2014年12月29日

暮れていく年に







今日あたりからおせち料理を仕込んでいる人もいらっしゃるのかな。

特にお正月とかのイベントではなくても、現代人?は毎日ハレの日の食事のようなものでしょう。
肉あり魚あり、あれこれと・・・

菜食系の我が家でも、近頃はジビエを筆頭に“肉”という食材をたまに使うようになりましたから、嗜好も変化していくわけです。

鮨屋さんでは人気のイクラも最近までは、なにをもっておいしいと言うのかわからへん食べ物のひとつでしたが、2007年に沖縄からUターンしてきてから、とある和食屋さんでイクラを5粒ほどあしらった小鉢をいただき、なんとおしゃれに提供することかと思って心が動き、すっかり好物になりました。



魚屋さんで生筋子を見つけた日は、ハレの日の食事です。
お湯で卵をはずしていくやり方もありますが、泡だて器でこうやってぽろぽろやるのが簡単です。




あまからタレに漬けて4時間以上冷蔵庫でねかす。




昆布を入れて炊いたごはんが隠れるくらいにモリモリik_26すると、そのままお酒のアテになります。





おせち料理はけっこう味が濃いのと甘味が強いものが多いので、たまにお口の中をリセットしましょう。

お正月でなくても食べ過ぎ飲み過ぎや、からだが冷えている時、思考がネガティブになりがちな時なども、少しの時間、テレビやネットなど外からの情報を止めて、「玄米コーヒー」でもゆっくり飲んでホッとするのはいかがですか?

玄米コーヒーは「コーヒー」という名前がついていますがコーヒーは使っておらず、玄米を黒炒りして粉末にした陽性の飲み物です。

けっこう面倒ではありますがおうちでも作れます。
参考=http://cookpad.com/recipe/2421222


写真のように玄米がはじくまで炒ってはイケマセン。(^_^;)



適当なミルで挽きます。


あとはお好みの量をお湯に溶いていただきます。


買ってくれば簡単なんだけどね。
ストーブを使う時期は特に、上の鉄板があいているともったいなくて、ついあれやこれやと・・・

食材を手にし、洗って切って下ごしらえし、焼いたり煮たり蒸したり揚げたり していると、いかにたくさんのいのちをいただいて生きているのかを実感します。

今年もいろいろあったこのご時世で、変わりなく身近な人たちと分かち合いながら生きてこれたことを奇跡のように思います。
当たり前じゃない有り難い一年であったことをしみじみと感じています。
また一方で、天災や原発事故などの影響で笑い方も忘れてしまった人々とも、心のどこかでつながって、共にいる時間を感じていたいと思います。

今年もお世話になりました。
どうかよいお年をお迎えください。









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:29Comments(0)日々の食と食事療法

2014年12月24日

関電再値上げ申請と議員の給料アップ








電気料金は総括原価方式という、一般企業ではあり得ない計算式で決定されています。
電力会社が自分のところに損がこうむらないような巧みな計算式ではじかれた電気料金であることもさることながら、「電気使用量のお知らせ」には載らない原発付加金というものも使用量に比例してもれなく一般市民が電気使用量として支払っているようです。
お知らせに載せないっていうことも理解できないけれど、電力会社の電気を使っている人誰もが、原発を維持するための協力金を払う形になっていること、あなたは知っていました?
まぁ当然、昔の原発のCM代も、田舎の団体さんたちの原発見学のための経費も、私たちが払う電気料金に加えられていましたからね。
もちろん今も、原発を廃炉にするための費用もしかり、使用済み核燃料の処分費も、アレもコレもです。
何しろ総括原価方式ですから。

それでもまかないきれないから、税金等で当てているのはご承知の通り。

原発の危険性は横に置いても、原発を動かすと電気が安くなるというのはまったくの錯覚。間違いです。

総括原価方式はどこでも調べられますが、ココも分かりやすいです。icon15
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-610.html


でもこのたび関電は、原発が動かせないことによる火力発電の原油等調達のためにお金がかかるとして、国に家庭向け電気料金を10.23%の値上げを再び申請しました。
一方で、自然ネルギーや再生可能エネルギーの買い取り制限を調整したり強化しておきながら・・・です。

経産省の認可がいらない企業向けは来年4月から約14%の再値上げは言うがまま決行です。

値上げについてのお問い合わせは家庭向けは080-0123-0303(AM9時~PM5時)
ケイタイ電話1本でご対応のようです。
明日、かけてみます。




お金のことで近頃のもう1件。

大阪市議会は(自民・公明・民主・共産党)、自らの給料10%増額を決定してしまいました。月額で10万円ほどです。
国会議員はといえば月額25万円アップになるそうで、維新提案の定数削減案にも反対なんだって。
https://twitter.com/t_ishin/status/546516616104525824



ほんまに、こんなことが起きてんの?


今年、国民には消費税アップを強要し、また来年上げるでー!って言いながら、自分たちはこんな大幅に給料アップやなんて・・・・・


今日は珍しくお金のこと書きましたが、謎だらけのご時世でございます、あたしには。







それでもアカルイミライ 探そう。
こんな時こそ。












  
  • LINEで送る


2014年12月21日

手作りのたいこ ジャンベ風









あーじゃこーじゃと不条理な出来事ばかりに目が向いててもあきまへんので、たいこ作って、バンバンたたいてきました。face03












  続きを読む
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:39Comments(0)カテゴリーなし

2014年12月15日

戦後最悪の投票率はどんな結果を生むのか










選挙、終わりました。
戦後最悪の投票率、52%。

約半分の国民は投票しなかった。
民意が反映されたとは言えなくとも、選挙の結果は出されます。

そして自公は3分の2を維持し、今の政策その他はこのままでよろしいということになりました。

秘密保護法施行に賛成、
集団的自衛権もOK、
原発再稼働もOK、
消費税も10パーセントOKということです。

国民の3割程度が自公に投票したということだけで、そのどれもが施行される可能性がきわめて高くなりました。

さっそく昨日夜、安倍首相は憲法改正に向けた準備を表明しました。
憲法解釈の変更どころじゃないよ、非戦を高らかにうたってきた憲法を変えることを推進していくと明かしたのですよ。


今回の選挙は、投票しない環境をつくってきた国民一人一人の責任が大きいと思います。
ここまで無関心な日本人が増えてしまうと、政治もある面やりやすいでしょう。
投票率が示すものは、黙ってなすがままの国民が増えたということではないの?

企業や組織の票以外に、 一般市民が一人の人間として投票する票が多くなれば、選挙結果は変わります。



政治をもっと身近に考えるにはどうすればいいのかな?

自分にふりかかってくることが想像できないわけでもないでしょうに。


え?

想像ができないの・・・か?



「想像どころか、そもそもの関心がない」では悲しすぎるよ。


















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 14:27Comments(1)ヨノナカヲ思フ

2014年12月13日

だから選挙へ行こう!投票しよう!









なんでも税金を650億ほども使うんやてね、今回の選挙。

解散の是非も含め、ちまたで選挙が話題になっている間に、特定秘密保護法は施行されました。

これって、市民レベルの社会活動家や草の根運動に関わる人々にも「おとなしくしておくんだ」みたいな無言の圧力にも思えてしまうんやけどなー
相手の委縮を促し、政府のやることには従順に従うような心理状態を、本人の自覚のないまま促進してしまう可能性はないですか?

なぜそこまで思うのって?

中身がわからんからです。
何が特定秘密に入るのか、それは秘密で、しかもあいまいなんだと。
それに加えて恣意的な解釈が可能というから、いったい何がしたくてこれをやるのかって思います。




さて次に控えているのが集団的自衛権行使容認ですよ。

敵が攻めてくるかもしれないから武力を使えるようにしよう。
自衛隊も戦える準備だ。
武器も税金で調達だ。

で、第一線で戦う人がもっとたくさん必要になればどうする気なんだ?



戦後70年近くも戦争をしないでやってきた国が、なんで今頃そんなこと言うんやろ?

なんでやと思う?



そんなことに大きなお金を使うより先に、未来に大きな悪影響を及ぼす原発事故の処理とか、被災者への救済とかの方がまずは大事ではないの?


でも現実はそれどころじゃないんだ。

原発の危険性もさることながら、原発を動かすと必ず出るゴミ、高レベルの放射性物質を処理する能力は限界だというのにもかかわらず、再稼働に執念をもっている電力会社と、それを後方支援する今の与党の体制はいたるところで見受けられます。
再生エネルギーへの頼みの綱とも言える2018年からの発送電分離についても、経産省は電力債を存続させることを早くも決定したり、近頃では再生エネルギーの発電量を電力会社が抑制できる仕組みを作り、年明けに実施になるようですよ。



政治家のみなさんはそれぞれ、国や国民のためにと思って真剣に動いているのだとは思います。

でも、私などにとってはとても信じられないことが次々と決められていくのは、その政治家なり、政党なりが何を大事に思い、何に価値をおいているのかという違いではないのかな。





だから選挙権があれば投票に行き、あなたが一番大事だと考えていることを訴えている人に投票しよう。



















  
  • LINEで送る