2017年09月18日

紀州の巨人 南方熊楠






仕事に、
ままごとのような自給自足、
エコロジー推進活動、
加えて実家の両親のサポートという日常がもう何年続いているのかな。
両親が高齢になるにつれ、片道3時間半の帰省が頻繁になるのは仕方のないことなので、関わっていたNPOの役員をはじめ、放せるものはまだまだ断捨離していかないとね。


先日は帰省の帰りに、30年ぶりに熊楠記念館http://www.minakatakumagusu-kinenkan.jp/に立ち寄りました。
大きく立派になっていた館と、その周辺のこんもりした森の行き届いた手入れにもびっくりしました。
世界にkumagusuが知られてきたこともあるのでしょう。








周辺の自然観察にも時間をとってみると、面白さは倍増します。




屋上からの見晴らし


熊楠活動の場でもあった田辺市の「神島」も臨めます。


この屋上で声をかけてくださった女性の、かわいらしい笑顔につられて立ち話をしていると、共通点が3つもわかってびっくりな出会いをしました。
わずか5分程度の間にシンクロが凝縮されると、過去生で何かのご縁があった人なのかなぁと思ったり。face06


あ、
記事を入れるのが遅くなったと思ったら、今日のイベントでした・・・ m(__)m

役立たずの情報でした、ごめん。ik_75



「エコロジー」という言葉の生みの親、南方熊楠は
天才でもあり、奇行の目立つ変わり者でもあったそうですが、
自然界のもっとも小さな存在である“菌”に魅かれ研究を重ねたという、そこのところに偉大さを感じるのです。










  • LINEで送る

同じカテゴリー(出かけてきたよ)の記事画像
伊吹山を目指す
会いに行くよ
KYOTO地球環境の殿堂2017
好きな人の好きなもの
薬草、薬樹 ~六甲高山植物園~
護摩壇山の紅葉とコメントのお知らせ
同じカテゴリー(出かけてきたよ)の記事
 伊吹山を目指す (2017-09-04 21:58)
 会いに行くよ (2017-03-27 23:43)
 KYOTO地球環境の殿堂2017 (2017-02-12 17:30)
 好きな人の好きなもの (2017-01-30 12:32)
 薬草、薬樹 ~六甲高山植物園~ (2016-11-13 23:45)
 護摩壇山の紅葉とコメントのお知らせ (2016-11-03 14:24)
 自給自足生活の大森家へ (2016-07-30 22:43)
 淀川沿いの河川敷で桑の実を摘む (2016-05-23 22:13)
 山菜と山桜 (2016-03-29 22:03)
 40年前の思い出と、当時と同じ行動をする今の自分と。 (2016-02-11 21:59)

Posted by やまさき あおい at 21:44│Comments(2)出かけてきたよ
この記事へのコメント
ちはやぶるさんは、ほんとうに興味範囲がひろいですね。
中上健次は存命中に特急くろしおの中でお見かけしたことがあるし、「枯木灘」を読んでから、それまで好きではなかった故郷を違う見方ができました。

生きざまを見せてくれる異人、いえ、偉人方ですね。
Posted by やまさき あおいやまさき あおい at 2017年09月25日 08:10
一言で言えば「知の巨人」イメージがあります。熊楠が生まれた時代は、同世代で夏目金之助、秋山真之、正岡子規がいました。
細菌学者、生物学者で米と英で活躍していた影では、当時東洋人への差別と闘っていたのも事実、私は其れでも引き退らずに真っ向から挑み世界で認められたところに惹かれました。

南方熊楠の次は紀伊国屋文左衛門、松下幸之助、中上健次を取り挙げて下さいませ。(๑>◡<๑)
Posted by ちはやぶる at 2017年09月24日 23:26
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。