2017年08月05日

胸いっぱいな夜







昔からそうなんです。

洗濯物をたたんでいる時などに、夫の衣類の糸がほつれたり、
布地が薄くなったりしているのに気が付いた時、
急に鼻の奥がキーンと痛くなってきて、
ポロポロと涙がこぼれる時があります。

なんだろーな。これって。


年中ガンバリ気味で、あつくるしい?ほどの私から見ると、
ぼやーっと生きてるように見える夫ではあるけど、ik_75
ちゃんと時間を経過して「生」を刻んでいることに感動するんだな、きっと。



こんなこと思うって、おかしいかな。




おかしいよね。




でも、

なんでかわからないけど、
不意にこの感動はやってきます。

なんだかんだあっても、
こうやって二人して生かしていただいていることが
やっぱり奇跡のように思うんだ。





何のつながりもないのだけど、
今、ラジオからハマショーの「もうひとつの土曜日」が流れてきて、ゆるんでいた琴線に響いてしまいました。



色恋沙汰はいつの世も平和の象徴であります。

人々がもっと純粋に恋に落ちれば、
人と人が殺し合うような戦争が
どんなに哀れで、無意味で、罪深きことかがわかるから。



♬ 恋をしましょう 恋をして
 浮かれ 浮かれで暮らしましょう (^^♪


《拡散希望》 ik_83
























  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:54Comments(5)ヨノナカヲ思フ