2019年10月20日

雨降りが豪雨になってしまうのは





身近でおきた豪雨災害は2011年8月の台風でした。
和歌山・三重が大きな被害を受け、100人近い犠牲者が出ました。
その後、熊本、広島、九州北部、岡山など毎年のように台風や豪雨で被害が出ています。
そしてまた台風19号で関東・東北で大きな犠牲と被害が出ています。

毎回、わずかな義援金を振り込みながら思うことは、
こんな大きな被害になってしまう原因についてです。

NHKニュースなどでも、雨が豪雨になってしまう原因として
「海水温が高くなっていること」が一因と言っています。

じゃあなぜ、海水温が高くなっているのか?
そこまでチラッとでも説明してくれればいいのに。

もっとも、温暖化による海面上昇の影響もあるし、
二次災害として起きる土砂崩れなどは、
人工林など植層による変化で山に保水力が少なくなったことや、森林に手が入らないことなどもあるでしょうから、あちらもこちらも関わってきて簡単には説明できない。

人間の活動によって、
多方面においてじわじわと原因をつくってきたってことなど
言えないか・・・ ニュースや天気予報では。


単なる雨降りが豪雨になってしまうのは地球温暖化が影響することは分かりやすくても、台風の出現数にも温暖化が影響するらしい。

以下のレポートは
「安全・安心社会の確立に向けた国土交通行政の展開」から

気象庁気象研究所や財団法人地球科学技術総合推進機構を中心とする研究グループによる21世紀末頃を想定した温暖化予測実験によると、全球的な熱帯低気圧の発生数については、現在気候再現実験における発生数よりも30%程度減少する一方、海上(地上)の最大風速が45m/sを超えるような非常に強い熱帯低気圧の出現数については、地球温暖化に伴って増加する傾向があるとされており、災害が全体として激化することを想定することが重要と考えられます。
(注) 「現在」は現在気候再現実験、「21世紀末頃」は温暖化予測実験の結果を示す。



もう少しだけ、この大地や自然のいとなみを
おそれ敬う気持ちをもって生活していきたいです。

人間だけが地球の生きものじゃないし、
これからここで生きていく
たくさんのいのちがあるのだから。




























  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 16:06ヨノナカヲ思フ

2019年06月23日

お騒がせの老後資金問題










笑てしもた。
ある日の新聞の“かたえくぼ”。


「夫婦そろって65歳から30年間生きると、老後資金が総額で2000万円不足する」との試算を発表した金融庁の金融審議会報告書について、麻生さんは「国のスタンスとは違う」と弁明したけど、これって年金制度を正しく見てるよね等々すったもんだしているから、
思わず言いたくもなるよね、
「じゃあいったいなんぼいんの?」って。

このニュース以降、自営業の知人が「2000万くらいあればいいの?」と、ちょっと余裕の顔つきて聞いてきた。

ん?
T ちゃんちは国民年金だよね?
2000万不足するっていう基準は、夫婦で21万程度の年金があるってことが前提だったと思うよ。

と言うと、一瞬で泣き怒り顔になり、
「年金が月21万入る家庭が標準なん!?
あんな試算って、厚生年金の人が対象なん?
国民年金の家は、夫婦合わせても半分くらいやで。
こっちの試算もして欲しいわ・・・わからんわ、ほんまに。」

って。


大阪のおばちゃんらに国会で質問する機会を設ければ、
多くの国民が今、起きていることを理解できると思います。











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 13:41ヨノナカヲ思フ

2019年05月25日

国民のひとりとして







国民の一人として、何が起きているのか監視しておかなきゃ。

北方領土返還の手段として戦争をもちだして語った日本維新の会の丸山議員。

日本維新の会は、丸山議員の発言を言語道断として除名をした。

野党6党派も、国連憲章から、日本は戦争によってものごとを解決する手段をとらないというのが根幹であるとして、
議員辞職勧告決議案を提出した。

自民、公明党はあくまでも本人が決定することとして、辞職勧告には相当しないという方向。

・・・・・  ということは?
今の与党は丸山議員のような意見をもつ議員も
あって良しということ?

・・・・・  もしかして今後、場合によっては
戦争を認めてもいいかもってこと?

そんなふうに理解されても仕方ないよ。


現在、丸山議員は議員を辞めることはないまま、体調不良で2ヶ月休養の診断書を出し、聴取を欠席している。



政治の話題を出すのはタブーだという空気をつくられて、
気の合う人たちだけでラインで話し、
おとなだって好きな話題だけをネットサーフィン。

しっかりしなきゃ、有権者たち。





お目め直しface05



近頃は夜、眠れなくなったら、
これ幸いと起きだし、
咲き始めた多肉植物たちの花をじーっとながめる。



何日かかけてゆっくり開くので、楽しみも続く。。。



ベランダに何種類あるかわからない多肉たちは、
今、どんどん花を咲かせている。



出番待ちの子。





今の子どもたちも
おとなになった時、
好きなことを存分にできる環境でありますよう。








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 19:46ヨノナカヲ思フ

2019年04月13日

諫早、取り返しのつかない公共事業






2007年に完全に締め切られた堤防。
その後、周辺環境はどうなっているか、
この公共事業の失敗で、地元の農漁民はもとより、
諫早の件を知らない一般国民にも
今もって税金という形で負担が続いているのです。



http://self.ikora.tv/e1027088.html

この当時、国が支払っていた漁業者への制裁金は1日45万円だったのが、2015年からは倍額の90万円になっています。
もう10数年間、毎日毎日支払われ続け、
今後、たとえ開門されても、次は農業者側にも支払われることになるため、どうしようもないのです。



かつて干潟で行われていた漁業










締め切り堤防の内と外


取り返しのつかない公共事業、ここにも。









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 13:29ヨノナカヲ思フ

2019年01月27日

しっかりしよーぜ、おとなたち。






また政治的不祥事ですか。
しかも今回の「毎月勤労統計」の不正調査は、被害にあった国民の数や金額が大きすぎて、一国民が「いっぺん考えてみよう」と思える単位ではありません。
第一次安倍内閣の平成19年にも「消えた年金問題」が起きたけど、あの5,095万件とかいう凄まじい数の年金は、「宙に浮いた」というくらいだから解決せず、そのまま宙に浮かんではるんやろ?
どこの宙やの?教えて欲しいわ。

今回の不正が該当する2004年~2017年という年に、私も雇用保険の申請をしたので2,000万人の中に入っているかも?と思い、今日、厚労省の相談ダイヤルに電話をしてみた。
電話相談の方は丁寧に謝られた後、「現在データ回収をしており、これから調べる段階なので、もうしばらくお待ちください」ということでした。
たいへんなお仕事を担当されて、本当にお疲れさまですと言って電話をきりました。

国関係のお仕事をしている人々も、直接、国民や利用者と関わるところで働いている人々は、きっとまじめに一生懸命働いている人がほとんどだと思います。

じゃあ問題になるのは・・・・・?




だからね、もうちょっとマシな政治家選ばなきゃ。
こんな大それた不祥事を政治家に繰り返させるのは、
何も言わない国民が多いから。それに尽きる。
政治家の問題じゃなく、おとなひとりひとりの問題だと思うよ。
麻痺してないで、もう少し世の中の動きを監視して、
シャンとしよー!

しっかりしよーぜ、わたしたち。





見張り役













  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 17:47ヨノナカヲ思フ

2018年11月01日

一般市民の気持ち







職場でのお昼休みは13時から。
皆のお昼休みが終わった後の食堂で、残り物のお味噌汁をいただきながら、パートの業者さん、はなちゃんと過ごすのが楽しみ。
はなちゃんとは、ほぼ同年代で、共に子どもがいないことも最近知った。

食堂はNHKのテレビがつけられていて、先日は国会中継だった。

広い食堂で二人でお弁当を食べながら黙って国会中継を聞いていた。

するとはなちゃん。
「今って、就職しやすいんでしょ?
 ボーナスも大手は上がったとかニュースでやってるやん?
 景気回復傾向とかとか言う人もいるけど、
 ・・・ なんかなぁ・・・」

あおい「なんか?」

はな「なんか幸せ感っていうの?
   そんなんが薄ないですか?
   お金のこともあるけど、なんか他のことでも。
   気持ち的に。」

と、いつになくシリアスなことを言う。


あおい「そういえば、20年くらい前までは、
  日本人の大方の人が中流意識もってる感じあったよねぇ。
  格差なんていう言葉もないほど、みんな似たようなもんで。
  今よりはいくらも平和やったんちゃう?」
  
はな「なんでかなぁ。今。
  欲しいものも買えるし、ネットで便利になったのに。」

あおい「そりゃやっぱり、不安材料が多すぎるからちゃうの?
 憲法変えてナニするつもり?とか、身近なことでは
 少子高齢化とか、消費税アップとか。」

はな「将来のこと考えたくないもんなぁ。
  でも、ウチも85歳くらいまでは生きるかもしれんから
  ちゃんと勘定してるし、
  死んだあとお金余ったら、
  犬猫の愛護センターとかに寄付したいわ。」

と、犬好きのはなちゃんはちゃんと考えていた。

あおい「そうよねー、私らは子どもいないから、もしお金余ったら、
 国に入るより、自分が大事に思うことに遺したいよな。
 ウチは、夫も私も、お金残ったらこうしてっていうの、
 遺言書いてるよ。」

という話から、どこに寄付したいか、
それはなぜか、という話で盛り上がったあと・・・

はな「でも、今、妙に長生きさせられるし、100歳くらいまで生きたら、
 なんやお金足りんやん!って話になるなぁ!」

あおい「ほんまや、寄付どころやあれしまへんえ!」

「ハハハ!(≧◇≦) ヾ(≧▽≦)ノ」
オバサンたちの大笑いが食堂に響いたあと、またはなちゃんが、


「こないだ、10月から最低賃金上がったこと教えてもらったでしょ?
 ウチらの時給、あれより低かったから、どうすんのかと思ったら、
 最低賃金ピッタリに上がったわ!」



そうなんです。

最低賃金で働きつつも、自分の人生をきれいに終い、
その後も、世の中に少しでも役に立てるものを遺そうとする明るい生き方。
はなちゃんみたいな一般市民が周囲にいっぱいいるから、
わたしも大いに元気づけられて暮らせているの。

国会中継に“出演”していた先生方、
一生懸命に生きている多くの一般市民の想い、
わかってますか?







夫とふたり、仲良しおべんとさん











ハロウィーンおべんとさん













  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 14:34ヨノナカヲ思フ

2018年03月30日

年金手続きに思うこと



気がつけば60歳のお誕生日が過ぎ、




なんと!年金をいただけるのだそうで。
『特別支給の老齢厚生年金』 は後ろ倒しができないそうですよ。
あれ?みんなは知ってたんだ。ik_75
知らなかったのは私だけ・・・
私はてっきり65歳からの受取にできると思い呑気にしていましたが、女性は(と説明された)、『特別支給の老齢厚生年金』 部分は60歳から受給するものだそうです。
僅かですけれど、親の介護旅費の片道分くらいにはなるかな。



昭和36年4月から始まったという国民年金。
私が二十歳になった時、住民票地域外に出ていたこともあり、本人に知らされないまま親がこれをかけ始めてくれました。
その頃の国民年金の趣旨は、「あなたの老後の支えに」だったと思います。
でもこの頃の公的年金のキャッチコピーは「世代間の支え合い」となっています。
つまり現役世代が払った保険料は、その時点の高齢者への年金給付に充てられ、現役世代が年を取れば、今度はその下の世代が払う保険料から年金を受け取るというもの。

「世代間の支え合い」なんていう、一見、良いことをしている印象の呼び方は、
沖縄の在日米軍基地のために使われている「思いやり予算」そっくりだな。

年金の配分に関しても、
数十年前から懸念材料としてすでにあった、少子高齢化への対策が後手後手になったから、
キャッチコピーを変えてごまかしちゃったか?!


ところで年金事務所から送られてきたお知らせにも、同じ公務系職員として、ちょいと恥ずかしい思いが残りました。

「60歳になると『特別支給の老齢厚生年金』を受け取る権利が発生します。」とか、
「60歳から、年金請求書の受付が可能です。」とか書いてあります。

まぁ、その通りではありますが、
「かけた年金、欲しい人は申請できます」とおっしゃってます??
年金は65歳から貰うと思っていた人が、65歳になって初めて申請をしても、この『特別支給の老齢厚生年金』は5年を過ぎると時効で受け取れないとも書いてあります。

10年近く前の宙に浮いた年金問題以降も、未支給の年金が増えている云々のニュースがあるけれど、
経済的余裕のある人の中には、年金を辞退している奇特な方もいらっしゃるかもしれませんが、どうも他の課題があるようにも思えます。


自分のことに振り返って考えると、
新年度を前に、
気持ちよく働き成果を出すこと+ α を提供できるようになるには、やっぱり自己洞察と研鑽を重ねることかなと思う。
職業人生の終盤になっても、こんなことを思っている私は、
今までいったいどこが成長できたのかと哀しくもありますが。







今年は北国の春のように、
アカシアもコブシも桜もツツジも


みんな一緒に咲き始め・・・



もっとゆっくり
咲いてくれませんか ね。





年休をとっておき、
山里をひとりで歩いて
山桜を見つけることが
この時期の、ささやかで最大のたのしみです。







  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 15:23ヨノナカヲ思フ