2009年10月25日

秋だなぁ~

柿はレモンやいちごに負けないほどビタミンCが豊富です。
柿が赤くなれば医者が青くなる?
かりんははちみつ浸けなどにして、疲労回復や咳止めに。






夏に花を咲かせた蓮の実は、ご飯に入れて炊くと上品な蓮の実ごはんに。
でもこの公園の蓮の実は取れませんヨ。


はぁ~ 秋だなぁ~icon12icon12icon12icon12icon12









最近、ローフードの真似ごとを初めたので生で食べやすい野菜を植え付けました。

杉・五兵衛農園 http://homepage1.nifty.com/sugigohei/ からいただいてきたハヤトウリと山芋は糠床にもぐらせ浅漬けに。
出会いの里 http://kumano-deainosato.com/ から届いた天恵卵ik_52ももちろん生でいただきます。
有り難き食の恵みは心をもしっかり落ち着かせてくれます。

生食にしてからますますポジティブシンキングの回路がくっきりしてきました。

生食はアタマに効くのかな?ik_40











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 18:58Comments(0)

2009年10月24日

あなたにしかできないこと

悩みを相談に来られる若い人には、自己肯定感が低い人が少なくありません。

子どもから大人へ育っていく課程で、
知らず知らずのうちに親や周囲の期待に答えようとガンバッテみるのだけれど、
それが本来の自分の方向性や得意な分野じゃなかった時などはうまくはいかず、
「自分は人より劣っている」というような考えが頭をもたげ、
ダメ人間というありもしないレッテルをペタッと自分で貼ってしまったりするのです。


人と比べられ、競争することを小さいうちから身に付け、
“お受験”に勝ち残り、よい大学を出て一流企業に入ったとしても、
出世のための競争、売り上げアップのための競争などなど
この生き方だと、ずっとずっと競争は続きます。


競争が好きな人はどうぞ参加していてください。
今の世の中、戦うための場所はいろんなところでつくられていますから、よりどりみどりです。



でも、
「なんかちゃう!」と思う人は、
回れ右して、自分が心からスッキリすることを小さなことでもいいからやってみては?

一日の生活の中でも、あなたにしかできないことはあるはず。
あなたがいるからこそうまくいってることもあるんだよ。





ちなみに
アタシにしかできない尊いことはこれ。icon15
簡単そうに見えて、なかなかできまへんえ・・・・

                         face10



  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 17:50Comments(0)自己実現

2009年10月19日

いのちの種

種って命のもとですよね。

でも人間のご都合で食べる時に邪魔だといって、最近の果物などは“種なし”のものが多くなってきました。

命のもと、核のない食べ物です。



一方10年余り前から、環境ホルモンと呼ぶ化学物質の影響によって、人間も生殖機能に様々な問題が起きていることが知らされ始めました。
「奪われし未来」という本などは分かりよいレポートです。

若い男性の精子の数の減少や奇形が増加しているというので、環境ホルモンという分かりやすい俗語がついたようですが、
内分泌かく乱物質というのが正式な名前です。
   いかにも、という感じですね。



確かにこのような事態を引き起こしたのは、化学物質によるものも大きいとは思いますが
私は、この“種無し”のものを人工的につくり出し、それを連続して体内に入れてしまうことも無関係ではないと思っています。



季節は秋。
果物もおいしい時期です。
買い求める時は、従来の種のあるくだものを求めましょう。

普通が一番! あたりまえが自然です。






  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 14:53Comments(0)日々の食と食事療法

2009年10月18日

自分からのOK

親が亡くなったら母源病について書こうとか、
カウンセラーとしての立場ながらも論理的に、そして根拠が明確に示せるケースをもとに書いていこうとか思っているうちに、
自分も年をとり、このままだと人生の終焉は母が先か自分が先かわからないし、
カウンセラーとして“完成”されることもあり得ないから、
「えーい!ままよ、書いちゃえ!」と思いたち、
一昨日、ずっと書きたいと思っていた事を長文でこのブログに書きました。


「さっ、できた。」と、投稿のクリックをしたら…… 消えた。。。ik_84


な ・ん・ で ? icon10


・・・・・そうか、
まだ書くなってことか、もっと深めて内容を検討しろってことか… と考え、気をとりなおしました。


お陰で、もっと本音で赤裸々でいいやと、OKが自分のなかから出た気がします。

ただ恥をさらすだけじゃなく、読んだ人にとって役にたつものを書きたい。
かつて自分が助けられたいくつかのレポートのように。

やっぱり、
借りは返さにゃ! 借りっぱなしで棺桶に入れないでしょ。


さぁ、書こう。
で、今度はワードにいれてからにしよっと。 


  
  • LINEで送る


2009年10月12日

インフルエンザの予防にも。

★呼吸は鼻でする。

インフルエンザの新型、旧型?の予防の他にも、雑菌が入るのを防げます。
電車の中でも、お口が半開きになった人を見かけますが、呼吸は鼻でイタシマショウ。


★鼻うがい http://www.iwasaya.com/hanaugai.html

これは普通のうがいでは補いきれない効果があります。
何しろ鼻と喉を塩水で洗ってしまうのですから。
なぜが頭もスッキリする気がします。


★睡眠を充分になどはみなさんの知るところですが、食べ過ぎず、飲み過ぎず もとても大事。
 セミナーなどで繰り返しお伝えしている 「おなががすいてから食べる」 (時間がきたからで食事をするのではなく、自分の体が必要になってから食事を摂る)ことは
インフルエンザの予防のみならず、宿便を溜めないことや、万病予防にとてもとても大事な習慣です。


それでも風邪やインフルエンザにかかってしまったら、しっかり治りきるまで休養する、それしかないですね。
薬でごまかして学校や仕事に出るのはあきまへんで~





朝の散歩で免疫力アップik_53


な~んと 派手な木漏れ日だこと。face08





  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 11:10Comments(0)医療を自給する

2009年10月10日

見守り+協力

今までがあまりにひど過ぎた場合、
それを正すために、ひととき “痛み”をともないます。


それは、体や心の病気を根本的な療法で治療を始めた時に起こりがちですが、
心身の病気のみならず、
人間同士のコミュニケーションや、政治活動にだって言えると思っています。

分かりやすい例でいうと、排水管や煙突掃除のようなものです。

ヘドロやススを掘り出さなかったら、ひどい臭いも嗅がずに済んだし、手も汚れずに済んだでしょう。

でもここでかき出して掃除をしたからこそ、煙突なら燃料が有効に燃焼するし、排水管なら完全に詰まって逆流するのも防げる、蚊の発生も抑えられたかもしれないし、早期発見で大がかりな修繕工事にならずに済む場合もあるでしょう。



政権が交代し、マニフェストの実行に伴って日本全国の該当するところで悲喜こもごも、色々と課題も続出しており、
これもまた“ウミ出し”と似た状態の有様に見えます。
マスコミの不可解なところとして、たとえばダム建設が中止になったことに対する反対勢力の言い分などに関しては時間を割き、多く取り上げるけれど
ダム建設中止で安心している人の話や妥当性、メリットがほとんど放送されないことに関しては大いに不公平さを感じずにはおれません。




街頭で若者にインタビューをしているのをニュースが流していました。
「日本は今回、世界の舞台でCO2削減の大きな目標を打ち出しましたがどんなふうに思いますか?」

「いいと思います。かっこ良かったし。
 でも、そのことで自分にしわ寄せがくるんじゃ・・・ね。自分のライフスタイルを変えるかというと変えませんね。」




どうですか? この若者。  人事ですか?


いいと思うよ、でも自分が不便になったりするのは嫌だ。ましてお金に関わってくるならなおのこと。
他の人がやって。 企業がやって。 政治がなんとかして・・・・・。
というような日本人が多い中、
新しい与党は悪戦苦闘しながら、ドブ掃除に精を出しているように見えます。



例えが乱暴かもしれませんが、
アルコールや薬物依存者が立ち直ってしていく過程で、禁断症状として様々な苦しみを体験します。
でも、これをなくして“回復”はあり得ないし、
これがあるということは、立ち直りへの道程を歩み始めた証拠だと思います。



きたなくなってヘドロだらけのドブ川。
私も川に足をいれて一緒にドブ掃除しますよ。
過去に自分も出しただろう汚れも確かにあるはずだしね。




  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 15:15Comments(0)ヨノナカヲ思フ

2009年10月07日

ネットワーク地球村

今のワタクシがあるのも、17年ほど前に出会った『グローバルマインド』という季刊誌から、
“地球村”  につながったからこそでゴザイマス。

つい、成長してしまう?と親の存在を忘れ、ひとりで大きくなったような顔をしてしまいがちですが、ik_75
節目節目で思い出しております。   ・ ・ ・ ほんまですって!



てな訳で、
めったに“家”には帰って来ない不出来な子でも、“親”の方もたまには気にしてくれているらしく、
今回、『地球村通信』にナンか書きなさいと言っていただき、ナンか書かせていただきました。

禁転載らしいので、ひょっとして18禁的記事なのかもしれません。icon11
ご興味のある方は調べてみてください。

                          http://www.chikyumura.org/








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:06Comments(0)ご紹介、感謝です