2019年09月29日

向き合うべき時はそうしましょう






「あたしが離婚して困ったことは、
 固い瓶のフタを開けるのに困ったことだけ。」

「これ、買ってきたから何の問題もなし。」
向き合うべき時はそうしましょう


雲一つない快晴のような清々しい顔で、
サラッと言ってのけたZさんは、一時期から壊れてきた夫との生活を何とか夫婦としてやり直せないかと限界まで努めてきました。

でもお相手は妻の怒りやかなしみに向き合おうとしないで、
ずっと、他人事のようでした。

どうして他人事のようだったかには、これまた理由があるのでしょうけれど。



自分のこころとからだが限界に達したと悟ったZさんは、
ぼろぼろになった自分を、自分で抱きかかえるように、
長年暮らした家を出ました。

そして
小さなアパートで何十年ぶりの一人暮らしが始まりました。


男と女の違いはここから。



一人暮らしを始めたZさんは日に日に美しさを取り戻し、
オシャレもし、仕事も見つけ、嬉々として働き始めました。
好きな食器を探しに出かけたり、好きな音楽を楽しみ、
見違えるほど幸せオーラ満開でした。

彼女には後悔はみじんもなかったのです。
なぜなら、それまで精一杯やりきっていたから。

でも、男性の方はそうはいかなかった。

別れて2日目から、
謝るわけでもなく、
やり直そうと言うわけでもなく連絡がくるのです。


はたから見ていると、
男性の方はまだどこかで元妻を自分の所有物のように思っていて、「自分のものなのにコイツは何をしているんだ」というふうでした。


その結果になるまでに、一方は何とか修復しようと働きかけ、
一方は他人事だった。

「じゃあなんであの時、話し合いにも応じなかったの?」
という言葉さえもう言わない天を突き抜けたような爽快なZさんと、
元夫の言動の違いは、どこからくるのか・・・・・




様々な相談と出会っていると、このご夫婦だけではなく似たような結果になっていると感じます。

これからの長生きの世の中、熟年夫婦が加速度的に増えていきます。

「終わりよければすべてよし」という言葉もありますから、
長生き夫婦たちよ、
できれば仲良くいきましょう~ 
 icon06 ik_86 icon06











  • LINEで送る

同じカテゴリー(人生の午後&メメントモリ)の記事画像
90歳を超えてからの引っ越し
年を重ねる愉しみ その2
持ち時間の分配
年を重ねる愉しみ その1
ハルイチとダンスと生きる意味
くる年の準備
同じカテゴリー(人生の午後&メメントモリ)の記事
 90歳を超えてからの引っ越し (2019-09-16 18:44)
 年を重ねる愉しみ その2 (2019-08-17 23:04)
 持ち時間の分配 (2019-08-03 15:20)
 年を重ねる愉しみ その1 (2019-06-02 11:08)
 ハルイチとダンスと生きる意味 (2019-05-06 14:55)
 くる年の準備 (2018-11-21 16:59)
 「心の復興」 (2018-09-23 13:59)
 怒涛の9日間 (2018-09-10 23:02)
 「もて爺」を考える (2018-01-08 15:13)
 山の動く日きたる (2017-05-05 21:26)