2019年07月11日

紀州 熊野地方の恵み







紀州 熊野地方の恵み
なんだって?!ってほど大きいんです。
しかも350円。えびす鯛の干物。
これは冬の時期のものですが、今ならアイゴやキビナゴなど
いろいろあります。


地方に行けば道の駅などが充実してきて、農産物や魚介類、その加工品などがお安く買えます。
紀州でも地元の食材を中心に販売しているお店があちらこちらにあり、月に一度の介護ツアーのついでに買い出しに出かけますが、
普通のスーパーでもこの通り。
紀州 熊野地方の恵み


40年ちょっと前、和歌山を離れ京都で下宿生活を始めた頃、鯵の干物を買って食べると舌がピリピリしたことを覚えています。
親に電話をし、「京都の干物は七味かなんかをかけて干してるんかな?どれを食べても舌に刺す感じ。」と言うと、
「あんたそれ、いたみかけてんのとちがう?」と言われ、
なるほど、京都市は海から遠いんだ・・・と実感したのでした。



中上健次の小説で有名な「枯木灘」はリアス式海岸で、その周辺で泳ぐ魚は美味しいんだとか。
自給自足を目指しながら魚釣りには失敗してるから、退職したら釣りもして、自給力を上げたいなぁ。

その節はどなたかご指導ください。m(__)m








  • LINEで送る

同じカテゴリー(日々の食と食事療法)の記事画像
~発酵~ 目には見えない宝もの
酵素は自家製!梅、柑橘、何でも。
みかんの美味しい食べ方
緑萌える今
巡ってきたものは使い切った後にも循環させる
今日は銀シャリで。
同じカテゴリー(日々の食と食事療法)の記事
 ~発酵~ 目には見えない宝もの (2019-09-08 22:05)
 酵素は自家製!梅、柑橘、何でも。 (2019-06-30 09:43)
 みかんの美味しい食べ方 (2018-12-09 16:54)
 緑萌える今 (2018-04-28 10:59)
 巡ってきたものは使い切った後にも循環させる (2018-04-15 22:04)
 今日は銀シャリで。 (2018-01-25 12:46)
 ダイエット、肥満改善に成功するために (2017-12-21 11:46)
 2001年、女将時代の姿 (p_-) (2017-11-18 11:31)
 お命、頂戴いたします (2017-10-10 22:31)
 Herbを日常に (2017-09-28 22:23)

Posted by やまさき あおい at 09:13 │日々の食と食事療法