2019年09月28日

種を蒔き続けて半世紀以上・・・







だから・・・・・!


あと3週間で都会の真ん中の高齢者住宅の1室に引っ越しや
言う~てんのに!


なんでマクワウリの種採るかな・・・・・

ご満悦の顔して。





しゃーない。


気持ち

わかるよ。


来年わたしが、猫の額のような京都の畑へ蒔くとするか。
 






  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:34百姓日記

2019年08月03日

持ち時間の分配






もっと自分の時間が欲しいと言いながら、
毎年、去年と同じだけの畑を借りて、
春には夏野菜を植え付ける。

6月頃には毎年、仕事に行けないほど毛虫の被害にあい、
夏になると、休みの朝は4時頃から汗だくになって草取りをし、
木酢液の噴霧、堆肥づくり、次の季節の種まき・・・・・・

わずかな家庭菜園でも植えたからには手入れをしないと、こんな住宅街では環境も悪くなるから、せっせとお世話する。



で、
あっと言う間に休みが終わる。

ぐったり。



畑仕事がやりたいことのひとつではあるけれど、
ちょっと時間を取られ過ぎ。


そうか、
来年から管理する畑を減らそう。


ん?
もしかしたら、生業としての仕事を減らすか?


難しい選択。

自由に動けるあとの時間、
何を思い、
どんなことをするの?

キャリアカウンセラーたる自分に問いかけるこの頃。



畑の芸術作品。



セクシー?(^O^)/



モロヘイヤもツルムラサキも、摘んでも摘んでもどんどん出てきてくれて、消費が追い付かず。





それぞれの特徴と美味しさを活かしてあげられるかな?



あ!(@_@)
あたしの人生みたいな紆余曲折きゅうり。



情熱のまま動き、火傷をした跡、
天に唾を吐き自分に戻ってきた跡、
言葉をのみこんだ時にできた傷・・・




このきゅうりはサラダになって、
自分の栄養になりましたとさ。








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 15:20百姓日記

2019年05月30日

ニンニクの芽を食す








ここまで太らせてはいけません、ニンニクの芽。

本当ならもう少し小ぶりな芽の段階でカットして、
ニンニクの方を太らせます。


他の作物に目がいってるうちに、
ふと気が付いたらこの状態。

でも、まてよ、
ネギ坊主も、ある程度大きくした方が、
天ぷらにすると歯触りがダイナミックで美味しく感じる。


で、
トライしてみた。
ニンニクの芽(花のつぼみ)のてんぷら。


横に割ると、なんと美し。



ニンニクの芽は桜エビとかき揚げに。
花のつぼみに脇役は不要。
単独でてんぷらにして、抹茶塩で食す。



これも家庭菜園ならではの楽しみです。


肝心のニンニクは

まぁ、こんな感じで上等、上等。

来年の種用は、
もう少し畑で余韻を楽しんだ後、収穫するかな。

 
こんな都市部でも、
ちゃんと育ってくれて
ありがとう。








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:28百姓日記

2019年05月12日

楽しみ、美味しい、経済的。






野菜と花とハーブが好き勝手に伸び放題な感じの我が家の畑。

ミントブッシュ
ポプリにすると素敵な妄想の中で眠れる。ik_88


今日は30℃前後まで気温が上がったけれど、
ほんの5日前は遅霜注意報が出ていた。

植えたての頃の夏野菜。
風と朝夕の寒さから守るため、フォローばっちり。
敷いたスィートフェンネルの葉は、下草を抑えるためと、
害虫予防のため。

わたしだってこんなふうに至れり尽くせりで守られてみたい。。。。。



収穫間近のニンニク。


うすいえんどう

熊野出会いの里も、「豆週間」に入ったらしい。
http://kumanodeainosato.ikora.tv/e1386717.html


モロッコ豆
去年の種はやっぱり発芽率がぐっと落ちたけど、
多品種少量畑にはちょうどいい。




ツルムラサキは、葉野菜の端境期に重宝です。





こちらは、3月頃にスーパーで買ったレタスにほんの少し根がついていたので、
植えてみたら育ち、5月の今までけっこう料理に使えた。


いやー、
土や植物には頭が下がります。

会社に勤めて給料もらって食べさせてもらうより、
少しでも食べ物を自給すると、ダイレクトに、
何のお陰で食べられているかがわかるのです。



畑がなくても始められるよ。
生ごみで育てたプランター野菜たち。



ほんとに楽しみだよ。
次のお休みにやってみっぺ?ik_48








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:54百姓日記

2019年03月23日

くぼやまさとる水彩画展





忙中閑あり。
ふとしたことから不思議な水彩画

をネットで見つけ、京都で展覧会があるというので出かけた。


今日が最終日。
くぼやまさとる水彩画展
3月19日(火)〜3月24日(日)
11:00〜18:30(最終日18:00)
京都 アートステージ567にて


細かいこまかい筆遣いと宇宙観に引き込まれ
気が付けば、絵心もないわたしが1時間余りも見入っていた。

でもきっと、
描いている人は
見ているわたしよりエクスタシーなんだろうと思えた。

大好きなことをして
人も自分も愉しめるなんて最高です。



ところ変わって
我が家の畑の収穫物。


大きけりゃいいってもんでもないけど、
ここまで大きくなってくれたら、68円の苗代も惜しくないよね。


くぼやまさんは、たくさんのカラフル宇宙虫の生みの親だけど、
野菜たちはデフォルメされないのかしら・・・











  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 13:22百姓日記

2018年11月14日

あなたもご招待された人








この世に生まれてきたのは
神さまからの
ご招待なんだって。


ほんわか
うれしいface05




畑で赤くなるのが待ち遠しかったパプリカ。
料理しようと包丁入れたら

赤パプリカが、緑パプリカを身ごもってた!!


ど、 どうしよう・・・


もう切っちゃったし、しかたがない。
わたしの胃袋へご招待しよう。ik_70














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:20百姓日記

2018年07月01日

夏と共に再会。再開?








だ~れだ?

今年初めて植えてみた黒スイカの赤ん坊です。

苗を買ってからわかったのは、
黒玉スイカは栽培が難しいんだってこと。icon11

今年のお中元は買わなくていいと算段していた
捕らぬ狸の皮算用も、ドロンと消えるのかなぁー

でも毎朝、雌花に雄花をチュチュ!ってやる作業から一日が始まると、夏がまた巡ってきたと感じます。




今年、もう一つの初挑戦はフルーツホオヅキ。


2年前にお土産でいただいて以来、
作ってみたくて苗を探していて、やっと見つけた。

甘くてちょっともっちり感があって、見た目もきれい。
料理のお皿に、ガク?を反転させて飾ると、思わずニッ(●´ω`●)となります。

そんなこんなで、休日も夏は畑にいる時間が長くなるので、
いっそう付き合いが悪くなります。
ik_75  ik_75  ik_75

あ、
でも近頃は小さなお店も禁煙が増え、タバコの煙がないから飲み会も快適に過ごせるようになりました。

ということは・・・


この頃は嗅覚が戻りつつあるってことダik_20


おかげさまで~す。








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:20百姓日記