2017年03月02日

肉体、魂、そして愛のこと








沖縄に住んでいた頃も、いくつかのイベントを仕込み、ボランティアさんと一緒に実施しました。

中でも印象に残っているのは、沖縄大学において行った催しで、「科学者と法律家が魂を語る」という内容のものでした。
当時SONYの上席常務で、CDや犬型ロボットアイボの開発者である天外伺朗さんと、琉球大学大学院教授で、もと裁判官である稲葉耶季(やすえ)さんのトークショーを行ったのです。

もう10年以上前になります。

そのイベントの最後は、講堂に集まった参加者130名ほどで瞑想をしました。

そんな大人数で、しかも大学のなかで瞑想をするという試みは、沖縄大学始まって以来のことだったでしょう。



10年前も今も、お二人ともに各方面でご活躍ですが、先日送られてきた天外さん率いるホロトロピックネットワークのメルマガの中に、稲葉先生の記事がありました。

そうか・・・
あの時をきっかけに、今も繋がっておられるんだ。


このお二人のイベントをするきっかけになったのは、当時、私は琉球大学で精神衛生論を履修中で、学食で稲葉先生とバッタリ会い、話しているうちに、この瞑想会のイメージになったからでした。

最近の稲葉耶季さんのお話の内容が面白かったです。
http://holotropicnetwork.wixsite.com/network/tya-tya

【稲葉耶季さんプロフィール】
67年東京大学経済学部卒業、69年同大経営学科卒業。
都庁に勤務後、司法研修所を経て静岡地方裁判所判事補。
93年那覇地方裁判所判事、97年インド北部に「ヒマラヤ稲葉学校」設立。
99年琉球大学法文学部教授。
2006年那覇簡易裁判所判事、09年名護簡裁判事の後、12年に退官。13年臨済宗僧侶に。





沖縄では、野口法蔵師の声掛けにより、スピリチャルメディカルツアーも3回ほど開催し、内地で統合医療などに関わる医師はじめ、作家、モデル、会社経営者など多様な職種の方々が参加してくださいました。

スピリチャルメディカルツアーに、「いなふくクリニック」は外せない存在でした。
http://okinawaaoihoshi.ti-da.net/e1278109.html


なつかしい。。。。。icon12


この人生のうちに、
またあの島に立つことができるかなぁ。







                                  icon06  icon12     icon12  
  icon12


                  icon06    icon06     icon12   
                           icon12



過去の2月26日の日記
http://self.ikora.tv/y0226


過去の2月29日の日記
http://self.ikora.tv/y0229


過去の3月1日の日記
EM
熊野
http://self.ikora.tv/y0301











  • LINEで送る

同じカテゴリー(ちょいとスピリチャル)の記事画像
あってもいい、なくてもいい、“死後の世界”
自分にしかわからないヨロコビ
まいりました。
何もない空間に祈る
わたしがわたしでありますように
輪廻、旅の途中
同じカテゴリー(ちょいとスピリチャル)の記事
 あってもいい、なくてもいい、“死後の世界” (2017-04-11 22:40)
 自分にしかわからないヨロコビ (2017-01-15 12:16)
 まいりました。 (2016-12-07 15:48)
 何もない空間に祈る (2016-06-29 21:28)
 どうでもよくなる練習 (2016-05-19 22:30)
 わたしがわたしでありますように (2016-01-16 16:37)
 輪廻、旅の途中 (2015-11-23 22:03)
 完璧な存在 (2015-09-27 22:02)
 朝もやのなか歩く健康法 (2015-09-22 09:42)
 食べられる山野の草木 (2015-07-19 21:45)

この記事へのコメント
もっと魂の話に切り込んでください。
Posted by テゲテゲ at 2017年03月03日 22:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。