2017年04月17日

雨の日の天使












今日昼間に見た、
雨に舞うサクラの花びらが思考をストップさせてくれたと思ったのに、

今も降る雨音に聴き惚れていると

いつかとおい昔の記憶がよみがえって

懐かしさと

未来の時間が入り混じり

キューン としたまま
また
眠れなくなって・・・




雨の日の天使に会いたくなって再会します。

❝初めての雨❝















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:49Comments(0)「一粒の雨の記憶」

2017年02月14日

「雨を見たかい」Have you ever seen the rain






ご同輩方には胸を熱くするメロディと歌詞だよね。

「Have you ever seen the rain」
https://youtu.be/nCDa64vxOf8


この曲が発表された1971年はベトナム戦争末期。
「rain」とはベトナムに投下されたナパーム弾をさしていたため、
当時この曲はアメリカで放送禁止になったと言います。


日本でも何曲か、同じような理由で放送禁止になった曲があります。

「国境なんてないんだ、みんないっしょで同じもの、世界はひとつ」と歌った、ジョンレノンのイマジンでさえ、911同時多発テロの後、一時期放送禁止になったというから、
どんな人が、どんな目的でそうするのか・・・。
「いっぺん言うてみなさい!お母ちゃんの目ぇ見て!!ik_01」と、訊いてみたいと思ったものです。


人としてあかんもんは方向転換しましょう。
すみやかに。


*****************
Have you ever seen the rain 訳詞

ずっと昔に誰かが言っていた
嵐の前には静けさがあるって
分っているさ
そうしてやって来るのさ
嵐が過ぎ去れば そうさ
晴れているのに雨が降るんだ
分っているさ
雨のように光って落ちてくるんだ

僕は知りたい 雨を見たことがあるかい?
僕は知りたい 雨を見たことがあるかい?
晴れた日に降ってくる雨を

昨日も その前も
太陽は冷たく光り 激しく雨が降る
分っているさ
いつもそうなんだ
永遠に それは続く
輪のように繰り返し しっかりと ゆっくりと
分っている
でも 止められない 何でなんだ

僕は知りたい 雨を見たことがあるかい?
僕は知りたい 雨を見たことがあるかい?
晴れた日に降ってくる雨を




                         



    icon12              icon12                   icon12                     
  icon12                        icon12

              icon12  icon12                        icon12   
         icon12   
icon12


過去の2月13日の日記
意識の海
http://self.ikora.tv/e551456.html



過去の2月14日の日記
ニングルかキジムナーの目で
http://self.ikora.tv/y0214









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 15:51Comments(1)「一粒の雨の記憶」ヨノナカヲ思フ

2015年08月16日

終戦の日に生まれて。






















たとえこの命がなくなっても
「わたし」が生きていたこと
感じたこと
泣いたこと
笑ったこと

そんな想いのすべては、どこかの誰かが知っています

昔 生きていたひとの想いも
今 生きているひとの想いも
深いところではつながっています
会話しています




こころを澄ましていると
こころ以外のどこかからの声も
雨になって聴こえてきます





 






  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 15:43Comments(0)「一粒の雨の記憶」

2015年08月07日

戦後は続くよどこまでも





















雨がすべてを記憶しているよ。



過去に何が起きて

これから何をしなければならないのか

こころを澄ませて

降る雨に

それを教えてもらう。




戦後は続くよ、どこまでも。
















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 19:19Comments(2)「一粒の雨の記憶」ヨノナカヲ思フ

2015年02月09日

生まれ変わったら・・・









今日の京都はこの冬いちばんの寒さでした。


鴨川も雪。



色のない季節。

得意のウソ笑いface03も出やしない。




こんな日に「全国EM技術交流会関西大会」の会議の招集。
何を思って平日の昼間に?!

年休とった。
EMには語りつくせぬ恩義があるし。
大会当日は同じような思いをもつ方々の代弁者でもあるから、フンドシ?締めなおさなきゃ。icon04




会議が始まる前のひととき。
雪のひと粒ひと粒をながめていたよ。







あなたの笑顔もちらちらと感じた。


後藤健二さん。

今、天使たちに囲まれて、
傷を癒し、至福の時を過ごしていること、
知れてよかった。
こころから安堵しました。



わたしの知らない国々にも、
やがてこの雪が、なにかに姿をかえて現れるなら、
そこに棲んでいる命たちの元気のみなもとになればいいな。

だから
朗らかで、あったかなイメージを雪にたくした。

今の“わたし”の想いが、どんどんと未来へバトンタッチされていくから、
悲しんでばかりはいられない!












こんな寒い季節に花びらを寒風にさらして咲く花たち。


















すごいな、あんたら。

何を好き好んで、
こんな寒い季節に咲くねん。



今度生まれ変わったら、違うモノになってもいいんだよ。




















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:54Comments(0)「一粒の雨の記憶」ヨノナカヲ思フ

2015年01月17日

命、意識、記憶の循環









阪神、淡路大震災から20年の今日、京都新聞さん(洛西版)が、「一粒の雨の記憶」を紹介してくださいました。





『命』を考えるきっかけの日だから、「いのちの循環」がテーマのこの本をご紹介くださったのかな?
何にしても有り難く、感謝です。
「ちょっと顔、コワイけど。face07



先日、私も数年在籍していたトランスパーソナル学会の会員さんとおっしゃる方から、この本の感想をいただきました。

「一粒の雨の記憶」の内容はまさに“トランスパーソナル”(個を超越した)であり、しみじみと味わい深くからだに流れ、いのちが発生した“ふるさと”を思うような懐かしさに包まれました。
すでにわたしの中にあった記憶が振動し、バイブレーションに包まれた感覚です。
しかし、これを理解し共感する人は少ないと思います、とありました。



この本で書き表したかったのは、まさにその目には見えないけれど、すべてに影響する人間の意識や思いのことだったのです。

雨とか川とか魚とか物理的なものは登場しますが、そういった自然界や小動物にも、人間の意識が反映しているという着目から書いています。




・ ・ ・ ・ ・ また、誰かさんに「説明しすぎ!」と言われるかな。
「読み手の感性にまかせりゃいいの!」とかって。 ik_81





まぁええわ。

とりあえず久々に太陽が顔を出したので、あれこれとしたいこといっぱい~ik_95











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:12Comments(2)ご紹介、感謝です「一粒の雨の記憶」

2014年10月26日

どこのどなたか存じませんが・・・






あれ?

今、雨、降りだした?

あ、そうだわ。 窓の外、道路が濡れてる。

今日一日、暑いくらいの太陽があたるお日和だったから、雨になるとは。
さっき、何かの音が聞こえていたのは遠くの雷の音だったんだ。


今日は朝からチューリップの球根を植えたので、雨は有り難いな。

チューリップの球根は冬に咲いてもらうために、今日まで冷蔵庫に入れられていたので、きっと土の中やそぼ降る雨が暖かくてびっくりしてるでしょう。


真冬に咲くチューリップ 緑地公園にて





「一粒の雨の記憶」を買ってくださったこの方の地域も、今夜は雨かしら。
http://ameblo.jp/lotus-garden-2014/entry-11912094182.html
これまで知らなかった方と、こうやってご縁ができていくことこそ「一粒の雨」が運んできてくれた贈りものなのです。

この人生では直接お目にかかることはないかもしれないけれど、でもどこかで繋がっているんですよね。


そんなことを想いつつ
しとしとと降る雨の音を聞きながら、
今夜も敷布団のない寝床でik_85、「おやすみなさーい」















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:55Comments(0)ご紹介、感謝です「一粒の雨の記憶」