2019年12月31日

おおつごもりの虹







畑で、咲き終わった皇帝ダリアや名残のパプリカなどを片付けていたら、みぞれが降って来たので仕方なく家に入ったら・・・・・




うひゃ~face08
大きな虹。




この虹はいったいどこにつながってるのかと思ったら。 。 。


サントリーさんが虹色やった。(≧◇≦)


今年もいろいろと反省の多い年だったけど、
自然界は今年の最後に虹を見せてくれて、
それでもわたしたちに、
承認と感動を与えてくれたんだと思った。


ね?

そうだよね?


ほんのひとときの
美しい
美しい虹でした。






  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 16:39ひとりごと

2019年12月22日

月曜の朝は






小学校の時から、
月曜の朝は、
庭や畑やその辺の山に咲いたお花を
新聞紙に包んで学校に持って行きました。

同年代の人に、「そんな子、昔いなかった?」って尋ねると


「なんでわざわざ自分ちからぁ?」
と聞かはる。


なんでって・・・・・ 




季節のお花、きれいやん。

みんなにも見て欲しいなって。

見た人も
ちらっとでも
「あ、花、きれい」
とか思ってもらえたら
ちょっとでも元気でるやん。


なんでわざわざって聞かれても・・・・・icon11




寒くなった畑で、花火のように揺れて赤いアブチロン



ええねん、
誰が見なくても。







  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 23:13ひとりごと

2019年11月17日

“目覚まさない”時計







10月20日から1ヶ月近く日記を入れなかったのは、
ブログを始めて16年の間で初めてかも。

忙しくても日記を書くことで自分を取り戻せることがあったけど、
今回はそれもできず、走りっぱなしだったなぁ。

年老いた両親の引っ越しは、想像以上にいろいろと起こる。
頭も体もフル回転しても追いつかない。
プチッと切れそう、何もかも。icon05


でも、家に私より先に切れた子がいた。



もういっちょー。

こっちもやっぱり目覚まし時計だった。

この時計は8年前に102歳で亡くなったおばあちゃんが、60代から使っていたものだから、50年くらい使っていた。
秒針は外れてしまってたけど、ちゃんと機能していた。
でも、
とうとう
“目覚まさない”時計になってしまわれた。

鳴らないわけではないの。
振れば鳴る。
だから私は目覚まし時計より先に起きて時計を振るわけ。

おかげで体内時計が正常に機能するようになった。

やれやれ
何が幸いするやら。









  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 16:49ひとりごと

2019年06月22日

五感が使えるってこと






昨年1月、インフルエンザで失った嗅覚はほんとにお陰さまで9割まで回復しました。

まだ、“匂(臭)えないエリア”があって、ちょっと鈍感ですが、
香りの楽しさを人一倍味わっていたので
ここまで回復してくれたのは奇跡のようで、本当にありがたいです。

さてこの季節、
お付き合いの長い人なら、
あぁまたあの花か・・・と思うかもしれないけど、
桜とハナミズキが終わったあとの楽しみと言えば
家から見えるタイサンボクです。


こんな大木に咲く花を上から見下ろせる、
この環境ならではの、
ほんの数日間の贈りものです。

それにこの花の香りったら、
天国に香りがあるとしたらこんな匂いかと想像するような香りなのです。


そして、
今年初めて気づいた、
タイサンボクの隣に咲いていたこの小さな花。


カラタネオガタマといいます。

この花もタイサンボク系の香りを放ちます。
本には「強く香る」とありましたが、
私にはかすかな香りで、刹那な瞬間をあじわえます。

オガタマは霊を招くと言う意味の「おきたま(招霊)」が訛ったものだっていうから、やっぱりこの種の香りはなにか、天国と繋がってると思うな。




見る  聞く  匂う  触る  味わう


「その五感を与えられているってことがそもそも有難いんだよ。 」

今朝から畑の草取りをしていて
引っこ抜いた草がボソッとつぶやいた気がした。
当たり前にできていることが尊いことだったよね、
そうそう、そうでした。
ありがとう。


雑草たちのパラダイスで土にまみれて、
しっかり汗をかいたら
最近しんどかった気持ちもスッキリしました。







  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 14:24ひとりごと

2019年01月20日

ぼーっと考え事







いけませんわよ・・・

目の前の作業に集中しないと。









温灸のコゲは直せたけど。
http://self.ikora.tv/e1351754.html

今度のは燃えなかったことがラッキーということで、
生きてきた足跡と思うことにしよう。ik_75








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 08:57ひとりごと

2018年10月20日

嗅覚が復活!








今年の1月、インフルエンザで嗅覚がなくなってからは、ほんとに心に力がなかったなぁ。

お陰さまで今では8割くらいの嗅覚が戻ってきた感じです。

まったく匂いがなくなって数ヶ月たったとき、ある日ピッツア屋さんで運ばれてきたピッツアが、
icon12。。icon12。かすかに香った!ik_88

ドキドキするほど嬉しくてピッツアを見ると、これまで臭くて食べらなかったブルーチーズがのっかってて。
なるほど、
強い匂いだからか?と思いながら、「匂う匂う!」と半泣きでいただきました。


それ以来、大好きになったコレicon15



「還暦過ぎてから骨密度も上げた人だから、嗅覚も戻ってくるよ」と、
骨と鼻の、あまり根拠のない励ましでも、
その気になってガンバれました。

ありがとう、ありがとう。icon06








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 17:01ひとりごと

2018年06月21日

地震のあとのスマホ決断






6月18日朝の地震は、阪神淡路大震災を思い出すような揺れでした。
被害を受けられた方々にお見舞い申し上げます。

私が住んでいる町は震度5強でしたが、同じ建物でも1階と4階では被害はかなり違うんだなと思いました。
徒歩で30分離れた花屋さんでは花瓶ひとつ割れなかったと言い、その町のマンション10階にお住いの方は、本箱が転倒防止のツッパリ棒ごと部屋の中を移動したといいます。
その棒は「転倒防止」のためのものだから、ちゃんと使命は果たしたけどね。

こんな非常時、うちの夫さまは危機管理能力に優れていると感じます。
今回の地震の日はたまたま休みで家にいて、地震が起きた瞬間、「玄関のドアを開けて!」
と指示しながら、自分は貴重品を手際よくまとめ、「これから本震かもわからないから外に出るよ!」と言いながら、実家に安否確認の電話をしていました。
いつもは同時に2つ以上のことをやれない人なのに、とっさの時は人が変わるんだー ik_53
尊敬!


さて、スマホ。
これまでは特に不便も感じずガラケーで充分だったけど、両親の世話で帰省しているときや、今回のような非常時はちょっと不便を感じました。
昨日、ケイタイショップでスマホに変えてきましたが、「ナンジャコリャ??」というほど、操作方法がワケわからん。
取り急ぎ電話をするところがあったけれど、電話ひとつかけ方がわからん!
多分こうかな・・・と思う操作予想はことごとくはずれ、仕方なく公衆電話を探すしまつ。
地震のお見舞いメールは読むことはできても、返信方法がわからん。
ケイタイメールに向かっておじぎをして返信としました。

この調子で友人知人のみなさまには、しばらくご無礼をしますがお許しください。



彼らはいいよ、鳥さんたちは。
地面が揺れようがひび割れようが、関係ない。

         鳥羽、城山公園のコゲラは人慣れしてる、
         至近距離でも逃げないもん。




せめて今夜は
ふわりと空を飛んでる夢をみよう。












  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:36ひとりごと