2018年08月07日

恋する多肉。









どや!
ケーキみたいやろ。



この暑さで職場の生け花が日持ちしないこともあり、
今の時期の“ちょっとした潤い”は多肉植物に変えています。

この多肉植物、小さな鉢のなかで小宇宙を感じてしまうほど、
見惚れてしまいます。


実家の庭の片隅で、割れた鉢やらガラクタの下敷きになっていた多肉植物は、水も光も与えられないのに生きていました。
その子たちを拾い出して、我が家で増えた多肉さんたちと、一つのプランターで芸術作品のように生まれ変わります。




しかも、この育ってる感がたまらなく愛おしい。



プランターの中で、多種多様な個性が育ちあってる姿にも感動します。



長い時間を過ごす職場や生活空間に、ほんの少しのロマンと潤いがあると、
こころがほんのり恋をするすきまができるよ。










  • LINEで送る

同じカテゴリー(人心緑化)の記事画像
嵐のあと
普段の心、どっち向き?
母の日に
愛のあるあいまいさ
「あなたはどんなふうに日常を生きますか?」
情動の末梢起源説
同じカテゴリー(人心緑化)の記事
 嵐のあと (2018-09-30 22:18)
 普段の心、どっち向き? (2018-07-18 10:17)
 母の日に (2018-05-13 10:06)
 愛のあるあいまいさ (2018-01-28 14:22)
 「あなたはどんなふうに日常を生きますか?」 (2017-12-29 23:20)
 情動の末梢起源説 (2017-07-23 18:21)
 思い込みや不可抗力で苦しまないで (2017-07-17 15:56)
 導かれる (2017-06-25 10:18)
 植芝盛平師の「舞い」 (2017-06-06 22:08)
 雨上がりの夜空に♬ (2017-05-31 22:23)

Posted by やまさき あおい at 10:57 │人心緑化