2017年07月17日

思い込みや不可抗力で苦しまないで









今からもうかなり前のはなしです。
当時の職場で、こんな切ない経験をしました。


1年ほど前から職場が一緒になったAさんと私はウマが合い、ベッタリではないけれど仕事のこともプライベートなことも自然に心地よく話せる同僚同士でした。
私はAさんのウイットのきいた所作や話し方が好きで、年上でもあり尊敬もしていました。

そのAさんが、ある日突然、私を完全に無視するようになったのです。
まったくの、ある日突然です。
挨拶も雑談も、他の人がいればするけれど、他に人がいなければ私が声をかけても無視、ということが何日も続きました。
特に嫌なことを言うとか行動するとかではなく、私がいないかのように振る舞うのです。

それまでAさんは他の人には話さないようなことも私には話してくれたし、私も、年上で経験も豊富なAさんを頼もしく思っていただけに、
これには私も参ってしまいました。
いろいろ原因となりそうなことを点検してみると、Aさんと最後の方で話した会話で、Aさんが私に「わたしの姉に似てる」とつぶやいた時の口調の重さに、「あれっ?」と思ったことだけを思い出しましたが、他には特に思いつきませんでした。

1ヶ月ほど辛抱しながら様子をみていましたが、一向に変化がないので、ある日私はAさんに、話をしたいと申し入れました。

そして私が、「○○さん、いったいどうしたの?」と、
ラフな会話をしていた以前のように言うと、
Aさんはそれまでにはなく他人行儀に
「余裕がないんです。」と言うので、
「は?余裕がないの?」と私が言うと、スッと私の前から立ち去りました。



こりゃもう、私がタッチできることじゃないわ、とその時初めて思いました。




日々、いろいろな方から多種多様な悩みを聴いていますが、この時の私の体験のように、そこに関わり続け、悩みを深めていく必要があるのか?と感じるようなことも多々あります。

人にはいろんなときがあり、たった一人でその人にとって重要な心の作業をしていることもあります。
ネガティブな投影が起きているときなどは、本人も自覚ができず混乱し、かなしみや不安が屈折した怒りになって現れることは珍しくありません。

だからね、
突き詰めて考えることを続けなくていいんだよ。

あなたのせいじゃない!





これを言うために前置きが長かったね。








紅葉は秋だけじゃないんだね。
口熊野の森の中で出会った景色。












  
  • LINEで送る


2016年07月17日

職業診断システム、キャリアインサイトを用いたコンサルティングの進め方









今日はカウンセリングや就職支援や、キャリアコンサルティングなどのお仕事に携わっていらっしゃる方への情報です。



職業適性診断システム「キャリアインサイト」というものがあります。
もともとは厚労省がつくったシステムで、相談者はパソコンを用いて質問に答えていくという検査ツールです。
就職イベントなどでは、この「キャリアインサイト」の体験をするために長い列ができることはよくあり、昔むかしこれを担当をしていた時には、トイレも行けず困りました。

さて、そのような人気を誇る検査ツールですが、肝心なことは、
その時に出た結果を相談者にどう解説し、現在の相談者が抱える課題にどのように活用していくのかが、最も大事な相談者との面談内容になります。

8月7日は、その効果的なフィードバックと相談をどのように進めていくかを見出すためのセミナーを特定非営利法人CCNKの主催で開催します。



詳細はこちら↓
http://www.npo-ccnk.com/能力向上会/ccnk公開セミナー/


飛べない方はちょっと見にくいですが、こちらでご確認ください。↓






講師は山崎 葵。
百姓やエコ活動以外にも、ちゃんとなりわい仕事をしていることも、たまには記録しておかねば。ik_75














  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 12:57Comments(1)イベント情報

2009年07月17日

催眠療法セラピスト

多種多様な代替療法を経験するきっかけとなったのが、
催眠療法に関しての臨床例などを真摯にレポートした上で、生きがい論を展開させた、
ある経済学者が書いた学術論文でした。

そのレポートは「生きがいの夜明け」というもので、大学内においての単なる論文だったものに火がつき、
あろうことか水面下で一般の人々にコピー&回覧が繰り返され、16年ほど前はちょっとしたブームになった時期がありました。

これに着目したPHP出版が、後に本にしたものが『生きがいの創造』であり、それはロングベストセラーを記録し、今も3部作目が売れているとか。 


著者は飯田史彦さんという方で当時は福島大学の助教授でした。
その後も教授職と執筆活動を続けていらっしゃいましたがこの春、大学を退官され、現在は音楽療法やカウンセリングなどをしていらっしゃるそうです。



さて話は少しそれますが、そのレポートにも登場している米国の精神科医であるブライアン・L・ワイス氏の、患者に対する誠意と姿勢に感銘を受け、その後はワイス氏の書物をあさるように読んだものです。

最近とあるセミナーで知り合った催眠療法セラピストの森 香弥子さんは
なんとこのワイス博士じきじきのトレーニングを受けた経験をもつセラピストなのです。

へ~ こんな身近にもいたんだな、そんな本格派が。


以下は彼女が代表を務める会社のHPです。icon15
                          http://hypnosolutions.jp/



この日はふたりでゆっくり“人生の午後”を分かち合いながらお散歩です icon12 ik_55 icon12 ik_55



香弥子さんにも伝えていなかったけど、
あの「生きがいの創造」のなかには、私が飯田氏にあてた手紙の文章も載っかってんだヨ。face02

なんだかたのしいね、
まさに袖振り合うも他生(多生)の縁かもよ。ik_92ik_91ik_90ik_89ik_93








  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 09:46Comments(0)ある日のお客さま

2008年07月17日

網戸の張替え

森の中は
あらゆるイノチの営みを身近かに感じることができます。

でも
都会育ちの方々には
虫さんの侵入はおっかなびっくりかも。


じゃぁ~
コテージの網戸の破れも気になりますよね。
スタッフの健太サンは1歳の娘をもつ身なので
なおさら子連れのお客さまの心配をするのです。

先日からミーティングのたびに網戸、網戸とリフレイン・・・

それで今日はとうとう網戸の張りなおしです。



コテージのお客さまも
この森の清々しさのなかで
お健やかに眠りについてくださいね。face04ik_05







  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:43Comments(0)琴の滝荘にて