2017年07月15日

たとえひとりになっても









「強行採決」なんていう言葉って、あなたは昔から知っていました?

今の政権になってから、マスコミからよく聞こえてくる言葉ですが。


2013年から、質疑さえ行われずに施行された法律は10件を超えるようですが、このような採決方法は自民党以外が政権をとっていた時代にもあったことのようです。
ただ、ことの中身が問題。
その内容や重要度が、これまでのそれとはまったく異なるから大きな問題になっているのだと思います。



ほんの2年前の2015年の安保法案、
そしてこの7月11日に施工された共謀罪などは、
すでにもうそれ自体が憲法違反ではないかと言わるような、極めて不安材料の多いもので、決議までに国民が納得のいく説明や国会での十分な審議が必須となる内容のものだったと思います。

ましてテロ対策とするなら、すでに準備段階から処罰できる法律はある(憲法学者・木村草太氏談) というのに、またなんで?ということにも答えがないまま独断的かつ性急に採決してしまうから、国民はますます不安と不信感をもつのです。

ごく当たり前な感情でしょ。




当たり前が通じないヘンな世の中にならないようにするために、
たとえわたしひとりになっても、ヘンだと思うことには、
「それはヘンです。こことここが気持ち悪いです!わかりません!」って、死ぬ間際まで言い続けると思います。







今年一番咲きのひまわり
畑の中でそびえ立ってるik_70




アップで見ると・・・


このどや顔!ik_40


見るほどにおかしくて、畑の中でひとり、
ニタニタ笑い、
またひまわりの顔見てニタニタ笑い・・・・・face03





熱中症かな。










  
  • LINEで送る


Posted by やまさき あおい at 22:31Comments(4)ヨノナカヲ思フ