2018年05月13日

母の日に






沖縄に住んでいた頃、
内地では知らされることのなかった沖縄の現状や、
その頃学んでいた発達心理のことなどで頭がいっぱいで、
実家のことや親の事を思い出すことは稀になっていました。


あるとき、
久しぶりに和歌山の母から小包が届きました。

「あ~、また送料より安く買える野菜だな、送らなくていいって言わなきゃ。」

と思いながら段ボールのフタを開けたとたん、
みかんの花の匂いが箱からあふれ出しました。
まるで、
箱いっぱいに詰められていた母の想いが、遠い地に住む娘のところに届いたとたん、言葉にならないものがあふれ出したようで、
わたしも不意に涙がこぼれました。

箱の中には
不揃いの野菜たちと、
咲き始めたみかんの花が香る一枝と。









今日は電話しなきゃです。

あのみかんの花の香り、
今はまだ匂えないけど、想像のなかで香っています。









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 10:06人心緑化