2017年07月16日

土を再生する方法







畑の方は毎年たいした問題も起きず、堆肥は生ごみ堆肥や
コンフリーの堆肥と、時々ケイフンなどを入れて育てています。

問題はプランターの方。
使用した後の土に良くない菌が繁殖しているのか、土がくたびれてるのかわかりませんが、この頃野菜やお花が育ちません。
植えても枯れる、というのは生涯で初めての経験です。

みなべの中本農園さんに教えを乞い、土が喜ぶ微生物を足してあげることにしました。

①竹やぶの下に積もったササに、白いカビのようなもの(放線菌)が生えたところを袋に一杯もらってくる。

※竹やぶがなくても、畑の中に草などを積んでおけば白い菌ができる。
 こんな感じの菌icon15



②それをヌカと水少量(ぬか床より水分少なめ)と一緒に混ぜ、袋に入れて密封する。



③1週間から10日ほどで全体に放線菌がつきます。



④これを土と混ぜて植え付ける
※すぐ植えるのではなく、2週間くらい放置してからの方が安心だと思う。

私はこの袋に、力のない土を同量ほど入れてもう一度発酵させてみようと思います。
昔、水田で試した韓国式自然農法http://www.choseien.net/fruit/000/です。




今の時期、休みの日は草取りに明け暮れますが、都会の中の畑は鳥獣被害も少なく、ダニも毒蛇もなく、なんと快適な農作業であることか。
ダニの多い土地では、1年中雨合羽を着て農作業をすると聞いたことがありますから、有り難いことです。

こんな楽チンな家庭菜園、夏の思い出作りにトライしてみませんか?


辛くなく肉厚で収量多い、子どもピーマン



プリンスメロンは吊るすと面長になる。('◇')ゞ



中玉トマトは摘果で大きさ調整できるので、家庭菜園にはたいへん重宝します。








過去の7月17日の日記
http://self.ikora.tv/y0717















  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 21:17Comments(4)百姓日記