2019年08月17日

年を重ねる愉しみ その2






これは年を重ねたからなのか、
対人相談支援という仕事柄なのかわからないけれど、
初対面であっても、
その人が話す言葉が、その人の本心ではなかったりすると、
即座に、聴いている私の胸がキーンと痛くなったりします。

別にサイキックな能力は皆目ありませんが、
これはただただ
経験値と+αの何かなんだと思います。


これに加えて最近では、
目の前のクライエントが、今この問題に着手したいのか、
今はさわって欲しくないのかってことも、
ここ数年、何となく感じるようになりました。

そんな場合は、そこはスルーして、本人が言葉にすることだけに沿っていきます。

面白いのは、
スルーしたはずなのに、やっぱり以心伝心。
次にまた予約が入ったり、その人のターニングポイントに連絡が入ったりします。


こんなことっていうのは、
クライエントが自覚する悩みや私の能力などを通り越し、
「言葉」以外のコミュニケーションで双方が語り合っている
としか言いようがないことがあります。

この作業の中で、
きっとそのクライエントに合った速さと順番で
解決すべきことを浮き彫りにしていくのかもしれません。



昔、「医療を自給する」という活動に積極的に取り組んでいた頃は、誰が聞いてもわかるような根拠を大事にしていたけれど、
今、カウンセリングで時々起きるこのようなことは、理屈はわかりません。
一種のフローなのか?



子どもの頃から、他人からの評価を最優先に育てられ、
自分の存在自体が否定されるくらいに「後回し」されていたことが、
皮肉にも、
この仕事をやっていて役立つことが多いです。


そうやって考えると、
人生での出来事は、ちゃんとツジツマが合うようにできていると素直にうなずけます。
(今のあなたに起きていることも、きっと同じ。未来の良い時間のために起きている。)


毎年毎年、猛暑が激しくなる夏に思うことは、

人の悩みなら少しは聴けても
温暖化防止の地味なエコライフは
やっぱりもうちょっと派手に、
美しく、
そして大胆にやっていきたいと。


あ、
この1週間は体調不良で食べられず、1日300~600㌔カロリーくらいで十分仕事もしていたので、これはこれで省エネかな。

最近、まじめ過ぎた。
ハメはずさなきゃ。
努力して、ハメはずさなきゃ。face03


今日あたりから、またお酒も美味しく感じるし、
介護ツアーまでに快復できて感謝感謝。



台風前の夕焼け
年を重ねる愉しみ その2


今宵の月
年を重ねる愉しみ その2


年を重ねる愉しみ その2








  • LINEで送る

同じカテゴリー(人生の午後&メメントモリ)の記事画像
向き合うべき時はそうしましょう
90歳を超えてからの引っ越し
持ち時間の分配
年を重ねる愉しみ その1
ハルイチとダンスと生きる意味
くる年の準備
同じカテゴリー(人生の午後&メメントモリ)の記事
 向き合うべき時はそうしましょう (2019-09-29 14:36)
 90歳を超えてからの引っ越し (2019-09-16 18:44)
 持ち時間の分配 (2019-08-03 15:20)
 年を重ねる愉しみ その1 (2019-06-02 11:08)
 ハルイチとダンスと生きる意味 (2019-05-06 14:55)
 くる年の準備 (2018-11-21 16:59)
 「心の復興」 (2018-09-23 13:59)
 怒涛の9日間 (2018-09-10 23:02)
 「もて爺」を考える (2018-01-08 15:13)
 山の動く日きたる (2017-05-05 21:26)