2018年09月30日

嵐のあと










『花が咲いて
 星がまたたいて
 歌があって
 地球って、いい星だななぁってつくづく思うんだよ

 僕は自分が死んだときに、
 「あなたが今までいたところが天国なんだよ」
 と、言われるんじゃないかと思うほど、
 地球が好きなんです。』


掃除しながらYouTubeで、久しぶりに斎藤ひとりさんのお話を聞いていたら、ハッとした。


「あなたがいたところが天国なんだよ、
 と言われるんじゃないかと思うほど地球が好き」



あ~
その通り。

わたしも同じ。


人間社会で、
すったもんだやってる最中ではあるけれど、
自然界がおりなす循環や、
無条件に、ただ季節が来れば咲く花々や、
吹き荒れる風にさえ、
身を任せても惜しくはないときっぱり思えるのは
私自身の知識や知恵を超えた信頼が
自然界に対してあるのだと思います。


わたしはこの天国で
もっと歌って
踊って
暮らしていこう





お月さま、見える?












嵐の後で
わたしのこころも
洗われますように。









  • LINEで送る

同じカテゴリー(人心緑化)の記事画像
貼紙
恋する多肉。
普段の心、どっち向き?
母の日に
愛のあるあいまいさ
「あなたはどんなふうに日常を生きますか?」
同じカテゴリー(人心緑化)の記事
 貼紙 (2018-10-28 21:59)
 恋する多肉。 (2018-08-07 10:57)
 普段の心、どっち向き? (2018-07-18 10:17)
 母の日に (2018-05-13 10:06)
 愛のあるあいまいさ (2018-01-28 14:22)
 「あなたはどんなふうに日常を生きますか?」 (2017-12-29 23:20)
 情動の末梢起源説 (2017-07-23 18:21)
 思い込みや不可抗力で苦しまないで (2017-07-17 15:56)
 導かれる (2017-06-25 10:18)
 植芝盛平師の「舞い」 (2017-06-06 22:08)

Posted by やまさき あおい at 22:18 │人心緑化