2017年10月08日

心で考える







人間がどんなに利己的であっても

空気や水や
自然の営みなどのことは
当たり前すぎて
忘れ去っていても

母なる地球はいつも いつまでも
与えっぱなし



そんな地球のおなかのなかに
爆弾など打ち込んで
どのくらいの殺傷力があるかを実験したり
「持っているぞ」と主張したり

世界で唯一の被爆国であり
あんな惨い原発事故を起こしたニッポンでさえ
核爆弾をつくれる元になる原発をやめようとしなかったり
憲法を加筆して
戦争ができる国にしようとしている

国民が知らないうちに金を集め
軍需産業に資源と人手をかける

武力を強化するからまた脅しをかけてくるってことは想像できないのか?

いったいどこまでいくというのか?

2017年度予算で、防衛費(米軍再編関連費用を含む)は過去最大の5兆1251億円となった
https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS27H7B_X20C17A3PP8000/
これではほんとうに必要な福祉や教育などに十分な金も人も回せるはずがないから
消費税を上げてまかなおうとする



「被爆国日本は戦いません
 国際貢献としては
 災害時などの人命救助と復興応援はまかせなさい!」

とかっこよく宣言できるのはこの国だけだよ

子どもたちも
おとなも
みんな誇りに思うでしょう

日本って素晴らしい国
戦争を避けたことで
大勢の命を救った国だって







しっかりつかんでいてね










そろそろ色づきはじめたよ、サクラの木



無条件に与えられている大いなるものを
思考停止しないで
心で考えたい








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:34Comments(2)ヨノナカヲ思フ

2017年09月10日

何を見ても思うことはひとつ













はっ?!
キティ?



と思って、フリーマーケットで器を手にしたら、
「気に入ったらあげます。」と言われ、
ありがとうともらってきて、

その日のうちに
しらす丼になった。


この卵はラーメンなどにのっかっている煮卵ではありません。
「しみたまご」というもので、半熟卵をお味噌に5時間程度漬けたものです。
酒肴人http://shukojin.com/の親方、高村光有氏に、かれこれ20年前に教えてもらったものです。

見かけより数十倍美味しいのです。





こちらはネコではありませんが、我が家にもいる熊。


ある日の出勤途中、
ふと顔をあげると、

プーさんがベランダで日向ぼっこしてた。




ほんとうは、お布団と一緒に干されていたと思うけど、
どっちにしてもほほえましかった。




こんな平和な風景が

明日も

あさっても


10年後も


そのもっと先も
続くようにと祈る

今日このごろ。









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:21Comments(2)ヨノナカヲ思フ

2017年08月13日

大きな過ちは








あなたは近頃の北朝鮮とアメリカのやりとりをどんなふうに感じていますか?

私のニュースソースは産経新聞を除く大手4社と、時々見るNHKニュースですが、
ここ数週間は特に、
黙って見過ごせない状況にある気がしています。

北朝鮮はアメリカに向かって「米国国民が我々の戦略兵器の威力を最も近くで体験する」と発言し、
トランプ大統領はそれを受けて、
「北朝鮮は世界がこれまで見たことのない炎と怒りを受けることになる」と応酬する始末。


そして日本はどうか。

この唯一の被爆国である日本が今、核兵器禁止条約には否定的立場をとっており、先月、国連での採択にも参加しなかったのです。
その後の動きを見ていても、核保有国と足並みをそろえ、核廃絶にサインをしない見通しという。

「核戦争は二度とあってはならない」と言うなら、核保有国と並んでいて良い訳がないです。
この矛盾の説明は、子どもたちにわかるようにできますか?
その説明を理解しなさいと教育したとき、
その子どもは将来、大事な選択をする時に、どんな結論を出すと思いますか?

核の傘下に依存しない政策をたて、ゆっくりで良いから核廃絶を訴え続けるのがほんものの政治じゃないの?

ったくもう・・・こんな具合だからアメリカにもなめられるのです。
日本人のスピリチャリティはどこへいった。




ヒロシマ・ナガサキの原爆投下で亡くなった人、
死ぬより辛い思いをした人たちのこと、
ひとりひとりが心に刻むことが大事だと思うのです。


 http://www.huffingtonpost.jp/2017/08/09/story_n_17713862.html

リンクが開けない方はこちらで。icon15

ジョー・オダネルさん(元従軍カメラマン)撮影


(朝日新聞デジタル 2017年08月09日 19時02分) より

 原爆投下後の長崎で、亡くなった幼子を背負う「焼き場に立つ少年」。
撮影した米国の従軍カメラマン、故ジョー・オダネルさんの妻が夫の生涯をたどり、長崎原爆の日の9日に著作が出版された。
「投下した側」でありながら、過ちと訴え続けた足跡を写真と共に追っている。

 オダネルさんは被爆後の広島、長崎などで、私用カメラを使って約300枚を撮影。
フィルムは封印していたが、1989年に反核の思いが込められた彫刻像を見たのを機に、「核戦争を繰り返さないことにつながるなら」と写真展を開いた。
原爆正当化論が根強い米国で批判に耐え、2007年、長崎原爆の日の8月9日に85歳で亡くなるまで各地で写真展を開き、戦争反対を訴えた。

 本は「神様のファインダー 元米従軍カメラマンの遺産」。
掲載されている13枚の被爆地の写真で、著名な「焼き場に立つ少年」について、幼子を火葬にする少年の様子をオダネルさんはこう記す。

 「炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいる」「少年があまりきつくかみ締めているため、血は流れることもなくただ少年の下唇に赤くにじんでいました」

 妻で米在住の坂井貴美子さん(56)が2年ほど前に出版社の打診を受け、オダネルさんの遺志を尊重して、応じた。
坂井さんは取材に対し、「人間の存在の原点を、占領者としてではなく同じ人間としてカメラに収めている」と表現。
そして核廃絶へのメッセージとして、こう語った。「ただ『忘れない』ということが大切と思う」。

 A5判192ページ。いのちのことば社(03・5341・6920)刊。(宮崎園子)














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 12:57Comments(3)ヨノナカヲ思フ

2017年08月05日

胸いっぱいな夜







昔からそうなんです。

洗濯物をたたんでいる時などに、夫の衣類の糸がほつれたり、
布地が薄くなったりしているのに気が付いた時、
急に鼻の奥がキーンと痛くなってきて、
ポロポロと涙がこぼれる時があります。

なんだろーな。これって。


年中ガンバリ気味で、あつくるしい?ほどの私から見ると、
ぼやーっと生きてるように見える夫ではあるけど、ik_75
ちゃんと時間を経過して「生」を刻んでいることに感動するんだな、きっと。



こんなこと思うって、おかしいかな。




おかしいよね。




でも、

なんでかわからないけど、
不意にこの感動はやってきます。

なんだかんだあっても、
こうやって二人して生かしていただいていることが
やっぱり奇跡のように思うんだ。





何のつながりもないのだけど、
今、ラジオからハマショーの「もうひとつの土曜日」が流れてきて、ゆるんでいた琴線に響いてしまいました。



色恋沙汰はいつの世も平和の象徴であります。

人々がもっと純粋に恋に落ちれば、
人と人が殺し合うような戦争が
どんなに哀れで、無意味で、罪深きことかがわかるから。



♬ 恋をしましょう 恋をして
 浮かれ 浮かれで暮らしましょう (^^♪


《拡散希望》 ik_83
























  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:54Comments(5)ヨノナカヲ思フ

2017年07月15日

たとえひとりになっても









「強行採決」なんていう言葉って、あなたは昔から知っていました?

今の政権になってから、マスコミからよく聞こえてくる言葉ですが。


2013年から、質疑さえ行われずに施行された法律は10件を超えるようですが、このような採決方法は自民党以外が政権をとっていた時代にもあったことのようです。
ただ、ことの中身が問題。
その内容や重要度が、これまでのそれとはまったく異なるから大きな問題になっているのだと思います。



ほんの2年前の2015年の安保法案、
そしてこの7月11日に施工された共謀罪などは、
すでにもうそれ自体が憲法違反ではないかと言わるような、極めて不安材料の多いもので、決議までに国民が納得のいく説明や国会での十分な審議が必須となる内容のものだったと思います。

ましてテロ対策とするなら、すでに準備段階から処罰できる法律はある(憲法学者・木村草太氏談) というのに、またなんで?ということにも答えがないまま独断的かつ性急に採決してしまうから、国民はますます不安と不信感をもつのです。

ごく当たり前な感情でしょ。




当たり前が通じないヘンな世の中にならないようにするために、
たとえわたしひとりになっても、ヘンだと思うことには、
「それはヘンです。こことここが気持ち悪いです!わかりません!」って、死ぬ間際まで言い続けると思います。







今年一番咲きのひまわり
畑の中でそびえ立ってるik_70




アップで見ると・・・


このどや顔!ik_40


見るほどにおかしくて、畑の中でひとり、
ニタニタ笑い、
またひまわりの顔見てニタニタ笑い・・・・・face03





熱中症かな。










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:31Comments(4)ヨノナカヲ思フ

2017年06月15日

心を使おう、マヒしないように。








「共謀罪」法が大慌てで成立しました。
審議を打ち切って、中間報告で成立をさせたという強行技に、自民内部からも疑問が出たと書いているから、よほど狂ったようなことが起きたのだと想像します。

先日、階下のお家の方と畑で、家庭菜園の話から今のご時世の話題になり、「なんとなく戦前みたいな空気やねぇ」と双方につぶやきました。
私が、「集団的自衛権のこととか、憲法を一部改正するとか立て続けにあって、今度のことも、
またかぁ・・・ ってなると段々とマヒしてきて、もう面倒で考えることもなくなりそうな気ぃするわ。」と言うと、階下のお兄さんが一言。
「それが政府のねらいやからね。」って。

はぁ!
ちゃんと考えてはるわ。
やっぱり幼い子どもがいるからか、今だけじゃなくて、これが将来に渡ってどんなリスクがあるのかってことも、ちゃんとみてる。



あんまり考えなくなった国民は、一強政治ができるような体制を自らがつくってしまったのです。

話し合いも十分もたずに、かつてない方法で命や尊厳に係わる大事なことが決められていっています。
どこかよその国みたい。

そんなことをしてでも、早く決めなければならない事情って何ですか?

おかしいんじゃない?
ちょっと聞くと耳障りが良い名前が多々あるけど、違うことやってませんか?


心を添えて、今起きていることを注視したいし、「何のためにそれをやるのか」ってところまで考えていきたいです。





関連記事
http://self.ikora.tv/search.php?csrf=947b33978c9a0e5a97bd028cae2788b8bc2a59d6&search=%E5%BC%B7%E8%A1%8C%E6%8E%A1%E6%B1%BA








ホタルがこの花の中に入って光ります。
幻想的なコラボレーション。











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 19:08Comments(2)ヨノナカヲ思フ

2017年04月10日

祈り








2017年4月4日、

アメリカのトランプ大統領が、シリア・アサド政権軍へミサイル攻撃をした。

いったい一般市民がどれだけ亡くなり、どれだけの人がひとりぼっちになったのだろう。

トランプ政権と、
その行為を支持すると言った日本の首相、
それぞれの大義名分。

アメリカはそれに追い打ちをかけ、北朝鮮を強くけん制しはじめ、北朝鮮は手の内のものをちらつかせながら、「何も怖くない」と応酬。

どこまでも戦いたい人たち。




でも、
子どもたちがそのことで死んだり、
親を失ったりといったことがあるのは、この世の地獄だと思う。

また、
この大地がとてつもなく傷つく。



遠い国で起きていることでも、たった一人の祈りから事態は変わっていくかもしれない。
それしかできないから、
せめて祈ろう。


かの地へ
想いを馳せて
祈ろう。
一瞬でもいいから。

きっと大きな波になると思う。

誰かの心に届くと思う。




戦いとは対極にある花。















花たちに教えられた。

「良くなると信じて、小さな祈りをささげなさい。」











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:10Comments(0)ヨノナカヲ思フ