2017年04月08日

ひとり フロー体験










近頃は両親の介添えで忙しくしています。

母が動けなくなると父が一人で自活できなくなり、一人は病院、一人は支援付きシニアハウス等に入居するのが理想的なのでしょうけれど、
二人はやっぱり同じお部屋で過ごすのが良いらしく、無理難題を解決していく必要があります。



お世話になっているケアマネジャーさんなどのサポートも得て、短時間で入居施設を決め、次の医療機関への紹介状を手配し、引っ越し準備をしながらも、痛む母の体のケアをし、
立っていられない親のために、軽トラックで、まずは横になれるだけの寝具を運び・・・


あ~

怒涛のような数日でした。




仕事の方はというと年度末、年度初めで、これまた多忙で、
こんな時に限って相談予約がつまっていたり、
セミナーがかつてないほど大人数の参加者だったりと、
重なるんだよね。


そんなここ数週間で体験しているのは、
いわゆる“フロー”な状態の自分自身です。

フロー体験とは、M.チクセントミハイが唱えた言葉ですが、集中している時や課題に向かって取り組んでいる時に、本来の自分の実力以上のものが発揮できたり、
または集団で何かを成し遂げたときなどに起きる、至福の感覚といったことです。


近頃の感覚としては、クライエントが目の前に座った時点で、膨大な情報がクライエントから流れ込んでくるような感じがあるのです。

でも「膨大」ではあるけれど、受け止めるのはとても簡単で、クライエントの話が始まると、一瞬でクライエントと同じ状景を見ている感覚をもちます。

そんな時はクライエントの方もそれが伝わるのか、安心して沈黙しています。
そしてそのような時間を共に過ごすと、クライエントが自分自身で必要な浄化をし、本質的なところの自分と繋がっていこうと動き始めるのです。

単なる就職支援の相談から始まっても、近頃は、その人が本当に望んでいた自分の姿や在り様を、クライエントが自主的に深掘りし始める傾向があります。
その変化に私がまた感動し、“フロー”はさらに大きな渦になるのかもしれません。




多忙さがこのフロー体験を生み出すきっかけになったとしたら、両親に感謝をしなければなりません。





今日、森の恵みが届きました。
食糧をいただくと、
「あなたは生きていく値打ちのある人だよ」
と言ってもらった気がして安心できます。





いつも
ありがとうございます。












  • LINEで送る

同じカテゴリー(人心緑化)の記事画像
思い込みや不可抗力で苦しまないで
導かれる
植芝盛平師の「舞い」
雨上がりの夜空に♬
自然が好きな訳
脱皮
同じカテゴリー(人心緑化)の記事
 思い込みや不可抗力で苦しまないで (2017-07-17 15:56)
 導かれる (2017-06-25 10:18)
 植芝盛平師の「舞い」 (2017-06-06 22:08)
 雨上がりの夜空に♬ (2017-05-31 22:23)
 自然が好きな訳 (2017-05-22 21:38)
 脱皮 (2017-05-12 22:55)
 事実の見かた (2017-05-09 23:03)
 会いに行くよ (2017-03-27 23:43)
 植松電機、植松努さん (2017-02-18 11:48)
 むのたけじさん (2017-02-03 06:17)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。