特別支給の老齢厚生年金』を受け取る権利が発生します。」とか、
「60歳から、年金請求書の受付が可能です。」とか書いてあります。

まぁ、その通りではありますが、
「かけた年金、欲しい人は申請できます」とおっしゃってます??
年金は65歳から貰うと思っていた人が、65歳になって初めて申請をしても、この『特別支給の老齢厚生年金』は5年を過ぎると時効で受け取れないとも書いてあります。

10年近く前の宙に浮いた年金問題以降も、未支給の年金が増えている云々のニュースがあるけれど、
経済的余裕のある人の中には、年金を辞退している奇特な方もいらっしゃるかもしれませんが、どうも他の課題があるようにも思えます。


自分のことに振り返って考えると、
新年度を前に、
気持ちよく働き成果を出すこと+ α を提供できるようになるには、やっぱり自己洞察と研鑽を重ねることかなと思う。
職業人生の終盤になっても、こんなことを思っている私は、
今までいったいどこが成長できたのかと哀しくもありますが。







今年は北国の春のように、
アカシアもコブシも桜もツツジも


みんな一緒に咲き始め・・・



もっとゆっくり
咲いてくれませんか ね。





年休をとっておき、
山里をひとりで歩いて
山桜を見つけることが
この時期の、ささやかで最大のたのしみです。







  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 15:23ヨノナカヲ思フ

2017年12月29日

「あなたはどんなふうに日常を生きますか?」








今年もいろんな出来事が数々起きました。

気が付かないないふりをして過ごせないのは、やっぱり、
世界中が戦闘モードになってきていることです。
これまでも紛争は絶えることなく世界のどこかで起きていて、関係のない子供たちがそれに巻き込まれ、飢えや痛みなどの辛い気持ちしか知らずに死んでしまうことが、今この時もあるということ。

ひとつ例にとっても、昨年初めに政権が崩壊し内戦状態に陥ったイエメンでは、多くの住民が飢餓状態にあっても、援助団体がもはや活動できない状態だそうで。
食料も医薬品も枯渇し、最も弱い立場の幼い子供たちが飢えて犠牲になっているとの報道を目にしました。
数日にわたり食べ物がなく、空腹感さえ遠のき意識がもうろうとする幼い子どもに、なすすべもない母親も気持ちもまた、計り知れません。
いったいこの子たちは何のために生まれてきたのかと思う。



さぁ、日本の話。
国内での出来事の中で、
「こんなことになってきたんだ!・・・」と、映画でも見ている気分になりました。
北朝鮮の弾道ミサイル飛来を想定した住民避難訓練を自主的に行う自治体が現れ始め、幼稚園でも防空頭巾のようなものをかむり、訓練をする様子を見た時です。

もうひとつは、原発で事故が起きたときを想定して、災害時の放射線障害予防薬のヨウ素を、対象自治体へ事前配布していることです。
フリー百科事典ウィキペディアのこれに関する説明が、また驚きです。

「国(原子力規制委員会)は、平成25年6月に原子力災害対策指針を改正し、
(中・省略) 
今回、事前にヨウ素剤を配布したことにより、災害発生時に交通が麻痺していても、手元にあるヨウ素剤を服用できるようになった。」とあります。

はっ?
「服用できるようになった」?!
まるで、これまで不便だったことが国の采配で便利・安全になったかのような印象です。

このような方法で弱者を保護しているつもりになれる人たちが、
金と権力をもち、国づくりをしているから、
間違うのです。

お門違いに猛進するのです。

でもこの背景つくってしまったのは、
“大人もれなく全員”の考えと行動の結果だと思うから、
関心をもち続けることはとても大事なことだと感じます。
Amazonで防空頭巾を売っていたり、お金持ちが自宅に核シェルターを持ち始めているような社会現象の中で、
「あなたはどんなふうに日常を生きますか?」って、神か仏に聴かれている気がしています。


icon12                icon12  icon12

          icon12

そんなとき、12月27日の京都新聞朝刊の記事に勇気をいただきました。
発足して68年がたつ「京都ひまわり合唱団」さんの存在です。

年が明けた1月13日にある演奏会は「まもりたいものは・・・」というテーマで、社会問題を創作曲で表現されるそうです。
米軍普天間飛行場の移設や福島原発事故などをテーマにしたオリジナル曲、「今だけ 金だけ 自分だけ」というタイトルには、どこかで聞いたフレーズだと思い、笑ってしまいました。

ひとりひとりが考えるきっかけになれば、と合唱団の方はおっしゃっています。
※ちなみにチケットは、ほぼ完売のようです。



数の多さや、声の大きさ、伝え方や見せ方などのパフォーマンスのうまさなどで圧倒されて、
少数派の人々や、表現方法がわからない人たちが小さくなって生きていくのでは、その人たちがもっている感性や個性がもったいないと思う。

みんなおんなじ横並びより、
色とりどり、
丸 四角 三角 ひし形・・・の方が万華鏡のようで美しい。
わたしはこう思う
と語り始めるのは素敵なことです。



新しい年が
あなたにとって
誇り高い1年になりますように。







過去の12月31日の記事
http://self.ikora.tv/e983024.html









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:20ヨノナカヲ思フ

2017年12月24日

FacebookにLINEに・・・








今の時期は農閑期につき少々の時間ができたので、かねてから言われていたFacebookにブログの記事を入れるようにしました。

沖縄在住時の12年前から書いているブログは地域ブログとかいうもので、無関係の人が何かのはずみで読めるような媒体ではなく、知り合いの中でも、よほどマニアの人しか読まれないと言われていますが、また新しい入力の仕方を覚えてまで引っ越しするほどの理由もなく、気が付けば12年・・・・・


ところで、

まだガラケーを愛用している私はlineが使えないので、
チーム連絡も、わざわざ私だけは別にメールをいただかなければならず、あちらこちらの関係者のみなさまにはご面倒をおかけしています。ik_75

便利さに慣れると、ちょっとしたことでも面倒なのはよく理解できます。
10数年前、ボランティア活動の連絡は一斉メールで届けられていたのに、お一人だけメールを使っておらず、その方だけプリントアウトしてFAXを流していたものです。
だからね・・・ お手数かけて申し訳ない気持ちをこの先ももち続けたくないので、できることから始めて慣れていこうと思います。


とは言っても
ガラケー !! (*´ω`)



lineは無理なので手始めのFacebookだったのですが、いきなりメッセンジャー?とかでご親切な情報をお送りいただいたりして、カナシバリ状態です。( ;∀;)

コメントのお返事を入れたつもりでもどうやら入っていないみたいだし、だいたい自分のFacebookがどんなふうに出ているのかもよくわからんのです。
PCでおともだちのを見ても、どっからどこまでがその方が書いたものなのか、どこからがリンクなのかも理解不能。face07


ま、
そんな具合なので、
どうか今しばらく
あたたかい目で。。。。。 m(__)m  m(__)m 


今日から
スマホ貯金始めますから。

おこらんとって。    




こんな日は
おいしいものを食べて、コテッと寝る。


あかんやん、
湯気でくもって。





今宵は雨で寒さもゆるみ、人肌の燗酒と。









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:59ニュースヨノナカヲ思フ

2017年10月08日

心で考える







人間がどんなに利己的であっても

空気や水や
自然の営みなどのことは
当たり前すぎて
忘れ去っていても

母なる地球はいつも いつまでも
与えっぱなし



そんな地球のおなかのなかに
爆弾など打ち込んで
どのくらいの殺傷力があるかを実験したり
「持っているぞ」と主張したり

世界で唯一の被爆国であり
あんな惨い原発事故を起こしたニッポンでさえ
核爆弾をつくれる元になる原発をやめようとしなかったり
憲法を加筆して
戦争ができる国にしようとしている

国民が知らないうちに金を集め
軍需産業に資源と人手をかける

武力を強化するからまた脅しをかけてくるってことは想像できないのか?

いったいどこまでいくというのか?

2017年度予算で、防衛費(米軍再編関連費用を含む)は過去最大の5兆1251億円となった
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H7B_X20C17A3PP8000/
これではほんとうに必要な福祉や教育などに十分な金も人も回せるはずがないから
消費税を上げてまかなおうとする



「被爆国日本は戦いません
 国際貢献としては
 災害時などの人命救助と復興応援はまかせなさい!」

とかっこよく宣言できるのはこの国だけだよ

子どもたちも
おとなも
みんな誇りに思うでしょう

日本って素晴らしい国
戦争を避けたことで
大勢の命を救った国だって







しっかりつかんでいてね










そろそろ色づきはじめたよ、サクラの木



無条件に与えられている大いなるものを
思考停止しないで
心で考えたい








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:34ヨノナカヲ思フ

2017年09月10日

何を見ても思うことはひとつ













はっ?!
キティ?



と思って、フリーマーケットで器を手にしたら、
「気に入ったらあげます。」と言われ、
ありがとうともらってきて、

その日のうちに
しらす丼になった。


この卵はラーメンなどにのっかっている煮卵ではありません。
「しみたまご」というもので、半熟卵をお味噌に5時間程度漬けたものです。
酒肴人http://shukojin.com/の親方、高村光有氏に、かれこれ20年前に教えてもらったものです。

見かけより数十倍美味しいのです。





こちらはネコではありませんが、我が家にもいる熊。


ある日の出勤途中、
ふと顔をあげると、

プーさんがベランダで日向ぼっこしてた。




ほんとうは、お布団と一緒に干されていたと思うけど、
どっちにしてもほほえましかった。




こんな平和な風景が

明日も

あさっても


10年後も


そのもっと先も
続くようにと祈る

今日このごろ。









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:21ヨノナカヲ思フ

2017年08月13日

大きな過ちは








あなたは近頃の北朝鮮とアメリカのやりとりをどんなふうに感じていますか?

私のニュースソースは産経新聞を除く大手4社と、時々見るNHKニュースですが、
ここ数週間は特に、
黙って見過ごせない状況にある気がしています。

北朝鮮はアメリカに向かって「米国国民が我々の戦略兵器の威力を最も近くで体験する」と発言し、
トランプ大統領はそれを受けて、
「北朝鮮は世界がこれまで見たことのない炎と怒りを受けることになる」と応酬する始末。


そして日本はどうか。

この唯一の被爆国である日本が今、核兵器禁止条約には否定的立場をとっており、先月、国連での採択にも参加しなかったのです。
その後の動きを見ていても、核保有国と足並みをそろえ、核廃絶にサインをしない見通しという。

「核戦争は二度とあってはならない」と言うなら、核保有国と並んでいて良い訳がないです。
この矛盾の説明は、子どもたちにわかるようにできますか?
その説明を理解しなさいと教育したとき、
その子どもは将来、大事な選択をする時に、どんな結論を出すと思いますか?

核の傘下に依存しない政策をたて、ゆっくりで良いから核廃絶を訴え続けるのがほんものの政治じゃないの?

ったくもう・・・こんな具合だからアメリカにもなめられるのです。
日本人のスピリチャリティはどこへいった。




ヒロシマ・ナガサキの原爆投下で亡くなった人、
死ぬより辛い思いをした人たちのこと、
ひとりひとりが心に刻むことが大事だと思うのです。


 http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/09/story_n_17713862.html

リンクが開けない方はこちらで。icon15

ジョー・オダネルさん(元従軍カメラマン)撮影


(朝日新聞デジタル 2017年08月09日 19時02分) より

 原爆投下後の長崎で、亡くなった幼子を背負う「焼き場に立つ少年」。
撮影した米国の従軍カメラマン、故ジョー・オダネルさんの妻が夫の生涯をたどり、長崎原爆の日の9日に著作が出版された。
「投下した側」でありながら、過ちと訴え続けた足跡を写真と共に追っている。

 オダネルさんは被爆後の広島、長崎などで、私用カメラを使って約300枚を撮影。
フィルムは封印していたが、1989年に反核の思いが込められた彫刻像を見たのを機に、「核戦争を繰り返さないことにつながるなら」と写真展を開いた。
原爆正当化論が根強い米国で批判に耐え、2007年、長崎原爆の日の8月9日に85歳で亡くなるまで各地で写真展を開き、戦争反対を訴えた。

 本は「神様のファインダー 元米従軍カメラマンの遺産」。
掲載されている13枚の被爆地の写真で、著名な「焼き場に立つ少年」について、幼子を火葬にする少年の様子をオダネルさんはこう記す。

 「炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいる」「少年があまりきつくかみ締めているため、血は流れることもなくただ少年の下唇に赤くにじんでいました」

 妻で米在住の坂井貴美子さん(56)が2年ほど前に出版社の打診を受け、オダネルさんの遺志を尊重して、応じた。
坂井さんは取材に対し、「人間の存在の原点を、占領者としてではなく同じ人間としてカメラに収めている」と表現。
そして核廃絶へのメッセージとして、こう語った。「ただ『忘れない』ということが大切と思う」。

 A5判192ページ。いのちのことば社(03・5341・6920)刊。(宮崎園子)














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 12:57ヨノナカヲ思フ

2017年08月05日

胸いっぱいな夜







昔からそうなんです。

洗濯物をたたんでいる時などに、夫の衣類の糸がほつれたり、
布地が薄くなったりしているのに気が付いた時、
急に鼻の奥がキーンと痛くなってきて、
ポロポロと涙がこぼれる時があります。

なんだろーな。これって。


年中ガンバリ気味で、あつくるしい?ほどの私から見ると、
ぼやーっと生きてるように見える夫ではあるけど、ik_75
ちゃんと時間を経過して「生」を刻んでいることに感動するんだな、きっと。



こんなこと思うって、おかしいかな。




おかしいよね。




でも、

なんでかわからないけど、
不意にこの感動はやってきます。

なんだかんだあっても、
こうやって二人して生かしていただいていることが
やっぱり奇跡のように思うんだ。





何のつながりもないのだけど、
今、ラジオからハマショーの「もうひとつの土曜日」が流れてきて、ゆるんでいた琴線に響いてしまいました。



色恋沙汰はいつの世も平和の象徴であります。

人々がもっと純粋に恋に落ちれば、
人と人が殺し合うような戦争が
どんなに哀れで、無意味で、罪深きことかがわかるから。



♬ 恋をしましょう 恋をして
 浮かれ 浮かれで暮らしましょう (^^♪


《拡散希望》 ik_83
























  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:54ヨノナカヲ思フ